TOP>ニュース > 黒猫の性格は甘えん坊で犬に近い?実際の飼いやすさは?

  • ニュース

黒猫の性格は甘えん坊で犬に近い?実際の飼いやすさは?

黒猫の性格は甘えん坊で犬に近い?実際の飼いやすさは?

猫はみんな可愛いが、それぞれに決定的に異なる個性がある。
それが性格だ。

食べ物の好みも違えば、出すうんちの匂いも違う。そして好きな遊びも異なれば、飼い主への愛情表現も異なる。
怒りっぽい猫もいれば、穏やかな猫もいる。

猫は性格がさまざまなのだ。

しかし、意外と大まかな猫の性格傾向というものは、毛色で大別することもできる。
今回は、中でも人に甘えるのが上手な個体の多い、黒猫の性格について、僕が出会ってきた個体を例に挙げて紹介していきたい。

屋外でも上手に隠れることができる黒猫、そのため性格は穏やか?

床でへそ天している黒猫

動物ってのは自分の体色によって周囲への反応を変える習性を持つものがいる。
たとえば体色が目立つ動物、猫で言えば白猫がそうだが、彼らは常に天敵に見つかるリスクを想定して生きているので用心深い。
人なれもしない個体が白猫にはチラホラいるが、それも屋外生活が長い個体だと余計に多いところ。

外の世界には危険も多いので、どうしても目立つ白い体の猫は危険に対して敏感なのだ。
また、アルビノの動物は自然下においては、普通の体色の同種に比べて長生きできない傾向にある。
これも理屈としては白猫の場合と同じで、それだけ敵に発見されやすいためだ。

対して黒猫の場合はどうか。
黒は物陰に溶け込む色なので、白猫に比べると天敵に発見されるリスクは低くなる。
それだけ屋外でも生存できる可能性が高くなるわけなので、このためにあまり神経質な性格に育つこともない。

屋外の野良猫、地域猫を見てもそれは言えることで、人なれしている個体は白猫には少なく、黒猫には多い。
この辺りは、実際に外で猫と触れ合ったことのある人なら「あ、そういえばそうだ」と理解できるところだろう。
もちろん例外はあるけど。

性格的にあまえんぼな黒猫はとにかく飼いやすい!

首輪をしている黒猫

黒猫というのは昔から、日本では“福猫”と呼ばれていた。
特に商売人にとっては、黒猫は客を招くという迷信もあって大事に飼育しているというケースがあったようだ。

西洋では悪いイメージで語られることも多かった黒猫だが、日本ではさほど不吉な生き物とは認識されていない。
そりゃそうだ。かわいいんだもの。
黒猫は見た目もクールでスタイリッシュだが、反面その性格はかなり甘えん坊で人懐っこい。
すぐに体を擦り付けてきたり、人の目の前でゴロンと倒れてナデナデを要求したりする個体も多い。

そんな姿を目にしたら、猫好きなら構わない手はないだろう。
僕も屋外で野良猫や地域猫で黒い子を見てしまうとついつい長時間構ってしまう。

そして我が家にも黒猫はいるが、これもやっぱり人に対してかなり甘える性格の持ち主。
よくヘソ天状態でこっちを見て「なでて~」と要求するので、可愛くて可愛くて仕方がないのだ……。

自己主張強め、猫というより犬に近い性格かも?

何かを訴えている黒猫

と、ここまでは猫と触れ合った経験のある方なら誰しもが黒猫に抱く印象、実際に想起しやすい性格について書いてみたんだけど、もう一歩踏み込みたい。
これは僕の独断と偏見も混ざってしまうんだけど、黒猫って性格的に、いわゆる猫感がちょっと薄くて、どちらかというと犬っぽいところ。あるんじゃないだろうか。

飼い主に対して「遊んで!」とか「ナデナデして!」みたいな要求を出す頻度と、そのアピールが犬のそれとかなり似ているように思えるのである。
飼い主を信頼していて、愛情を示すことを隠してないというか、猫の一般的な性質にありがちな、しれっとしてる瞬間が少ないように感じられるのだ。

もちろん、育った環境が過酷で、スレちゃった黒猫はそこまで甘えたりはしないが、完全室内飼育で育てていくと、黒猫ってどんどん小型犬みたいな性格になっていくのが分かる。
ナデナデしてほしい、遊んでほしい、ご飯を食べるとこを隣で見ててほしいなどなど。
黒猫を危険のない環境で飼育すると、自己主張が犬に似た性格に寄っていくように、僕が観察する限りはそう見受けられる。

黒猫を飼っているみなさんの感想を聞きたいところだ……。

おわりに

ちなみに、この原稿を書いている間にも足元を「な~な~」言いながら、我が家の黒猫、十太郎が闊歩している。
その都度相手をして(相手をしないと永久に終わらないので)抱っこしたり、顔を撫でたりしているんだけど、そうするとすぐにゴロゴロ音を出して満足そうな表情に。

黒猫って色的にも冷淡なイメージを抱かれる場合もあるけど、実際には本当に愛らしい性格の子が多いものだと実感する。
しかも、体毛が黒いので埃が付着するとよく目立つ。
だから「埃が目立つのは可哀想」って思えて部屋の掃除にもかなり身が入る。
黒猫は、いるだけでその明るい性格で家を賑やかにし、しかも掃除をする理由まで与えてくれるのだ!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットゴーから犬猫用の食事療法食「ベッツワンベテリナリー」が登場 (7.15)

  • ニュース

猫専⽤タワーマンション「猫タワマン」動画が公開! (7.15)

  • ニュース

チーン♬ベルを鳴らしておかわりをもらう猫・虎徹と弟分のはなび (7.15)

  • ニュース

4頭の子猫が遺棄?警察に通報して、それからのこと。 (7.15)

洋服ケースの中の子猫たち2
もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る