TOP>ニュース > 19歳の愛猫にしている「我が家のターミナルケア」

  • ニュース

19歳の愛猫にしている「我が家のターミナルケア」

望むことはなるべくしてあげたい。19歳の愛猫にしている「我が家のターミナルケア」

「若い頃は鳥やコウモリを捕まえて部屋に持って帰ってきたり、ツバメの巣を落としたりとやんちゃで、食べ物への執着心が強い子でした。」19歳になった愛猫・びんちゃんとの思い出をそう振り返るプロリーンさん(@qc_dy)は現在、様々な工夫を凝らして、”ペットの老い”と向き合っています。今回は、おうちで実際に行っているターミナルケアを取材。飼育本では得られない生の声を伺いました。

老いに気づき、全室内飼いに

プロリーンさんがびんちゃんの老いを実感したのは、今から3年前のこと。「田舎だからかもしれませんが我が家では家族が猫の完全室内飼いは可哀想だと考えていました。」しかし、ちょうどその頃、実家に戻ったプロリーンさんは、近所の家に入って食べ物を盗るといった問題行動がびんちゃんに表れ始めたことを発見。そこで家族を説得し、完全室内飼いに切り替えることにしました

「すぐにキャットタワーを買いました。高齢だったので、高さは100cmくらいのものにしたのですが、気に入ってくれて寒い時以外は頂上で過ごしてくれていました。」

ところが、びんちゃんは2018年頃から痙攣を起こすようになり、キャットタワーから落ちてしまうことも…。「落ちることが増えたら徐々に登らなくなり、私のベッドで眠って過ごすことが多くなりました。」

プロリーンさん001

そして昨年の冬にはベッドにも上りづらそうになってきたため、プロリーンさんはダンボールで簡単な段差を制作し、サポートすることに。しかし、その段差を登ることも徐々に難しくなってきたので、Petamiのペットステップを購入し、より本格的なフォローを行うようになったそう。

「1段目に登るのが辛そうだったので、週刊漫画雑誌や段ボールで段差を足しました。家にあった猫用こたつとステップが同じ高さだったので、それを横に並べて幅も足していますね。」

自力でトイレに行ける工夫を

ペットステップにも一工夫するプロリーンさん宅では、「猫がしたいことを我慢させない配慮」が他にも行われているよう。中でも特に力を入れているのが、トイレ周りの工夫。

トイレに間に合わないことがある姫様のため、プロリーンさんはベッドのすぐそばにトイレを設置し、ペットステップを降りてすぐ行けるように対策。ペットシーツをトイレ周りに敷き詰めたり、ベッドに防水シーツを敷いたりし、失敗しても大丈夫なよう、粗相対策にも力を注いでいます。

プロリーンさん002

「ペットシーツだけでは足が滑ってしまうようだったので、100均の滑り止めシートも活用しました。間に合わずステップの途中で排泄してしまうこともあるため、ステップにペットシーツを巻いて、その上から滑り止めも巻きました。」

トイレを失敗すると、猫も大きなショックを受けてしまうもの。最後まで気高く、誇りを持った姿を貫きたいと思うのは人間も猫も同じだからこそ、プロリーンさんのトイレ対策はびんちゃんの心に響いているはず。

「自分でなにかをしたいという気持ちを無下にしない工夫を取り入れています。こうした工夫によって動くことで、少しでも筋力の低下を防げたらいいなとも思いますね。」

生き続けてくれてありがとう

現在、びんちゃんは痙攣だけでなく、慢性腎不全も患っており、1日2回の投薬や1日1回の点滴が欠かせません。「痙攣の時にすぐ投薬できるよう、薬は常に枕元に置いています。食べられるご飯の量も減ってきたので、1日2回シリンジで高カロリーのペーストを補給させてもいます。」

他にも、口腔内のケアや爪切りといった日常的なサポートはもちろん、毛づくろいをしなくなってからところどころはげてしまった皮膚をケアするため、ブラッシング後には保護クリームも塗布。「便も出にくいようなので毎日、腸のマッサージもしています。」

必要なサポートが多くなるシニア期は、飼い主さんの負担が増えてしまうもの。しかし、そうした中で感じる辛さが、生き続けてくれる喜びに勝ることはありません。

「去年の春、もって半年だといわれましたが、まだ生きてくれている。病院に薬を貰いに行くたび、生きていることに驚かれ、強い子ですねと褒めていただいています。生きてくれている姿を見ると感謝しかなく、毎日ありがとうって伝えているんです。」

https://twitter.com/qc_dy/status/1264763012637798402?s=20

この子が辛いと思うことや困っていることを、少しでもなくしてあげたい。それが私にとってのターミナルケア。―そう語るプロリーンさんの愛情は、びんちゃんの生きる原動力になってそうです。

どれだけ続くか分からないシニア期という貴重な時間の中で、2人は今日も一生ものの思い出を作り続けています。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ブラッシングで取れた黒猫の毛はなぜくすんだ灰色なんだろう? (5.16)

  • ニュース

猫もフィラリア予防が必要?症状や予防薬について知っておこう! (5.16)

窓辺で寝転がっている白黒猫
  • ニュース

嘘のような本当の話。飼い猫がアシナガバチを食べちゃった!! (5.15)

  • ニュース

それはそれは、まあまあ寛ぐ猫。 (5.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る