TOP>ニュース > もすけ14歳。おす猫。余命わずか。

  • ニュース

もすけ14歳。おす猫。余命わずか。

猫飼い主は読むべき。「まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り」

大切な愛猫と最期を、どう過ごすか。それは猫と暮らし始めた時から、ずっと考えさせられる問い。できれば永遠にきてほしくない、最期に限りなく近い時を私たち飼い主はどう受け止めたらいいのか、そして、何をしてあげられるのか…。

そんな悩みに解決のヒントをくれるのが『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』(猫びより編集部:著/古山範子:監修/西村知美:監修・編集/絵:ななおん/絵:小野崎理香/日東書院本社)。本作は、1匹のオス猫が亡くなるまでを漫画で描いた作品です。

 飼い主である自分にしかできない「最期のケア」がある

ペットのターミナルケアが知れる書籍というと、医療ガイドやハウツー形式になっていることが多いもの。しかし、本作には余命わずかと診断された猫のもすけと飼い主が経験する、ターミナル期から看取りまでが漫画で描かれているのが特徴。獣医師のような専門家にできることではなく、飼い主である自分にしかできないケア法や過ごし方が学べます。

シニア期になると、成猫期とは違い、体の機能が衰え、心地よく過ごせる環境が変わってくるもの。動くことが億劫になったり、飲水量が減ったり、食欲が低下したりと様々な悩みがでてきます。そんな悩みに具体的な解決策を分かりやすく教えてくれるのが本作の良さ。目に見える問題だけでなく、飼い主さんの心に寄り添い、納得できる最期の迎え方を導き出すサポートもしてくれます。

例えば、完治する見込みがない場合、どのタイミングで治療を中断するかは飼い主にゆだねられるため、私たちはひとりで負担を背負い、自分が導き出した選択を「これで愛猫は満足してくれるのだろうか…」と何度も考えてしまうものです。

そんな苦しい心に寄り添い、自分にどんな緩和ケアができるのかを探し出せるのも本書の醍醐味。大切な存在が死に向かい始めてしまうと、その事実を受け入れたくないと思ってしまいますが、どんなに手を尽くしてもどうにもならない病気がこの世にはあり、命の終わりはどんな生き物にも必ずやってきます。だからこそ、生と死の狭間で頑張っている愛猫に対し、自分にしかできないことがたくさんあるのだと知り、「死」という現実から目を背けないことが大切。そうすれば、息絶える瞬間まで愛猫に「幸せだった」と思わせてあげることができるのではないでしょうか。

なお、作中にはこれまでに多くの猫と接してきた獣医師や保護猫ボランティアさんによるコラムも収録されています。型にはまったケア法ではなく、飼い主さんが本当に知りたかったターミナルケアや看取り、見送りまでが詳しく綴られているので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

愛猫が健康な時期は、いつか来る別れから目を背けたくなるもの。しかし、別れが来るという事実を受け止めながら、毎日を過ごすことができたら、より納得しやすい最期が迎えられるかもしれません。

獣医師にしかできないことがあるように、飼い主にしかできない緩和ケアは自身が思っているよりもたくさんあるもの。ペットの長寿化・高齢化が進んでいる今こそ本書を手に取り、大切な愛猫を愛し抜ける方法を知ってみてください。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

母の忘れ形見。ヘルパー先で出会ったサビ猫のかなちゃん (11.25)

  • ニュース

誰かの苦しみにも寄り添えるように。鳥取県・岩美町にペットと泊まれるゲストハウスをオープンさ... (11.25)

  • ニュース

「コンビニ前のヤンキー座り」をする美しいサビ柄のアメショー (11.24)

  • ニュース

なんで猫って、トイレの後に猛ダッシュするの? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る