TOP>ニュース > 「生きる理由」を運んできてくれたサビ猫ちくわ

  • ニュース

「生きる理由」を運んできてくれたサビ猫ちくわ

サビ猫は特徴的な柄ゆえ、里親が見つかりにくいのが現状。しかし、なぎささん(@Nagisatochikuwa)にとって、愛猫ちくわちゃん(サビ/推定4歳)は生きる希望を与えてくれた、かけがえのない存在。

「当時私は子どもを死産し、主人との仲も破錠していました。両親に疎まれ、毎日責められる日々には絶望しかなく、首にロープを掛けたことも…。気が晴れるだろうと外出しても、近所の子どもの声を聞くだけで涙が出てきて足が竦み、泣き崩れる毎日でした。」

そんな日々が変わるきっかけとなったのが、ご主人からかかってきた1本の電話。それは、約1年ぶりの着信でした。不思議に思い、電話に出てみるとご主人はなぎささんに「猫がいる。かわいいから見に来てみ」と、告げたのだそう。

ご主人を虜にしたのは、同僚が保護した1匹のサビ猫。職場に猫を連れてきた同僚は保護したものの、飼えないと悩んでいたそう。そんな様子を見たご主人が接してみると、猫はすぐに懐き、甘え始めたため心射抜かれてしまったのだとか。

そんな事情など知らないなぎささんは連絡を受けたため、ご主人の職場へ。そこにいたのは、やせ細った1匹のサビ猫でした。

「私を見るなり尻尾を立て駆け寄り、スリスリ。ヘソ天したり喉を鳴らしたりするほど人懐っこく、避妊手術も済んでいたので、もしかしたら迷子かもしれないと思いました。」

すっかりサビ猫に夢中になったご主人は「仕事が終わるまで職場から離れなかったら、うちの子として連れて帰る」と宣言。結局、サビ猫はその日、職場から離れなかったため、なぎささん宅で暮らすことになりました。

しかし、当時住んでいたアパートはペット飼育不可。そこでなぎささんは迷子猫である可能性も考慮し、飼い主が現われないかを待ちつつ、共に暮らせる物件探しを開始。「新しいお家が決まるまでは、動物病院の方々がお世話してくれました。保健所や警察に協力を求めましたが、結局、飼い主が現れなかったので正式な家族になったんです。」

愛猫との出会いで「サビ猫好き」に

突然、生活の中に溶け込んできたちくわちゃんは、夫婦のかすがいに。

「関係が破綻していた主人とも話せるようになり、少しずつ笑える日も増えていきました。旦那は動物アレルギーで、私も猫アレルギーであることが判明しましたが、そんなこと気になりませんでした。」

悲しみを完全に克服することは難しく、時には涙にくれそうな日もまだある…。けれど、ちくわちゃんの無邪気な一面を見ると、なぎささんは笑顔になれるよう。

「ちくわさんは私が入浴していると、扉を開けて侵入し、バスタブの淵に座って、おててでお湯をすくい、満足するまで飲みます。 でも、なぜか『おねしょしないでよ!』というと飲むのを止める(笑) あと、洗面器に入って湯船に浮くのが好きなので、お湯を飲み終わった後は満足するまでお腹を温めさせられる。おかげで、私はのぼせ気味です。」

自分は淡白な性格―。そんな自己認識もちくわちゃんと暮らし始めたことで、変化し、気づけばなぎささんは自他ともに認める、サビ猫好きに。「猫ちゃん…特にサビ猫ちゃんがSNSのタイムラインに出てくるとニヤニヤしちゃう。お気に入りのフォロワーさん(特にサビ猫さん)の通知は、ほぼON状態です。」

海外でサビ猫は「幸運を運ぶ猫」と言われることも多いものですが、日本ではそのかわいさがまだ広く浸透していません。だからこそ、なぎささんはサビ猫の魅力を熱く語ります。「サビ猫という存在を知ったのはちくわさんをお迎えしてからですが、なぜ雑巾猫と呼ばれ、疎まれていたのかが分からないくらいかわいいと思いました。個々に模様や色合い、肉球の斑さえ違うのに、なぜかみんな美しい。それはサビ猫ならではの魅力だと感じます。」

「幸運」だけでなく、「生きる理由」も運んできてくれたちくわちゃんはなぎささんにとって、我が子であり、心友でもある大切な存在。「ちくわさんの姿を見ると自然に笑顔になれ、生きてて良かったと思える。出会えて本当に良かった。」

行き場がなかった命と、死に向かっていた命。共に絶望を感じたことがある2人は寄り添い合い、今日も“一緒に生き続ける道”を歩んでいます。

取材協力:なぎささん(@Nagisatochikuwa)

https://twitter.com/Nagisatochikuwa

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫アレルギーの猫好きはこうやって毎日を猫と暮らしている! (5.7)

  • ニュース

「何見てんだこるぅあ~!」オラつく猫のクセがすごい(笑) (5.7)

  • ニュース

ねこねこ食パンから限定フレーバー「キジトラ」販売! (5.6)

  • ニュース

老猫が一分一秒でも長く生きていて欲しいと願う理由 (5.6)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る