TOP>ニュース > 深すぎる猫愛ゆえの悲しみとおかしみ…『猫のいる家に帰りたい』

  • ニュース

深すぎる猫愛ゆえの悲しみとおかしみ…『猫のいる家に帰りたい』

猫好きは、世界中のすべての猫を幸せにしたいと願っている

ある出版社の営業担当者から「猫の写真集は一定数必ず売れるが、犬の写真集はそうとは限らない」というお話を聞いたことがあります。その理由としてその方があげたのが、「犬好きは基本的に自分の犬が最高にかわいいと思っているが、猫好きには世界中のあらゆる猫がかわいく見えているから」。異論もあるでしょうが、確かに、「世界ネコ歩き」というテレビ番組があれだけ人気なのに、「世界イヌ歩き」は無いですもんね…。

そういう私も、猫と暮らす前はノラ猫を見ても特に何も感じなかったのですが、今ではたまに見かけると、気になって気になって夜も眠れなかったりします。保護猫活動の取材で行き場のない猫とたくさん出会うと、自分の無力さに落ち込むことも…。こういう「世界中の猫を幸せにできない悲しみ」って、多くの猫好きがひそかに心に抱いているのではないでしょうか。

その悲しみを、見事に、美しく、やさしく、温かく凝縮させた本と出会いました。それが2020年6月24日に発売された、『猫のいる家に帰りたい』という本。『猫びより』『ネコまる』に13年間にわたって連載されていた、“猫歌人”仁尾智さんの短歌とエッセイを単行本としてまとめたものです。


『猫のいる家に帰りたい』 (短歌・エッセイ 仁尾智/イラスト・小泉 さよ/辰巳出版刊)。


▲初版版限定付録として、仁尾さんが考案し猫用おやつ「CIAOちゅ~る」とコラボした、ちゅ~る専用のポチ袋「ちゅ~る袋」が付いています。猫短歌と小泉さよさんのイラスト入りで3種あり、どれが入っているかはお楽しみ。※ちゅ~る本体は付いていません。

「僕は、喜びだけをもって猫を迎え入れたことがない」

この本には、猫と暮らすことの幸福感だけでなく、飼い主のいない猫と出会ってしまった時の悲しみ、とまどい、不安も、リアルに、そしてリリカルにつづられています。

「ノラなのに人なつっこい おそらくは過去に名前で呼ばれてた猫」

「あのビルの脇の室外機の上の猫には誰も気づかない街」

仁尾さんはこの本に収録されている短歌とエッセイを綴り続けた13年間の間に、多くの猫を保護してきました。あらかじめ「あの猫と暮らしたい」と心に決めて買ったり引き取ったりしたことは一度もなく、

「どの猫も、うっかり出会ってしまい、放っておけなくてやむなく保護したのだ」

「毎回、うれしいよりも不安の割合のほうがずっと大きい」

と語っています。そして

「不安顔で迎えられる猫は、もっと不安だっただろう」

「次に猫を保護したときは、全部承知の上で、満面の笑みで「ようこそ!」って迎えることにする」

とも…。

「保護すべき猫が見上げている 猫よ、僕は困った顔してますか?」

「ミルキーはママの味すら知らないで鳴いてた猫に名付けた名前」

「里親を探すつもりの猫の名は「1」」

しかし、出会った猫すべてと暮らし続けることはできません。コンビニの脇に捨てられていた猫と、ゴミ捨て場に捨てられていた猫に同時期に出会った時、仁尾さんの家にはもう10匹もの猫がいました。最初から里親を探すつもりで拾ったので、里親が見つかると嬉しいのですが、さびしくないわけがありません。

「里親を探すつもりの猫の名は「1」 愛着がわかないように」

「こちらから決めてお別れする猫で泣く意味がなく泣くわけがない」

「もらわれていった子猫にこの家を思い出さない未来を望む」

一度出会ってしまった猫は、里親さんに託しても、ずっと仁尾さんの心の中に住んでいるのでしょう。

猫と暮らすことの喜びも、ユーモラスに綴られている

猫愛ゆえの悲しみばかり紹介してきましたが、もちろんこの本には、猫がもたらしてくれる純粋な喜びも、こまやかに、そしてユーモラスに綴られています。猫飼いなら「あるある」とうなずきながら、くすっと笑い、その風景が目に浮かんで、じんわり幸せに包まれるでしょう。

「去勢して軟禁している猫たちに癒されたりして申し訳ない」

「目もあいてなかった猫が哀愁を背中で語るまでの年月」

「猫だからモテるんだからな ひげ面で甘えん坊の中年なんて」

「満たされた顔の子猫と冷ましてたお弁当から消えた唐揚げ」

猫短歌と、イラスト、短歌に隠されたドラマ…1冊で3回楽しめる本

『猫のいる家に帰りたい』は、仁尾さんの短歌とエッセイ、人気イラストレーター・小泉さよさんのイラストが見開きでセットになっています。イラストを描かれている小泉さよさんも、愛猫・ちょうじろうとの別れを描いた『さよなら、ちょうじろう。』(ベストセラーズ)(名作!)など、愛猫との暮らしぶりを描いた著書の多い愛猫家。それだけに、シンプルな線なのに猫のしぐさや表情が見事に描かれていて、愛猫家ならずともイラストを眺めているだけで幸せな気持ちになるでしょう。

また右ページの短歌といっしょにイラストを味わうと、短歌とイラストが共鳴し合ってさらに味わいが深まりますし、その短歌にまつわる仁尾さんの心情が綴られたエッセイを読むと、その短歌のイメージががらりと変わったり、ぐっと深まったりします。時には、イラストに描かれた猫の表情さえ違って見えてくることも…。そんなスリリングな楽しみも、この本の醍醐味。手元に置いて、何度も読み返してみたくなる本です。

文/桑原恵美子

関連サイト

「もらった猫好きはキュン死?一筆箋にもなる猫の短歌集を発見」(https://petomorrow.jp/news_cat/105584

「超シンプルなのに“猫”すぎる!「藝大の猫展」ポスターに注目!」(https://petomorrow.jp/news_cat/91523

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

婚活貧乏で三十路の私が猫で結婚できたわけ (12.2)

  • ニュース

猫のサイレントニャー。実は人間が聞き取れないだけだった説 (12.2)

  • ニュース

気になる中身は?ヴィレッジヴァンガードの「猫の台所福袋」! (12.2)

  • ニュース

「猫の大運動会」に巻き込まれて病院送りにされた話 (12.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る