TOP>ニュース > 長寿猫の3匹に1匹に現れる「認知症」飼い主がしてあげられること。

  • ニュース

長寿猫の3匹に1匹に現れる「認知症」飼い主がしてあげられること。

認知症の猫に飼い主がしてあげられること【猫の気になるトコロvol.1】

 ご長寿猫の3匹に1匹は、認知症らしきものが現れる?

一般社団法人ペットフード協会の最新のデータによると、猫全体の平均寿命は15.03歳。人間でいえば76歳に相当します。寿命が伸びたことにより、人間と同じような加齢に伴うさまざまな病気が、猫にも見られるようになってきました。認知症もそのひとつ。

ちなみに人間の場合、2025年には65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患すると見られています(厚生労働省が2015年1月に発表した「認知症施策推進総合戦略」より)。

ご長寿猫に聞いたこと

猫の認知症のデータはまだありませんが、103匹の18歳以上の猫を対象に、その飼い主に100以上の設問に答えてもらった結果をまとめた「ご長寿猫に聞いたこと」(ご長寿猫研究会編・野澤延行(野澤クリニック院長)監修/日貿出版社刊)という本によると、「認知症があった」と答えたのは全体の35.4%。だいたい3匹に1匹くらいの割合といえそうです。

ただ、トイレなどの失敗が認知症によるものなのか、足腰が衰えてトイレまでたどりつけなくなったものなのか、そのあたりははっきりわからないため「最後まで認知症があったのかどうかわからなかった」という答えもあったそう。

“老い”は人間と同じように、目や歯、足腰からあらわれる

 抱っこされてる猫

猫は年をとっても外見にあまり変化がなく、見た目で年齢がわかりにくいため、獣医さんは大人の猫が保護された時、年齢を推定するのに、被毛や歯、目の水晶体などを参考にするそうです。個体差はありますが、10歳~12歳を過ぎると、目の水晶体が濁ってきて白内障になったり、高音域の音が聞こえにくくなったり、足腰が弱り、高いところに登れなくなったりする猫が増えるとか…。

こう聞くと、老化現象は人間も猫も同じ、という感じがしますが、では猫の認知症は、どのような現れ方をするのでしょうか。以下は、「ご長寿猫に聞いたこと」には、「亡くなる2カ月ほど前、眼つきが変わり、私のことがちょっとわかっていないかもと思うシーンが増えました」などの報告が寄せられています。

ではこうした認知症があらわれた時、飼い主はどのように対応したのでしょうか。

認知症の猫に、飼い主がしてあげられること

「トイレの場所がわからなくなる時があるので、あちらこちらにペットシーツを敷いています。夜は紙おむつです」

「餌を与えても何度も催促する。大きな声で泣き喚くなど。抱っこしてやると落ち着いたようです」

人の腕を抱えて寝てる猫

「認知症だと思った時は、眼と耳が遠いのも含め、手をパンパンと叩いて我に返させるようなことが必要でした。とにかく声をかけていました」

「まだらぼけ。プライドを傷つけぬように怒らない」

「認知はありますが、特に何もしていません」

中でも私の心に残ったのは、以下の回答でした。

猫とトイレ

「トイレを見ただけでその場でしてしまい、粗相が増えました。ただ本人はトイレでしている気満々でそれも可愛いと思い、処理をしていました。その状態を何とかしようとせず、それでも可愛いのには変わりないので、受け止めていました」

この気持ち、とてもよくわかりました!わが家には以前、13歳まで長生きしたウサギ・光太郎がいて、晩年は歩けなくなり、トイレ対策なども大変だったのですが、でも可愛さは最後までまったく変わりありませんでした。むしろ、赤ちゃんに戻ったようで、「いっしょに暮した13年間で、今が一番可愛い」とすら思ったほどだったんです…。

動物は、自分の老いに気づかず、苦にしない?

晩年は完全に目が見えなくなってしまっていましたが、ずっと診ていただいていた獣医さんが、こんなことをおっしゃっていました。

「目が見えなくなったからといって、飼い主が悲しむ必要はない。老いは少しずつ進行していくので、光太郎ちゃんはたぶん、自分の目が見えなくなったことにも気づいていないと思う。目が見えづらくなり始めた時から、記憶にある感覚を頼りに動いていて、完全に見えなくなってもその延長にいるはず」

猫の鼻と人の指

わが家の愛猫はまだ6歳くらいで、もし認知症になるとしても10年後くらいでしょうし、その頃には特効薬もできているかもしれません。でももし打つ手が無かったとしてもこの時の先生の言葉を思い出し、悲しんだり嘆いたりせず、ご長寿猫の飼い主の先輩たちがそうしているように、ありのままを受け止めて暮らしていこうと思っています。

文/桑原恵美子

参考資料/「ご長寿猫に聞いたこと」(ご長寿猫研究会編・野澤延行(野澤クリニック院長)監修/日貿出版社刊)「猫のための家庭の医学」(動物・野澤クリニック 野澤延行著/山と渓谷社)

 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

婚活貧乏で三十路の私が猫で結婚できたわけ (12.2)

  • ニュース

猫のサイレントニャー。実は人間が聞き取れないだけだった説 (12.2)

  • ニュース

気になる中身は?ヴィレッジヴァンガードの「猫の台所福袋」! (12.2)

  • ニュース

「猫の大運動会」に巻き込まれて病院送りにされた話 (12.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る