TOP>ニュース > ボロボロだった仔猫が幸せをつかむまで。

  • ニュース

ボロボロだった仔猫が幸せをつかむまで。

ぐしょぐしょだった目が、こんなにも美しくなるなんて…。そんな感動を呼び起こすビフォーアフターを披露してくれたのは、現在1歳のロアくん。

今回は飼い主のめろあさん(@_MerLor)にお迎えの経緯や、ロアくんへの想いを取材しました!

 生後1ヶ月未満の子猫に一目ぼれして

ロアくんを迎えようと思ったのは留守中、先住猫のメアくん(推定3歳)に寂しい思いをしてほしくないと思ったから。インターネット上の里親サイトに掲載されていたロアくんに一目ぼれし、すぐに引き取りを希望しました。

保護主さんによると、ロアくんは突然、家の納屋に現れ、ひとり鳴いていたのだそう。片目は膿んで潰れ、地肌があらわになるほどはげてしまっていたため、保護主さんはすぐに病院へ連れていきました。

「保護主さんは本当なら一緒に暮らしたかったそうですが、先住のワンちゃんと相性が悪かったみたいで…。」まだ完全に離乳していないけれど、早めに引き取ってもらえたらありがたい…。そうお願いされ、めろあさんは生後1ヶ月未満のロアくんと家族に。「引き取りが決まった時、すでに目は完治していました。保護主さんが目薬などの投薬を頑張ってくださったおかげです。」

「我が家に来て幸せかなって聞いてみたい」

おうちに迎えてからめろあさんは毎日、写真で記録しながら、ロアくんを見たり触ったりし、健康状態をチェックしていたそう。ふわふわの被毛が完全に生えそろうまでには、3ヶ月ほどかかりました。

「迎えた当初はあまりにも小さくて、ケージから出した時に隠れると、どこにいるのか分からなくなってしまうので鈴がついた手作りの首輪をつけてあげました。成長が早くてすぐに首輪がキツくなるので、何度も作り直したことも大切な思い出です。」

ケージで過ごしてもらっている間は先住猫のメアくんが受け入れやすいよう、ケージに目隠しをし、姿が見えないように配慮。「ロアのにおいがついたバスタオルやおもちゃなどをメアに渡して、存在を確認してもらってからケージ越しに会わせました。直接、顔を合わせたのは威嚇をしなくなってからです。」

優しい性格のメアくんはロアくんを早く受け入れてくれ、今ではお兄ちゃんとしてロアくんのことを見守っているよう。

「のんびり屋のメアとは対照的で、ロアはやんちゃで構ってちゃん。でも、メアはおもちゃを譲り、遊ぶ姿を静かに見守ってくれています。」

そんな大人な振る舞いを間近で見ていたからか、最近ではロアくんも大人ぶり、ひとりで眠るようになったのだとか。「でも、メアが撫でられていると急いで駆け寄ってきて、『僕も撫でて』と言わんばかりに私の上に乗って、頭をねじ込んできます。やきもち焼きなんです(笑)」

ボロボロの状態だった小さな頃を知っているからこそ、めろあさんの目にはそんな行動も愛しく映り、すくすくと成長してくれている事実に喜びを感じているよう。我が家に来て、幸せかなって聞いてみたい―…。そう語るめろあさんの想いはロアくんとメアくんの両方に届いているはず。

なお、来月には新たにメインクーンの女の子「ふぁーちゃん」が家族の一員になるよう。紅一点のふぁーちゃんと2匹がどう絆を深めていくのかも、見守っていきたいものです。

 

取材協力:めろあさん(@_MerLor)

Twitter:https://twitter.com/_MerLor/media

 

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「コンビニ前のヤンキー座り」をする美しいサビ柄のアメショー (11.24)

  • ニュース

なんで猫って、トイレの後に猛ダッシュするの? (11.23)

  • ニュース

猫による『掃除機は絶対許さない会』が結成 (11.23)

  • ニュース

野良猫が生んだ仔猫だったフーちゃん (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る