TOP>ニュース > 見た目で流通から外された「トライアウト猫」、モフモフの幸せ猫になる。

  • ニュース

見た目で流通から外された「トライアウト猫」、モフモフの幸せ猫になる。

見た目で流通から外された「トライアウト猫」、モフモフの幸せ猫になる。

保護猫や保護犬という言葉は、一昔前よりずいぶんと広まった気がします。

一方で、野良でも捨てられたのでもなく、保健所にすら持ち込まれずに命を終えるペットがいることをご存じですか?

流通から外され、人の都合で販売されない小さな命。今回は、そんな環境から幸せを掴んだあるネコチャンをご紹介します。

トライアウト猫と保護施設

元・トライアウト猫のマシューくん10

こちらはペルシャ猫の「マシュー」くん。彼の飼い主さんのインスタグラムには、『保護施設から来たペルシャの男の子』と書いてあります。

ペルシャなのに、保護猫??と、少し不思議に思いませんか?

実はマシューくんは、「毛が少ない」という理由だけで流通からはじかれてしまった仔猫でした。

元・トライアウト猫のマシューくん11

「耳にかさぶたがある」「平均より体が小さい」などのささいな理由で、家族と出会う機会すら与えてもらえないペットは今も信じられないぐらいたくさんいます。現実として、2018年度には国内で約89.6万頭の犬猫の販売があり、その3%・約2.6万頭もの犬猫が家族と暮らすこともなく繁殖から小売りの過程で命を落としているということ。彼らは人の都合で生まれ消えていく命です。

そんな子たちを「トライアウト猫」「トライアウト犬」と呼び、家族となる里親さんとのご縁をつなぐために活動されている団体さんがいます。

「そこは、保護猫と言っても殺処分寸前の子や捨てられた子が来る場所ではなくて。ペットオークションで競りにかけられる際に風邪をひいた子や、ブリーダーのところで売れないと言われた子達で、流通に乗れないトライアウト猫を引き取っている施設でした。」

と、教えてくれたのはマシューくんの飼い主さん。彼と出会ったのは、トライアウト猫たちの保護や譲渡を行っている施設・プランシー(@plan_cat22)でした。

元・トライアウト猫のマシューくん2

飼い主さんは、幼いころにペットが殺処分されているということを知って以来ずっと保護活動に興味を持っていて、いつか自分もお迎えしたいと思っていたといいます。

プランシーさんのインスタグラムでマシューくんの姿を見て一目惚れし、同じ施設からトライアウト猫を迎えた方からの後押しもあり、家族に迎えることを決めたということでした。

モフモフマシューくん

ちなみに、「トライアウト猫」とは、プロ野球界でドラフト漏れした選手が自ら手を挙げて入団のチャンスを掴む「トライアウト」にちなんでいるそう。

さて、生後4か月で幸せを掴んだトライアウト猫、マシューくんの現在はというと…

元・トライアウト猫のマシューくん9

この通り、すっかりモッフモフです!

ゴージャスな外見はとても毛が少ないという理由で選抜を外れた猫とは思えませんね。

元・トライアウト猫のマシューくん1

元・トライアウト猫のマシューくん5

しかも男の子なのに、このキュートさ…

ふわふわボディにビリジアン色のくりくりの瞳と、誰がどう見ても立派な美猫くんに成長したのでした。

元・トライアウト猫のマシューくん4

好きなものは「リボン遊び」と趣味までカワイイ!こちらのピンクのリボンはお気に入りのおもちゃなのだそう。

元・トライアウト猫のマシューくん3

元・トライアウト猫のマシューくん6

先住のうさぎさんとも仲良くやっているのでした。

トライアウト猫を知ってほしい

元・トライアウト猫のマシューくん12

そんなマシューくんですが、実は現在も猫カビ治療を行っています。

ちなみにこちらは、治療のシャンプー中の姿。目がくりくりすぎて宇宙人感が出てしまうのだとか(笑)

元・トライアウト猫のマシューくん8

「(トライアウト猫は)とても可愛い子達ばかりですが、体が弱かったり、マシューのように通院がしばらく続く子もいます。魅力的な施設ですが、可愛い小さい子と言うだけで引き取るのは後で後悔することにもなりかねません!」と、飼い主さん。

もちろんブリーダーさんやペットショップでお迎えした場合にもその可能性がないわけではないことを書き添えつつ、トライアウト猫を飼うことへの覚悟について発信されています。そのうえで、ペット業界の現状やトライアウト猫について少しでも多くの人に認知が広がれば嬉しいとお話してくれました。

近年「猫を飼うなら保護猫ちゃん」という選択をする人が増えたのは、ひとえに保護団体や個人で保護活動をされている方たちが発信してくれているおかげだと感じています。

お恥ずかしながらかく言う筆者も、「トライアウト猫」という名前があることはマシューくんの飼い主さんのおかげで知りました。保護猫と同じように、トライアウト猫の存在を知れば興味を持ってくれる人は多いのではないかと、マシューくんを見ていると思わされるのです。

元・トライアウト猫のマシューくん7

幸せを掴んでモフモフの美猫になったトライアウト猫、マシューくんをご紹介しました。

matthew__pergrramさんのインスタグラム
https://www.instagram.com/matthew__pergrram/

ふれあい猫保護施設Plan_C(プランシー)
https://www.instagram.com/plan_cat22/

取材・文/黒岩ヨシコ

参照サイト:
犬猫、流通中に年2.6万匹死ぬ ペットショップ・業者:朝日新聞デジタル

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

我が家の招き猫です【ランドセル猫】 (9.24)

  • ニュース

今のあなたに必要な人は誰?【心理テスト】 (9.23)

  • ニュース

レゴブロックに居場所を侵食された黒猫 (9.23)

  • ニュース

災害集合住宅の大半は「ペット不可」 (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る