TOP>ニュース > 山に捨てられた三つ子の仔猫に温かい家族ができた話

  • ニュース

山に捨てられた三つ子の仔猫に温かい家族ができた話

山に捨てられた三つ子の仔猫に温かい家族ができた話

少し乱暴な言葉かもしれませんが、「生き物を捨てる」のは「殺す」のと変わらないと思っています。それが生後間もない命であれば、母親なしで生きられないとわかっていて放り出すのだからなおさらです。

今回は、ダンボールに入れて山に捨てられていた三つ子の仔猫のお話。偶然の出会いから命が繋がり、家族ができた幸運な三つ子ちゃんについて、インスタグラムの投稿者であるpantorochiroruさんに伺ったお話とともにご紹介していきます。

山に捨てられていた三つ子

山に捨てられていた三つ子猫16

山に捨てられていた三つ子猫5

山に捨てられていた三つ子猫6

今回の主役、三つ子猫の名前はサバトラの「まる」ちゃん、ハチワレの「しらたま」くん、白ブチの「ルチア」くんです。

山に捨てられていた三つ子猫7

山に捨てられていた三つ子猫10

今ではすっかり仔猫らしい無邪気さを見せてくれている彼らですが、保護当時は全く違う姿でした。

6月某日、三つ子ちゃんを発見したのはpantorochiroruさんのお養父様でした。山の中でダンボールに入れ捨てられていたのを見つけ、あまりにかわいそうでその場を立ち去ることができず連れ帰ったのだそう。

すでに3匹の愛猫を飼われているpantorochiroruさんは、お養父様から連絡を受け、里親になってくれそうな知人を頭に思い浮かべながら旦那さんと共に三つ子ちゃんのもとへ向かいました。

山に捨てられていた三つ子猫13

顔を合わせた瞬間にシャーシャー言い、人間を睨みながら威嚇し続けている3匹。それを見て、「捨てられる前から相当辛い思いをしてきたんだろう」と思ったといいます。

「1匹連れて帰りたいって思ってる?」と旦那さんに聞かれ、内心はそうだけど、三つ子を離れ離れにさせるのは忍びないと答えたpantorochiroruさん。

たくさんの猫と暮らしたい願望はあるし、できればこの子たちを引き取りたいけど、何の心構えもない状態で突然3匹もの家族が増えることにためらいを感じていたそう。

しかし次の瞬間、旦那さんから出たのは意外な提案でした。

山に捨てられていた三つ子猫15

「3匹とも家族に迎えよう!」

驚いたのはpantorochiroruさんです。なぜなら、仔猫を引き取ることをためらっていたもう一つの理由は旦那さんに猫アレルギーがあるためでした。

ご自身は6匹でも10匹でもどんとこいでも、旦那さんのことを考えると猫は3匹までだろうなと思っていたのだとか。もともと猫好きというわけでもなく、しかも猫アレルギーの旦那さんから、まさかそんな言葉が出てくるだなんて!

思わず「1匹だけでもいいんじゃないの?」と聞き返したものの、「1匹だけっていう選択肢はない。連れて帰るなら3匹」ときっぱり言われ、旦那さんの決意にもう一度驚かされたpantorochiroruさん。

「そうしよう!」と返事をし、家族が増えたことを心から喜んだのでした。

こうして山に捨てられていた三つ子の仔猫は、優しい人に見つけてもらえた偶然から、一生一緒にいてくれる家族と3匹で過ごせる温かいお家を手に入れました。

山に捨てられていた三つ子猫14

家に帰り、三つ子ちゃんをお風呂に入れたpantorochiroruさんは、小さな体を洗いながら「もう大丈夫だよ、安心していいんだよ。絶対に楽しい幸せな生活ができるようにするからね」と声を掛けたそうです。

3匹+3匹

山に捨てられていた三つ子猫1

ずっと威嚇していた三つ子ちゃんは、お家に来てもしばらく3匹だけでじゃれあって過ごしていましたが、6日も立つ頃には心を許してくれるようになったといいます。

山に捨てられていた三つ子猫3

まるちゃんとルチアくんは抱っこ好きで、今では自分からおひざに上ってくる甘えん坊。2匹ともすっかりリラックスしきっていますね。

山に捨てられていた三つ子猫2

あどけない寝顔がカワイイしらたまくんは一番良く寝る子で、トイレも一番にマスターしました。

1日ごと、目に見えて変わっていく彼らの成長を楽しみにしているのは飼い主さんだけではないようで「優しいお顔になった」「幸せそう」とフォロワーさんたちも温かく見守ってくれています。

山に捨てられていた三つ子猫12

変わって、こちらは3匹の先輩猫。長男「ぱん」くん(真ん中)、次男「とろ」くん(手前)、元・末っ子「チロ」ちゃん(奥)です。三つ子ちゃんは目の治療中のためまだ先輩たちとは隔離生活中なのです。

幼いころから動物と一緒の生活が当たり前だったというpantorochiroruさんは、実はぱんくんと出会うまでは犬派だったそう!たまたまお知り合いの家で仔猫が生まれたことで、猫との生活がスタートしました。

優しい性格のぱんくんは、とろくんとチロちゃんがやってきたときにも面倒を見てくれていたので、きっと三つ子ちゃんの子守も上手だろうとpantorochiroruさんのお墨付き。三つ子ちゃんが来た初日も、ぱんくんととろくんは動揺せずに見守ってくれていたということです。

山に捨てられていた三つ子猫9

一方、子守経験がないチロちゃんはというと三つ子ちゃんが家に来た日にはびっくりして別室に隠れてしまったのだとか。12年間末っ子として暮らしていたのだから、無理もないですよね。

山に捨てられていた三つ子猫11

いつか、3匹の猫団子に三つ子ちゃんが加わる日が今から楽しみですね♪

山に捨てられていた三つ子猫8

家族ができた三つ子の仔猫・まるちゃん、しらたまくん、ルチアくんと、3匹の先輩猫たちをご紹介しました。

pantorochiroruさんのインスタグラム
https://www.instagram.com/pantorochiroru/

取材・文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫の大半は「歯肉炎」を患っている!歯周病の4大サイン (8.14)

猫の歯
  • ニュース

Tシャツで「猫用抱っこ紐」手作りしてみた。テレワークのおひざ抱っこ対策にいかが? (8.14)

  • ニュース

猫が顔を洗うと雨。雨にまつわる動物の習性いろいろ! (8.14)

  • ニュース

ガブリエル 其の二 (8.14)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る