TOP>ニュース > 野良猫から羊飼い猫に転職。アイルランドでもっとも有名なボデイシャス

  • ニュース

野良猫から羊飼い猫に転職。アイルランドでもっとも有名なボデイシャス

羊飼い猫の日記

牧場で暮らしている羊は、牧羊犬と交流を築いていることが多いもの。しかし、猫と羊の間にも、絆が芽生えることだってあるのかもしれない。『羊飼い猫の日記 アイルランドの四季の暮らし』(スザンナ・クランプトン:著/宮崎真紀:訳/ハーパーコリンズ・ ジャパン)は、そんな気づきをくれる一冊だった。

本作の主人公は、アイルランドで拾われた1匹の野良猫「ボデイシャス(bodacious)」。人間や犬、鶏、馬、羊といった種族の違う仲間たちと過ごす、ボデイシャス。その日常には一般的な猫では経験することがない、たくさんの驚きと幸せが溢れている。

 元野良猫のボデイシャスが「牧羊猫」に

主人公のボデイシャスは、長毛のキジトラ。実はアイルランドでは、最も有名な猫として知られている。日本では2018年にNHK BSプレミアムにて放送された「岩合光昭の世界ネコ歩き(アイルランド編)」に登場した。

そのため、本作の帯には岩合さんからの愛情あふれるコメントが添えられている。帯を目にすると、「いい子だね」と声をかけながら、ボデイシャスに接したであろう岩合さんの姿が頭に浮かんできて、思わず目じりが下がってしまう。

元野良猫のボデイシャスはお店に迷い込み、居着いていたところ、牧場を営む羊飼いの女性に拾われ、ブラックシープ農場の牧羊猫になった。本作は「春」「夏」「秋」「冬」の4部構成となっており、作中ではボテイシャスの視点で、飼い主との出会った時のエピソードや共に暮らすことになった動物、農場での仕事内容などが紹介されている。丁寧に語られる四季折々の暮らしぶりに触れると、まるで自分も緑豊かな農場で暮らしているような気持ちになり、わくわくしてしまう。

犬とは違い、猫はマイペースで気ままな性格がチャームポイントとなっている動物。だから、「牧羊猫」として活躍する猫がいると言われても、半信半疑に思う人もいるだろう。果たして、牧羊犬のような仕事が猫にできるのだろうかと考えてしまう。

だが、そう思う人にこそ、牧羊猫として生きるボデイシャスのニャン生を見てもらいたい。自然と触れ合いながら、四季折々のイベントをこなすボデイシャスの姿を見ていると、美しくも厳しい大自然の中で生きるということが、どういうことなのか考えさせられもする。

なお、本作にはボデイシャスの日常をとらえた、鮮やかなカラー写真も収録。卵係の鶏を監視したり、美しい花々に囲まれたり、飼い主や仲間の動物たちと過ごしたりする、農場でしか見られない日常に読者の目はくぎづけになるはず。著者から寄せられた、ボデイシャスへのメッセージは涙なしでは読めないので、ぜひ手元にハンカチを用意してから完読してみてほしい。

また、物語の舞台となったブラックシープ農場の様子は、Twitterアカウント「@ZwartblesIE」で見られる。ボデイシャスは一体、どんな景色を目に焼き付けているのだろう―…。そんな疑問を抱いた方は本作とTwitterの両方を照らし合わせながら、ボデイシャスの心に触れてみてほしい。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫が顔を洗うと雨。雨にまつわる動物の習性いろいろ! (8.14)

  • ニュース

ガブリエル 其の二 (8.14)

  • ニュース

完全室内飼いの猫でも、避妊手術って必要なの? (8.13)

イスに座るキジトラ長毛猫
  • ニュース

猫の怪獣は少ない?30年来の怪獣オタクが考えるその理由 (8.13)

巨大化した猫
もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る