TOP>ニュース > 肺がんと必死に闘った元保護猫のリンリン

  • ニュース

肺がんと必死に闘った元保護猫のリンリン

肺がんと必死に闘った元保護猫のリンリン

幼稚園から帰ってきた自分の後ろをついてきた、1匹のアメシカンショートヘア。「最初、母は保護するつもりはなかったそうですが、翌日、その猫が玄関の前に座っていて。幼稚園へ行こうとする私の後をついてきて、車にまで乗ってきたので保護しようと決めたようです。私も『あの子を飼いたい』って駄々をこねたのを覚えています。」

推定15歳で亡くなった愛猫リンリンちゃんとの出会いを、そう振り返るるのさん(@run0_a)。

肺がんと必死に闘ったリンリンちゃんは家族からの惜しみない愛情を受け、天国へ旅経ちました。

ご飯の時、足にスリスリしてきたり、胸の上でゴロゴロしたりするような甘えん坊のリンリンちゃんはおうちにやってきた当初は先住猫と喧嘩したり、家の中でマーキングしたりしていたそう。しかし、家に慣れてくると、そうした行動は収まり、大人しい性格に。

「一度、母がドアを開けたままにしてリンちゃんが外に出てしまったことがありました。その日、学校から帰り、リンちゃんがいないことに気づいたので外で名前を呼んだら、嬉しそうに鳴きながらダッシュで帰ってきてくれたことは今でも記憶に残っています。」

外へ出たまま行方不明になってしまう子が多い中、たった1日で帰ってきたリンリンちゃん。

「帰る家」ができたのはリンリンちゃんにとって、とても嬉しいことだったのかもしれません。 

最期は大好きになってくれた「我が家」で―

安心できる居場所で、じっくりと絆を育み続ける日々。そんな穏やかな毎日はリンリンちゃんの肺がんが発覚したことで一変。「亡くなる4ヶ月前のことです。ご飯を食べる量が減り、缶詰をのせても食べない日が3日間続いたので病院へ行きました。そしたら、検査で肺がんだということが分かって…。」

早く気づいてあげられなくて、ごめん。そんな後悔を抱えながら、るのさん一家はリンリンちゃんの闘病生活を支えました。最初の2週間は放射線治療を行いましたが、リンリンちゃんの小柄な体型や体への負担を考え、抗がん剤治療に切り替えたのだそう。

しかし、だんだん弱っていく姿を見て、るのさん家族は獣医師と相談。もう長くは生きられないと告げられたこともあり、3ヶ月で治療を止めることに。大好きになってくれた「我が家」という居場所で穏やかな最期を迎えさせてあげたいと考えました。

自宅ではできるだけ体に負担をかけないよう、食事はふやかし、胃腸薬を飲ませもしたそう。

「初めはブランケットを床に敷いていたのですが、リンちゃんは冷たい床のほうが楽だったのか、ブランケットが敷かれていないところに行こうとするので、冷感枕を購入しました。」

もう歩くこともできないくらい弱っていた、リンリンちゃん。しかし、それでも名前を呼ぶと必ず返事をしてくれたそう。

それは「心配しないで」という、リンリンちゃんなりの優しさだったのかもしれません。

「最期の時、私は学校だったので母とかかりつけの獣医師さんが看取ってくれました。息を吸うのも食べるのも苦しそうだったので、これで楽になれたかなと思い、その日は母と2人で泣きました。」

大切な愛猫の死。悲しくも受け入れなければならないその事実は、るのさんの中で動物とどう共生するかを考えるきっかけになったよう。

「動物は様々なことを教えてくれる。愛だったり、命の大切さだったり、優しさだったり。当然別れもあり、それが唐突なこともありますが、限られた時間をお互いにとってかけがえのないものにできるよう、意識することが大事だと思います。」

子どもの頃から動物と触れ合ってきた経験があったから、今の自分がいる。そう語るるのさんはリンリンちゃんとの日々を多くの人に知ってもらうことで、動物に対して興味を持つ人が増えることを願っています。

人間相手とはまた違った感情を芽生えさせる、「動物」という家族。小さな家族との出会いと別れから、私たちは誰かを愛することの尊さを学ぶのかもしれません。

取材協力:るのです(@run0_a)

https://twitter.com/run0_a

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫の大半は「歯肉炎」を患っている!歯周病の4大サイン (8.14)

猫の歯
  • ニュース

Tシャツで「猫用抱っこ紐」手作りしてみた。テレワークのおひざ抱っこ対策にいかが? (8.14)

  • ニュース

猫が顔を洗うと雨。雨にまつわる動物の習性いろいろ! (8.14)

  • ニュース

ガブリエル 其の二 (8.14)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る