TOP>ニュース > 15歳の美魔女猫に行った「飲水量アップ作戦」

  • ニュース

15歳の美魔女猫に行った「飲水量アップ作戦」

15歳の美魔女猫に行った「飲水量アップ作戦」とは?

猫の中には置き水ではなく、蛇口から流れる水を好んで飲む子も多いもの。しかし、年齢を重ね、身体機能が低下していくと、流し台に登ることが難しくなり、飲水量が減ってしまう可能性があります。そんな時、飼い主さんはどうやって老いをフォローし、飲水量をアップさせれるか悩んでしまうもの。

今回は、トウカイトリックbotさん(@TOKAITRICK_bot)が15歳の愛猫・キャスバル姐さんに行っている「飲水量アップ法」をご紹介いたします。

13歳で流し台に登れなくなって…

孤高でクールな性格のキャスバル姐さんは、トウカイトリックbotさんの友人宅で生まれた子。

ウカイトリックbotさん_001

鼻に猫柄を持つ猫として話題になったイギーくんと共に暮らしています。

https://twitter.com/TOKAITRICK_bot/status/887604544477085696?s=20

「小さい頃から甘えてこず、手がかからなかったキャスバル姐さんを見て、猫ってこんな動物なんだと思っていました。だから、イギーを迎えた時、猫って実はこんなに手がかかるのか…と驚きました(笑)」

そんなキャスバル姐さんの老いを感じたのは、13歳になった頃。「今までは流し台にジャンプし、蛇口から直接水を飲んでいたのですが、ジャンプができなくなり…。正直、焦りました。」

流水を好んでいたため、トウカイトリックbotさんは給水器を購入。しかし、キャスバル姐さんは水が流れ落ちる部分を前足でガリガリしたり、頭で押したりして拒絶。そこで、水がまろやかになる「ヘルスウォーター」という水飲みボウルを試してみたところ、お眼鏡にかない、キャ水を飲んでくれるようになったのだとか。

現在、トウカイトリックbotさんはさらに飲水量をアップさせるべく、容器の水を数時間ごとに取り換え、常に新鮮な水が飲めるように配慮しています。

流水を好む子は、水へのこだわりが強いことも多いもの。だからこそ、各々の好みに合うボウルを探すことも老猫の健康を維持する第一歩になるのです。

自宅で行っている「老猫ケア」

飲水量をアップさせる以外にもトウカイトリックbotさんは健康維持のため、自宅で様々なサポートを行っています。例えば、14歳の頃から毛づくろいをしなくなったキャスバル姐さんのため、毎日ブラッシングをし、排泄後は濡れティッシュで肛門や尿道出口付近を軽く拭いているのだそう。「尿道出口やその周囲を舐めることが尿路感染の予防になっていると、かかりつけの病院で聞いたので行っています。」

また、トイレの砂はマメに取り換え。「加齢によってお尻をトイレ砂から離して排泄しづらくなると、トイレ砂と排泄口の距離か近くなって、そこから菌が入りやすくなると獣医師から聞いたので、排泄物が落ちた周辺の砂は毎回、全部取り換えています。」なお、排泄中はスムーズに排泄・排便ができているかも、こっそりチェックしているのだそう。

動物病院で血液検査の結果を褒められるというキャスバル姐さんは見た目的にも、とても15歳にはみえない美魔女。

トウカイトリックbotさん_002

「飼い主としては不安で不安でたまらないけど、彼女はどこ吹く風で自由気ままに過ごしている。だからこそ、キャスバル姐さんのペースを乱さずにケアを行い、過ごしやすい環境を維持し続けていきたいです。」

ストレスをかけない多頭飼い生活

ストレスによって引き起こされる病気は多いからこそ、シニア期はストレスケアも大切。もしも猫同士の関係がうまくいっていないのであれば、無理に共生させようとせず、距離を設けて快適に暮らしてもらうのも多頭飼いさんが心がけたい、大事な健康維持術です。

「実は、キャスバル姐さんはヤングで遊びたい盛りのイギーを本気で嫌っています。」そう打ち明けてくれたトウカイトリックbotさんはおうちで双方が快適に暮らせるような配慮も行っています。

https://twitter.com/TOKAITRICK_bot/status/1159419894338748416?s=20

おうちに来たばかりの頃、子猫だったイギーくんは純粋にキャスバル姐さんと遊びたがっていましたが、成長するにつれ、頑なに拒絶し続けるキャスバル姐さんにマウントを取るようになったため、現在2匹は別々の部屋で生活。自分のリズムを守りながら、快適に暮らしています。「キャスバル姐さんがストレスを感じないよう、ゆっくり過ごさせてあげることを最優先し、力があり余るイギーとは思いっきり遊んであげています。」

クールな反面、夜中にふと気づくと枕元で眠っていたり、ご飯が欲しくても黙ってじっと待っていたりするキャスバル姐さんは、我慢強いツンデレ女子。

トウカイトリックbotさん_003

そんな性格を包み込むかのような先回りのフォローを、トウカイトリックbotさんは行い、健康を守り続けています。

猫の平均寿命を超えようとするキャスバル姐さんが1日でも長く、彼女らしいニャン生を楽しめることを願いたいものですね。

取材協力:トウカイトリックbotさん(@TOKAITRICK_bot)
https://twitter.com/TOKAITRICK_bot

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

注意!子猫に成猫用のフードをあげると、栄養不足になる? (10.24)

  • ニュース

猫アレルギー持ちの猫LOVERさんに朗報!猫アレルギーの出にくい猫カフェ「CatsHous... (10.24)

  • ニュース

イタリアとイギリスの『黒猫の日』を知ってる?ハロウィンとの悲しい関係も【世界の猫の日】 (10.23)

  • ニュース

白猫が「育児放棄」する驚くべき理由って? (10.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る