TOP>ニュース > 「雑巾猫」と呼ばれてるサビ猫の魅力を教えてくれた愛猫のカプ

  • ニュース

「雑巾猫」と呼ばれてるサビ猫の魅力を教えてくれた愛猫のカプ

サビ猫の魅力を教えてくれた愛猫のカプ

一昔前、「雑巾猫」と呼ばれていたサビ猫は今もなお里親が決まりにくく、アメリカンショートヘアのように特徴的な毛柄が猫種としての売りになっている場合は命が安売りされることも。しかし、命の本当の価値は見た目で決まるものではないはず。

そう実感させてくれるのが、珠美さん(@SABITORA4)さん宅の愛猫・カプちゃん。

元野良猫のカプちゃんは下半身不随ですが、そんなことなど気にせず、自身が出産した3匹の子どもたちと共に明るく楽しい毎日を送っています。

ゴミ捨て場で出会った下半身不随のサビ猫を迎えて…

珠美さんとカプちゃんの出会いは、近所のゴミ捨て場。溝にはまって動けなくなっていた下半身不随のサビ猫を、珠美さんは病院へ連れて行きました。「実は、そんなに長生きできないだろうって勝手に思っていました。せめて、温かいところでお腹いっぱいになってもらって、逝かせてあげられたら…と。」

保護した1週間ほどは、カプちゃんの警戒心の強さに悩まされたそう。「立ち上がるだけで威嚇されるし、ごはんのお皿を取り替えようとケージに手を入れると指1本触れるだけで噛まれたので、正直とても怖かったです。」

そんな時、判明したのはカプちゃんが妊娠しているという事実。保護してから2ヶ月ほど経ったある日、カプちゃんのお尻から突然、水の袋が。驚いた珠美さんは慌てて病院へ行き、それが破水であったことを知りました。「拾った時がガリガリだったので、お腹が膨らんでいるのも、ご飯をたくさん食べて太ってきたのかなとしか思っていませんでした。」

お腹にいた子猫は、全部で5匹。しかし、1匹はお腹の中で亡くなってしまい、もう1匹も生まれた後に逝去。残った3匹の子育てに、カプちゃんは専念するようになりました。

https://twitter.com/SABITORA4/status/1227912702233698305?s=20

亡くなった2匹の分も愛情を注いだからか、親子仲はとてもよく、現在、家ではしょっちゅう猫団子が見られるよう。

子どもたちは時に、カプちゃんを優しく気遣うこともあります。

https://twitter.com/SABITORA4/status/1225986743381286912?s=20

そして、もともと好奇心旺盛だったカプちゃんは子どもが生まれてから、さらに活発になり、前足でキャットタワーをよじ登ったり、追いかけっこなども楽しんだりするようにもなったそう。「自分で首や頭がかけないので念入りにブラシをかけ、毎日2回の圧迫排尿と1回の排便介助を忘れないようにはしていますが、その他は他猫と同じように過ごしています。」

https://twitter.com/SABITORA4/status/1263151421131636736?s=20

保護した直後は圧迫排尿のみ行っていたため、うんちが押し出され、珠美さんは毎日帰宅後、部屋の掃除に悩まされたこともあったそう。カプちゃんに噛まれつつ、汚れた下半身やうんちを引きずった跡を泣きながら洗い、オムツを脱いでしまうことにも悩んだといいます。

しかし、一緒に暮らしていくうちに、夜の圧迫排尿の前に排便介助をすることで悩みが解決できることを知り、お互いにストレスのない共生生活を送れるようになっていったよう。

できないことを単純に「問題」と捉えるのではなく、できることに目を向けつつ、できないことをどうフォローしていくのかを愛猫と共に考えていく…。その気持ちはハンデの有無にかかわらず、動物と暮らすのならば持ち合わせていたいものであるからこそ、できないことがあるという事実だけに着目して「迎えない」という選択を下す人が少なくなることを願いたくなります。

「猫はクールで気まぐれだといわれますが、うちの子はみんな甘えん坊でかわいい。私がお風呂やトイレに行くと必ず着いてきて、お風呂のドアの前でゴロンとしたり、トイレに来てなでなでを要求したりする。スマホを触っていると、『それより私を撫でて』と言わんばかりに腕を触ってくることもありますね。」

そんな微笑ましい日常の基盤を作ってくれたカプちゃんを愛す珠美さんはいつしか、サビ猫グッズを見かけると自宅に即迎えてしまうほどのサビ猫マニアに。「サビ猫は柄が個性的だし、とても聡明。甘えん坊で運動神経や要領もいい、不思議な猫です。譲渡会などでは声がかかりにくいようですが、サビ猫好きな方が増えることを心から祈っています。」

サビ猫の魅力がもっと広まり、サビ猫グッズも増えてほしい。そう願い続ける珠美さんのもとでカプちゃんは、今日もありのままの自分を満喫しています。

取材協力:珠美さん(@SABITORA4)

https://twitter.com/SABITORA4

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫アレルギーの猫好きはこうやって毎日を猫と暮らしている! (5.7)

  • ニュース

「何見てんだこるぅあ~!」オラつく猫のクセがすごい(笑) (5.7)

  • ニュース

ねこねこ食パンから限定フレーバー「キジトラ」販売! (5.6)

  • ニュース

老猫が一分一秒でも長く生きていて欲しいと願う理由 (5.6)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る