TOP>ニュース > 離乳期の子猫に食べさせるキャットフードって?

  • ニュース

離乳期の子猫に食べさせるキャットフードって?

猫クイズ

どのくらい時期から、どんなキャットフードを与えてあげたらいいのだろう…。離乳期の子猫を育てる時、そんな悩みを感じたことがある飼い主さんは多いはず。そこで今回はクイズを通して、離乳期の食事で心がけたいことを解説。ぜひ、参考にしてみてください。

Q.離乳期の食事では、どんなことに気を付ければいい?

①生後1ヶ月半以降に離乳させる

②低カロリーのキャットフードを選ぶ

③高カルシウムのキャットフードを食べさせる

正解は、次のページ。

正解は③の「高カルシウムのキャットフードを食べさせる」

離乳期は、体が作られる大切な時期。実は成長期のわずか一週間の栄養不足が、猫にとって深刻なダメージを与えるといわれています。

よく、子猫には高カロリーの食事を摂らせることが大切だと言われますが、それと共にもうひとつ重視したいのが、高カルシウムなキャットフードを選ぶこと。カルシウムは骨や歯を作るもとになるため、成長期の子猫にとっては欠かせない栄養素です。

ちなみに、同じく歯や骨の主要構成要素であるリンとの最適比率は1:0.8(カルシウム:リン)。このバランスが崩れ、カルシウムの摂取量がリンよりも少なくなると、「くる病」などの骨形成異常が起こる可能性があると言われています。

子猫期に栄養素が十分ではないキャットフードを与えていると体調を崩しやすい子になるなど、様々な問題が現れる可能性が高いもの。離乳前、子猫は母乳から必要な栄養素を貰っていますが、離乳後の栄養管理は飼い主さんの手にゆだねられるため、高カロリーで高カルシウムなキャットフードを与えられるよう、配慮していきましょう。

なお、離乳させるときはドライフードをお湯や猫用ミルクでふやかし、固形食に慣れさせてみてください。生後1ヶ月半くらいまでに完全に離乳させることが望ましいですが、もし、母猫が多くの子猫を生んだ場合は親猫にかかる負担を減らすため、早めに固形食に慣れさせることも検討していきましょう。

身体づくりに大きな影響を与える離乳期は、質のいいプレミアムフードをしっかりと食べさせることが大切。普段、コスパの良さを重視している方も、この時期は価格より栄養を重視し、丈夫な体を作っていけるよう、意識してみてください。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

全く興味無しの黒猫。【仔猫を拾ったので】 (8.15)

  • ニュース

自由っていったいなんだぁーい? (8.15)

  • ニュース

ホラー!窓に浮かぶ無数の肉球がコワ可愛い!! (8.15)

  • ニュース

猫の大半は「歯肉炎」を患っている!歯周病の4大サイン (8.14)

猫の歯
もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る