TOP>ニュース > 猫がジーパンで「爪とぎ」をする時の気持ち

  • ニュース

猫がジーパンで「爪とぎ」をする時の気持ち

猫と暮らしている中で、一般的な飼育本には載っていない悩みにぶつかると、どう対処すればいいのか困ってしまうもの…。

そこで今回は猫好きさんから実際に寄せられたお悩みをご紹介し、解決策を模索してみました。同じ悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジーパンでの爪とぎをやめさせるには爪切りしかない…?

【今回のお悩み】

彼氏の実家で飼っている人懐っこくて誰にでもスリスリする雄猫(推定7歳)が、履いているジーパンなどで爪とぎします。

かわいくて撫でに行きたいのですが、爪とぎされると思うと、恐怖心がなかなか取れません…。暴れそうですが、爪を切ってもらうしかないでしょうか。

【解決策】「構ってほしい」欲求を満たしながら爪とぎの見直しを

爪とぎに関する悩みは爪切りをすることで解決することも多いものですが、それだと人間の悩みが解消されるのみで、猫の気持ちはおざなりになってしまいがち。人間と猫の両方が快適に共生していくには、猫の心に配慮した解決法も交えていきましょう。

猫がジーパンで爪とぎをするのは「爪を研ぎたい」という気持ちよりも、どちらかと言えばマーキングの意味合いが強く、「甘えたい」「構ってほしい」という気持ちを伝えようとしていることが多いもの。ですから、そうした欲求を満たすことで、爪とぎを防いでいきましょう。

その時に活躍してくれるのが、猫用おもちゃ。おもちゃを見せてジーパンから気をそらし、遊びを通してスキンシップを図ってみてください。できるなら、ジーパンを履いていく時は気をそらしやすいように、あらかじめ猫用おもちゃを持参していくのがおすすめです。

また、そうした欲求を満たしつつ、お部屋にある爪とぎを見直すことも大切。ジーパンよりも研ぎ心地がいいと思ってもらえるような爪とぎを用意するのもひとつの手です。そのためには、いま置いている爪とぎの種類や大きさ、素材などを見直してみましょう。見直す時は猫の爪とぎの仕方に着目し、理想に近いものをセレクトします。

例えば、立っている時にジーパンで爪とぎをしてくることが多ければ、その子は立ち研ぎを好むので、ポール型のように立って研げる爪とぎを導入すると満足度が高くなります。逆に、座っている時に研いでくることが多ければ、ベッドとしても使用できる直置きタイプの爪とぎが好まれやすいでしょう。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

海で釣りをしてたら…「釣られる猫」【まんが】 (9.28)

  • ニュース

あなたの人生を助けてくれる「魔法の杖」は?【心理テスト】 (9.28)

  • ニュース

子猫にとっての“いい乳首”と“普通の乳首” (9.27)

猫の兄弟3
  • ニュース

猫の魅力が詰まった一点物の絵画!猫アートの祭典「藝大の猫展2020」に行って来た。【絵画作... (9.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る