TOP>ニュース > 絶対見逃さないで!猫の熱中症9つのサイン

  • ニュース

絶対見逃さないで!猫の熱中症9つのサイン

絶対見逃さないで!猫の熱中症9つのサイン

夏本番。連日熱中症警戒アラートが発表され、外だけでなく家の中でも熱中症になる人が多くなってきています。この暑さは人間だけでなく、汗腺が肉球周りにだけある猫にとっても危険です。「家猫だから安心」と思わず、予防はもちろん、猫の些細な変化を見逃さないようにしましょう。

 

猫の熱中症の症状

下記、主な猫の熱中症の症状になります。

-口を開けてハアハアする

‐舌が真っ赤になる

‐歯茎が真っ赤もしくは紫になる

‐ねばねばの唾液がでる

‐ぐったりする

‐フラフラする

‐吐く

‐下痢をする

‐昏睡状態になる

猫の通常の体温は38度ほどですが、39度以上になると注意が必要。40度を超えると熱中症の恐れがあるため、すぐに病院に連れて行きましょう。

 

猫の熱中症を予防する方法は?

猫はもともと砂漠の生き物で暑さには強いと言われています。しかし、近年の暑さは異常で、猫でも脱水症状や熱中症になることがあります。下記、日ごろからできる予防方法の一例です。

新鮮な水をいろんな場所に置く

これは夏場だけでなく、年間を通して必要なことですが、特に夏場は涼しい場所に数カ所水を用意しましょう。また、氷が好きな猫も多いので、ボウルに氷を入れてあげるのもよい方法です。

涼しい場所に寝床をつくりましょう

猫のお気に入りの寝床を涼しい場所に移動。その場所にアイスパットやペットボトルを凍らしたものをタオルで巻いて置き、猫がいつでも“涼”を取れる場所を作ってあげましょう。

換気をよくする

換気が悪いと熱がこもります。こまめに空気を回し、換気をよくしましょう。

グルーミングをする

アンダーコートがあると熱が発散できません。日頃からこまめにブラッシングをして毛の風通しをよくしましょう。

 

子猫、シニア猫は特に注意が必要

子猫は特に注意が必要です。もし親猫が直射日光が当たる場所にいて、子猫も同じ場所に長時間いるようでしたら親猫ごと移動させましょう。また、極端に温度が変化するのも危険ですので、温度の差も気を付ける必要があります。

シニア猫も子猫同様、気を付けなければなりません。シニア猫は生活の大半を眠りに時間を割いており、日向ぼっこが大好きです。夏の暑い季節はカーテンなどで直射日光が当たらないようにしたり、あまり動かなくていい場所に水源をたくさん置き、脱水症状がおこらない環境作りをしましょう。

成猫でも一度熱中症になったことがある猫や、鼻が低いヒマラヤやペルシャは熱中症を起こしやすいので注意しましょう。

もし熱中症の症状がみられたら?

熱中症は命にかかわる病気です。即座に病院に連れて行きましょう。応急処置として、涼しい場所に猫を移動させ、濡れたタオルやアイスで体を冷やし、扇風機などで風を通してください。

まだまだ暑い日が続きます。湿度、温度共に高く、前日との温度差がある日は特に注意が必要です。1日中家を空ける場合は、水の確保、換気を気を付けて猫に快適な夏のスペースを確保しましょう。

参考

How to tell when your cat is overheated& 3 important summer tips for cats [Catster]

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫ロード」をクリアできるか?自宅の廊下がミッション・インポッシブル! (9.21)

  • ニュース

ガラス越しに覗くシルエットの正体【仔猫を拾ったので】 (9.20)

  • ニュース

猫も旅行に連れて行ける?体験談と一緒にお出かけを楽しむコツ (9.19)

  • ニュース

半端ない切れ味!「鎌をふる猫」【まんが】 (9.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る