TOP>ニュース > 『ねことプラモデル』を君は知っているか?

  • ニュース

『ねことプラモデル』を君は知っているか?

ねことプラモデル

愛猫の写真を紹介している猫アカウントはたくさんありますが、

皆さんはこんな魅力的な写真がいっぱいの猫アカをご存知でしょうか?


猫さん修理中?


起こさないようにお通り下さい


え!?撃たれた?

さまざまなプラモデルと愛猫との妄想膨らむ写真を投稿しているのは、

きむらさん(@sjkimura)。プラモデルを製作するモデラーのきむらさんは「ねことプラモデル」(@catandplamo)というアカウントでキュートな写真を紹介しています。


妄想をかきたてる!

果たして、きむらさんとはどんな人なのか?そして愛猫はどんな猫ちゃんなのか?本人を直撃しました!

–ねことプラモデルの写真を撮り始めたきっかけは?

「SNSに上げ始めたのは今年3月ですが、一緒に写真を取り始めたのは8年前です。完成したプラモデルを撮影しようとして背景用のマットを敷いたら、そこにやってきて居心地良さそうにリラックスしてたのでそのまま一緒に撮影したのがきっかけです」

すべてのきっかけとなった最初の写真がコチラ!

以来、プラモデルとの比較も兼ねたりしつつ一緒に撮影するようになったとか。現在は飛行機などのスケールモデルを中心に幅広いジャンルのプラモデルを作っているきむらさん。ではここで、きむらさんお気に入りの「ねことプラモデル」写真を紹介しましょう!

まずはこれまで最も反響のあった一枚!


猫ちゃんの表情good

そして、愛猫が家族になる前のことを想像して作った小さいジオラマと一緒に!

伸びて横になっている猫ちゃんと♪

プラモデルとの共演で一躍人気者になったきむらさんの愛猫ですが、ここで猫ちゃんについても詳しくお聞きすることに。

–愛猫のプロフィールは?

「2011年生まれの9歳、オス、通称「ニャンコ先生」です。おとなしくて寂しがり屋で夫婦で話をしていたり休んでいたりすると参加してきます」

「こだわりが強く普段と違うことに敏感で、私は毎日自宅でパソコン机の前で仕事をしているのですが、仕事の時間以外でそこに座っていると話しかけてきたり邪魔したりします」

実はニャンコ先生、生まれて3ヶ月ほどは母子2匹で飼い主もなく近所で暮らしていたとか。しかし、母猫が交通事故で亡くなってしまったのをきっかけに家族に迎え入れたといいます。

愛猫ニャンコ先生の魅力について「こちらの話がわかっているようなわかっていないようなところが面白い。家で仕事をしても邪魔することもなくそばでのんびりしてくれるのが魅力」と語ってくれたきむらさん。

愛猫がプラモデルを倒したり壊したりしたことはほとんどなく、器用に避けて歩いてくれるとか。(※ちなみにプラモデル用の接着剤や塗料の中には猫の健康に良くないものもありますが、きむらさんが猫と一緒に撮影する時はきちんと乾燥させてから行っているそうです。あしからず)

では最後にプラモデル製作歴10年を誇るきむらさんの作品と愛猫ニャンコ先生との究極のコラボ写真を、ご自由に妄想しながらご覧ください。特に最後の一枚、なんともシュールです笑

 

「ねことプラモデル」ツイッター

@catandplamo

きむらさんツイッター

@sjkimura

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

災害集合住宅の大半は「ペット不可」 (9.22)

  • ニュース

「猫が病気で死にそうなんだ」猫に負けた恋人のわたし (9.22)

  • ニュース

隠れてこっそり朝食を見守る2人 (9.22)

  • ニュース

目の上の奇跡的な「眉毛模様」を持つ猫を見つけた‼︎ (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る