TOP>ニュース > 「猫を助ける賃貸」を賑やかにする保護猫たち。

  • ニュース

「猫を助ける賃貸」を賑やかにする保護猫たち。

「猫を助ける賃貸」を賑やかにする看板娘たち

現在ペットを飼育している家庭が3割程度ある一方、ペットを飼育したいけどできない潜在的意向を持っている家庭も2割程度あるとみられ(日本ペットフード協会調べ)、既存の賃貸不動産ではこれらの層にアプローチできていない。

SANCHACOは渋谷を中心に再開発が進み単身世帯の流入が増加している三軒茶屋エリアにおいて、このような社会課題を解決しながらマーケットを形成していく物件の実証化を進めることで、CSV型の不動産経営を目指している。

同社は賃貸不動産としては珍しく、保護猫を飼うことを推奨。入居者と猫が幸せな暮らしを送ることを願うとともに、猫たちの存在が隣近所の住民を結び付けて相互扶助の役割を担っていくことを考えている。

“猫を助ける”クリエイティブ拠点「SANCHACO」世田谷区太子堂4丁目、三軒茶屋駅徒歩5分の場所に2020年6月竣工。保護猫の譲渡を受けることを推奨するメゾネット型賃貸住宅4戸および保護猫駐在のクリエイティブスペース「neco-makers」・カフェやスナック等のレンタルスペース「猫の額」の複合型施設だ。

SANCHACOで預かっている保護猫たちは、前の飼い主さんが急逝され行き場を失っていたシニア猫たち。愛情を一身に受け室内飼いされてきた、人馴れしておりフワフワの触り心地よい猫たちに是非会いにいってみては?もちろん、譲渡を希望される飼い主さんも募集中。

保護猫たちの紹介


さっそく、看板娘となっているノンちゃん(8歳♀避妊済)

人見知りせず、猫よりも人間が好きなタイプ。猫らしいツンデレで、遊んでいてもぷいっと居なくなってしまうことも。SANCHACO営業部長として、やってくる人たちを癒す。


のんびりゆったり、長老ミーちゃん(15歳♀避妊済)

おとなしく性格の良い三毛猫。もう高齢なので穏やかに過ごしている。日中はずっと寝ているため留守になりがちなお宅でも飼いやすく、終生可愛がってもらえるご縁を待っている。


臆病だけど甘えん坊、ハナちゃん(10歳♀避妊済)

ハチワレとチョビヒゲが何ともキュートな、大柄だけどおっちょこちょいなタイプ。臆病なので知らない人からは隠れがちですが、実は一番甘えん坊。

※同物件は預かりボランティアの立場であり、実際の譲渡活動については地域の保護団体と連携して実施。譲渡に当たっては、一定の審査や条件が発生する場合がある。

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

男一人はじめての猫カフェは白昼夢のようだった (8.1)

  • ニュース

今日は晴れたので、一緒に登校!【ランドセル猫】 (7.31)

  • ニュース

年齢や性別、健康状態、血縁関係、発情期…犬や猫のお尻のニオイは、情報の宝庫だった! (7.31)

  • ニュース

明け方の大騒動!飼い猫たちが突然の大運動会。何故か室内にクワガタが… (7.31)

もっと見る
人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る