TOP>ニュース > 「腎泌尿器疾患」の猫たちを救う共同研究がスタート

  • ニュース

「腎泌尿器疾患」の猫たちを救う共同研究がスタート

トレッタキャッツがどうぶつ腎臓病センターと「腎泌尿器疾患」に関する共同研究を開始

猫の「腎泌尿器疾患」はペット保険会社の統計でも、死亡原因の第1位であり、多くの猫が、これらの病気で命を落としている。 そこでトレッタキャッツは、どうぶつ腎臓病センターと、ねこの腎泌尿器疾患における治療評価アルゴリズム・データプラットフォーム構築について、共同研究を開始した。

どうぶつ腎臓病センターは、腎泌尿器疾患を専門とする動物病院であり、最先端の動物医療を提供している。

研究では、どうぶつ腎臓病センターのカルテデータ(病名、治療内容、検査結果)と、tolettaが測定する尿量、尿回数、体重等のデータを結合し、腎泌尿器疾患に関する大規模なデータプラットフォームを構築。さらに、腎泌尿器疾患の治療評価アルゴリズムを確立し、ねこがもっと健康で長生きできる社会作りを目指す。

どうぶつ腎臓病センター 麻生暁秀 院長からのコメント

病院で多くの腎泌尿器疾患のねこたちを診察していると、来院された時にすでにかなり進行している状態のことも多く、もっとはやく診察できれば助けることができたのに、もっと長生きさせてあげれたのにという子も少なくありません。

久しぶりに病院に来られた子の体重を測定すると、前の年に比べて体重がかなり落ちていても、飼い主さんはその事に気がついていない場合も多く、実際に検査をすると病気が見つかることも少なくありません。

そのため病院では定期的に体重を測定することや尿の回数、量をチェックすることは腎泌尿器疾患にかかわらず、ねこの病気を早期に見つけるうえで非常に大切なこととお伝えしています。

ただ、それはなかなか面倒なことです。ところが自宅のトイレをtolettaに変えるだけで、体重や尿量、排尿回数などを自動で記録してくれます。これは本当に画期的なことです。

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

25歳を迎えた3本脚のご長寿猫ちゃんは「ワガママ」が長生きの秘訣? (4.13)

  • ニュース

爪とぎは、猫にとって“精神安定剤”だった (4.12)

  • ニュース

「猫飼い主にプライベートはない」ことがわかる証拠写真 (4.11)

  • ニュース

猫が「あいつは地雷男だ」って教えてくれた。 (4.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る