TOP>ニュース > 猫好きならわかるよね。この猫種はなんでしょう?

  • ニュース

猫好きならわかるよね。この猫種はなんでしょう?

問題です。この猫種はなんでしょう?【猫クイズ】

世界には様々な猫種が存在し、それぞれが独特の魅力を持っているもの。そこで今回は猫種当てクイズを通して、特性や性格などを解説。ぜひ、チャレンジしてみてください。

Q.この写真の猫種名は?

グレーの猫が座っている様子

①コラット

②ロシアンブルー

③ドンスコイ

正解は

正解は①の「コラット」です。

グレーの被毛を持つ猫種といえば、真っ先に思い浮かぶのがロシアンブルー。しかし、日本ではあまり知名度が高くないコラットも、魅力がたくさんある猫種です。

コラットは頭部や鼻がハート型をしているため、幸運のシンボルともされています。もともとタイではよく見られていた猫種で、姿かたちは昔からほとんど変わっていません。ロシアンブルーと同じく、主な目色がグリーンであるため似ていると思われやすいものですが、両者にはたくさんの違いがあります。

まず、コラットのシルバーブルーの被毛には毛先が細くて、黒色素が入っていないという特徴があります。根元が淡く、毛先に向かうにつれてブルーが濃くなっていきますが、先端はシルバー。だから、被毛はキラキラと輝いて見えます。

ロシアンブルーがアンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)を併せ持つ「ダブルコート」であるのに対し、コラットは「シングルコート」だというのも大きな違いです。

また、体型はロシアンブルーがフォーリンタイプであるのに対し、コラットはセミコビータイプ。ロシアンブルーよりもやや丸く、小さい印象を受けますが、意外と筋肉質なので抱き上げた時のずっしり感に驚かされます。

コラットは日本ではあまり見かけることがない猫種ですが、人間との交流も好む愛くるしい性格。穏やかな性格の子が多いため、違う猫種や異種動物とも仲良くできると言われています。

こんな風に、猫種としての特性や性格、似ている猫種との違いを知ることはその子を理解して快適な共生生活を送っていくためには大切なこと。ぜひこれを機に、これまで知らなかった猫種にも目を向け、猫の奥深さを知ってみてください。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫も旅行に連れて行ける?体験談と一緒にお出かけを楽しむコツ (9.19)

  • ニュース

半端ない切れ味!「鎌をふる猫」【まんが】 (9.19)

  • ニュース

猫まみれ!「藝大の猫展2020」がアートプラザにて開催中 (9.19)

  • ニュース

大切な何かを守るために闘う犬猫10選 (9.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る