TOP>ニュース > 猫のための夏ハウス、最適な設置場所とは?

  • ニュース

猫のための夏ハウス、最適な設置場所とは?

夏涼しく過ごすための猫ハウス、その提供の方法を考える

先日、新型コロナウィルス禍における緊急事態宣言の解除を受けて、マスクを装備した上で千葉県某所にある地域猫コミュニティに久々に足を向けた。
その日の気温は28度。外出を自粛している間にもうすっかり夏日になっているようで、かなり汗もかいたし、またマスクが蒸れる蒸れる。

「今年の夏は本当に難儀するぞ」と今から心配になった。

しかし人間なんてまだ工夫と我慢でどうにか夏の暑気払いなんてできるものだけど、動物たちはそうも行かない。
たとえば猫だって体中が、いくら夏毛とはいえ被毛に覆われているし、人間のように全身から汗をかいて体温を下げることもできない。

そして日本の夏は例年地獄のような暑さを記録するし、たとえ室内で飼育している場合であっても油断はできないものである。

夏場、飼い猫に涼しい環境でのんびり過ごしてもらうことは飼い主の義務。
そのためには空調を活用することが一番になるが、もうひと手間かふた手間かけてみると、猫のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)はさらに向上することになる。

今回は、過酷な気温と湿度を伴う日本の夏でも、飼い猫にのんびり、負担なく過ごしてもらうハウス作りについて考えていきたい。

ちなみに今回のコラムでは、便宜上猫が室内で安心して寝入ることのできる、お気に入りの猫ちぐらやクッションやなどを総称して“ハウス”と定義するものである。

夏の猫ハウスに欲しい工夫、実はその基本は既に飼い主たちに身についている?

ベッドで丸くなる猫

現在では徐々に猫の完全室内飼育が推奨される向きとなっている。
室内は基本的に安全で事故も感染症リスクもない。
そのためにこれからもどんどんこの流れが加速すると思われるが、肝心の室内の環境は世帯ごとに異なる。

夏場の室温が高い家もあれば、冷房なしでもどうにかなる家もある。
地域によってもその違いは大きい。

しかし、このコラムではあくまでも夏場の冷房はしっかり使っていることを前提に、さらに猫にとっての快適なハウスとは何ぞや? ということを考えていきたい。

そのうえでまず欠かせないのが、猫がそのハウスに籠ってじっくり熟睡したり、くつろげるかどうかである。
猫はこだわりの強い動物でもあるため、自分が気に入った場所なら多少暑くても、ムシムシしても居座る傾向もある。
そのために飼い主は普段から「あそこがお気に入りだから、あの空間を冷房で少し冷やしてあげよう」とか「ドライ設定にして湿度を下げてみよう」などの工夫をすることが求められる。

そうして空間の環境を整えてさえいれば、基本的にはお気に入りのハウスを置いてあげるだけで、あとは飼い猫も勝手にそこに居座り続けて夏のお昼寝を楽しんでくれる。
そしてこの程度の工夫は、ほとんどの飼い主さんが当たり前のように実行しているところだろう。

つまり、私たち猫の飼い主は、知らず知らずのうちに、当然のように猫のQOLについて常に模索しているということでもある。
その結果、「高温多湿が特徴の日本の夏を何度もやり過ごし、年々どんどんと平均寿命が延びている日本の飼い猫たち」という数字にも貢献しているのだ。

猫のための夏ハウス、最適な設置場所とは?

金魚瓶にはいる猫

猫が夏場も快適に過ごすためのハウス。その設置場所の最適解についても書いておきたいんだけど……これもまあ、ほとんど全員の飼い主さんが既に実践できちゃってるような話で。
たとえば日差しの強い場所に猫の寝床を置くような人はいない。

日差しが直で当たっているハウスで猫が寝ていたら、多くの飼い主さんはカーテンを閉めて直射日光から飼い猫を守るものだ。
これによって猫の日射病も防ぐことができる。

猫の安心できる環境というのは猫が選ぶ場所にあるので、日ごろから飼い猫がのんびりと安心して過ごしている場所に猫ちぐらやクッション、夏の暑さ対策になる涼感マットなどを置いてあげること。
これだけでも十分なんだけども、それに加えて日差し対策もできればほとんど100点になる。

遮熱カーテンを用意しておくと、カーテンを閉じてさえおくと室温の無駄な上昇も防げる。ちょっと高いのがネックだけど、遮熱カーテンは優秀だ。

場所によってはカーテンレールを設置できず、日差しがどうしても入ってしまうという間取りの家もあるかもしれない。
こういう場合は外に日よけのすだれを掛けるなどすると、趣も出るし日差しも防げるし、一石二鳥となる。

夏の暑さ対策ハウス活用のために、あえて猫の移動区間を制限するのも一つの手

こちらを見ている二匹の黒猫

猫の中にはしばしば、わざわざ飼い主が日差しと高温対策を施して素敵なハウスを用意していても、なぜかその合間を縫って暑い場所に移動し、しかもそのまま寝入ってしまう個体もいる。
よほどその場所が好きなんだろう。
飼い主としてはその一角も涼しくしてあげたくなるんだけど、冷房が設置できない・されていないような場合はその対処にも限度がある。

放置するとまさかの事態を招くことだってあるので、一つの手段としては、夏の間はそこにハウスを置かないうえに、そもそもその区画に猫を出入りさせないというのもアリではないかと考える立場だ。
最初は猫も不満だろうけど、これももしもの事態を防ぐため。我慢してもらうことも必要ではないか。

その代わり、夏が過ぎて涼しくなったら、存分に出入りしてもらうなどして後々喜んでもらい、許してもらおう。

とにかく「ここで寝てると熱でやられそうだな」という場所でも、危機感のない猫ちゃんの場合は平気で横になっちゃうものだし、熟睡だってするものだ。

また、最初は日差しを避けて寝ていても、そのうちに太陽の向きが変わって体に日差しが当たり、それでも起きない場合だってある。
重要なのはそういう事態を避けることで、最悪の事態にもつながることがないという点だ。
人力でそれができない場所がある以上、移動できない区間としてそこへの出入りを猫に諦めてもらうことも、安全対策としては必要なものではないだろうか?

おわりに…

夏の酷暑を耐え抜くための猫ハウス雑感
猫のお気に入りのハウス事情は世帯ごとに異なるけども、要は暑さを避けられる場所に彼らが好きな寝床をいくつ用意してあげられるか、という話に集約されると感じる。
ひとつやふたつでは足りない場合もあるし、いろんなところでお昼寝をするのが好きな猫は多い。

そういう猫のために、たとえワンルームであっても縦の空間を上手に活用し、なおかつ熱対策も万全なハウスを提供してあげること。
これこそが酷暑の夏を乗り切って、楽しく過ごしてもらうための飼い主の基本的な努力義務である。

まあ、ほとんどの飼い主さんはそういうことはちゃんとできてるんだけどね!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットゴーから犬猫用の食事療法食「ベッツワンベテリナリー」が登場 (7.15)

  • ニュース

猫専⽤タワーマンション「猫タワマン」動画が公開! (7.15)

  • ニュース

チーン♬ベルを鳴らしておかわりをもらう猫・虎徹と弟分のはなび (7.15)

  • ニュース

4頭の子猫が遺棄?警察に通報して、それからのこと。 (7.15)

洋服ケースの中の子猫たち2
もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る