TOP>ニュース > 【獣医師に聞いてみた】猫のおやつの“おいしさ”は、原材料表示を見れば(かなり)わかる!

  • ニュース

【獣医師に聞いてみた】猫のおやつの“おいしさ”は、原材料表示を見れば(かなり)わかる!

猫のおやつの“おいしさ”は、原材料表示を見れば(かなり)わかる!

意外に好き嫌いが多いのが「おやつ」

猫のおやつ

猫ちゃんとの大切なコミュニケーション・ツールでもある「おやつ」。最近ますます種類が増えてきて、どれもパッケージを見るとすごく美味しそうに見えます。ところが、いそいそ買って、おうちであげると、ちょっと口をつけて見向きもしてくれないこともしばしば…。いったいどうしたら、おいしく食べてくれるおやつを見極めることができるのでしょう?

「仙台プラム・アニマルクリニック」院長で、犬や猫の食事療法に造詣が深く、『猫の寿命は8割が“ごはん”で決まる!』 (双葉社刊)という本の監修もされている梅原 孝三(うめはら たかみ)先生にお聞きしました。

「猫が好みやすい原材料、好みにくい原材料があります」(梅原先生)

鶏肉

ざるにあげられた魚

梅原先生「猫は肉食ですので、当然、魚や肉が大好き。ですから、原材料の主原料が肉や魚介類であるもの、チキンミール(鶏の頭部や脚部、内臓などを粉末にしたもの)、動物性油脂(特に牛脂や鶏脂)、魚粉(主にイワシやサバなどを粉末にしたもの)、フィッシュエキスなどが多いフードを好む傾向があります。

トウモロコシ

大豆

一方、嗜好性が低いものの、さまざまな理由からよく使われている原材料もあります。例えばコーングルテンミール(トウモロコシから調製した高たんぱく質の原料)、植物性油脂(大豆油など)、ふすま、米ぬかなどです」。

わが家の愛猫の好きなおやつ、それほどでもないおやつの成分は?

なるほど、成分表は配合されている割合が多い順番から先に表示されているので、“猫が好む原材料”が先に表示されているかどうかをチェックするのも、味の手掛かりを得るひとつの方法なんですね。わが家の愛猫が気に入っているドライタイプのおやつと、そうでないおやつでまずは成分表を比較してみました。

ドライのおやつ成分
▲愛猫が大好きなドライタイプのおやつ。白身魚、チキンミールが最も多く含まれていました。

 

梅原先生によると、猫のフードの好き嫌いを大きく左右するのは肉や魚などのアミノ酸に含まれる「旨味」。またクエン酸やリン酸などの多少の酸っぱい味も好み、旨味と酸味のバランスのとれたものは一般的に食いつきがいいとか、また犬は甘い食物を好むのに対し、猫は甘味をほとんど感じないそうです。

ドライのおやつ成分2
▲愛猫があまり好みでないドライタイプのおやつ。最も多いのは穀物でした…!このおやつ、かなり強いお肉の香りがするので、お肉がたくさん入っているんだと思っていました。香りだけではわからないんですね。そして、ドライタイプのおやつには、いろんな原料が数多く配合されていることに、改めて驚きました。

 

ウェットタイプのおやつは、原材料がシンプルだった!

それでは、種類にかかわらずうちの愛猫が大好きなウェットタイプのおやつの成分表はどんなでしょう?

ゼリーのおやつ成分
▲どんな猫ちゃんも大好物なことで有名な、例の液状のおやつのまぐろほたて味。もちろんわが家の愛猫も大好きですが、商品名のとおり、まぐろ、ほたてエキス、ほたて貝柱が最も多く含まれていました。

 

チュールを食べる猫
▲個包装で液状なので、大好きな“旨味”の多い原料がフレッシュなまま食べられることも、猫に好まれる理由かもしれませんね。

 

ゼリーのおやつ成分2
▲こちらも愛猫が大好きな、ゼリータイプのおやつ。今まで見た中で、原料の種類が最もシンプルでわかりやすい!そしてドライタイプのフードと比較すると、ふだん食べている身近な食品名がほとんどなのも、安心感があります。

 

“猫が好まない原料”にも、入れる必要性がある場合も…

でもなぜ、“猫が好まない原材料”も含まれているのでしょう?

梅原先生「それには、いくつかの理由があります。ひとつには、栄養のバランス。猫はもともと、ネズミなどの小動物や鳥、虫などを捕っては、体の全体を食べていました。ですからさまざまな栄養素を一度に摂ることができたのですが、ペットフードに使用されているのは、肉や魚の身の部分だけがほとんど。そのため、たんぱく質や脂質は豊富ですが、それだけを過剰に摂取すると体に悪影響があるのです。例えばたんぱく質源の肉には、リンという成分が多く含まれていますが、リンの過剰摂取はカルシウムの吸収不足を起こし、また腎臓に負担となることもあります。

そのほかにも、例えば穀物などに含まれるでんぷんは、ドライフードの形状を作る“つなぎ”のような役割を果たしたり、ウェットフードに必要なとろみをつけたりするために使われます。つまり、猫が食べやすい形状に整えるためにも使われるのです。またたんぱく質の原材料は一般的に価格が高いため、それだけを使用すると商品も高価格になるため、価格の安い穀類などをミックスする場合もあります」。

キジトラの子猫

猫は味と同じくらい「匂い」を重視している

また味と同じくらい猫が重視しているのが「匂い」。

梅原先生「猫が好き嫌いを決める匂いの成分の多くは脂肪由来で、脂肪の種類によって匂いが変わります。猫は牛脂や豚脂などの動物性脂肪を好み、植物性脂肪は嫌います。また食感や温度も大切で、適度に脂肪が含まれたフードは舌ざわりがよく好まれやすい傾向がありますね」。

ドライのおやつ成分
▲猫が好むのは牛脂や豚脂などの動物性脂肪。

 

なるほど、猫の好む味を成分表から見極めるコツが、なんとなくわかってきました…。次回は、猫の健康の基本となる「総合栄養食」の重要ポイントについて、お聞きします!

ご飯を食べる猫

文・桑原恵美子

参考資料:「猫の寿命は8割が“ごはん”で決まる!」(監修:「仙台プラム・アニマルクリニック」院長 梅原孝三/双葉社刊)。マンガで楽しくわかりやすく、猫の栄養学とフード学の重要ポイントを学べます。

書影

◎監修:「仙台プラム・アニマルクリニック」院長 梅原 孝三(うめはら たかみ)先生

西洋医学だけでなく鍼灸、漢方薬、薬膳といった東洋医学も取り入れた治療を行う。調理師免許、ペット栄養管理士の資格を持ち、犬や猫の食事療法にも造詣が深い。国際中獣医学院日本校 副校長、ペット薬膳国際協会 常任理事長、日本ペット中医学研究会 学術委員、日本獣医皮膚科学会員、比較統合医療学会(旧日本獣医伝統医学会)員 、獣医神経病学会員、日本動物リハビリテーション学会員、認定ドッグライフカウンセラー、認定アニマルアロマセラピスト

※仙台プラム・アニマルクリニック」(http://website2.infomity.net/8070000118/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

大型猫種「サイベリアン」の特徴や性格は? (1.26)

  • ニュース

なぜ?「脱走した猫」が2頭になって帰ってきた事件 (1.25)

  • ニュース

人生の中で避けて通れない”恋”。あなたの恋愛タイプを診断【心理テスト】 (1.24)

  • ニュース

なんか様子が変。猫の「しぶり腹」って何? (1.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る