TOP>ニュース > 猫にも妖怪になるものがいるように、蛸も妖怪化する?

  • ニュース

猫にも妖怪になるものがいるように、蛸も妖怪化する?

衣蛸と猫、その恐怖の類似点…【異形の猫】

「猫は液体」という言葉がある。
本当に骨があるのか分からなくなってしまうほど柔軟性の高い体を持つ猫のことを液体とたとえるわけだ。

僕はこの表現が好きだ。だって本当に猫って液体の入っている、毛に覆われた袋のような生き物に見えるときがあるし。

さながら、軟体生物。陸の蛸である。

そうだ、蛸といえば面白い話もいくつか知っている。今回はちょっと猫と蛸。この両者を無理やりこじつけるコラムでも展開してみよう!

猫も蛸も、畑を荒らす悪いヤツ?

猫衣蛸

野良猫や、屋外飼育の猫というのはしばしば近隣の人々に迷惑をかけることがある。
植木や田畑を荒らし、糞尿をして汚してしまう。
また、スプレー行為を外壁にやらかして、匂いの面でも不快な思いをさせてしまうことも……。

ことに畑やプランターに糞をする際には、植えている植物を脚で掻き出してダメにしてしまうのが通例。これは農家の人たちや、家庭菜園をやっている猫嫌いの人にとっては由々しき問題だ。

そのため、農業用品の販売店では、猫に有効な忌避剤なんかも販売されている。

が。

こういう方々にとって厄介なのは猫だけじゃないのだ。実は伝承の中には、蛸が海から上がってきて、わざわざ嫌がらせのように田畑を荒らすという話もある。

ある海沿いの農村にはその昔、たびたびスイカ畑を荒らす蛸が出たという。

その蛸は海岸からゆっくりのたくりながら地上に上がり、農道を通って畑に至るとスイカに吸い付き、その実をすっかり食べてしまったというのだ。

もちろんこんなことはありえないもので、恐らくこの話の生まれた原因は、たまたま獣にスイ

をダメにされた畑に、海鳥が捕まえた蛸が落下した、とかそういう経緯があるのだろう。でも、蛸って結構ミステリアスな生き物だ。こんな話がささやかれるようになった理由は分かる気がする。

猫にも妖怪になるものがいるように、蛸も妖怪化する

ところで話を猫にちょっとだけ戻したい。
猫は妖怪変化するレパートリーの多い動物だ。
化け猫、猫ショウ、五徳猫。
様々な妖怪に化身することができるし、いずれの妖怪も猫の特性を引き継いでいる。

一方で蛸はどうだろうか。
実は昔から、妖怪になった蛸についての話も伝わっている。
代表例として、衣蛸を挙げたい。

衣蛸とは古くから京都の伊根湾に伝わる怪異で、普段はごく普通の蛸の姿をしているが、漁船を見つけると途端に体を海に浮かんだ大きな衣のように広げて迫るという。
そうして船ごと人を飲み込んだというので、ちょっとシャレにならない妖怪だ。

ヨーロッパにおける、クラーケンの化け物のような立ち位置にある妖怪と言えるだろう。

そして衣蛸にはモデルとなった蛸がおり、これをムラサキダコと言う。
関西沿岸に生息し、昔から「衣蛸」と呼ばれていたようだ。
ムラサキダコは船を襲うことはないが、その異様な姿に昔の人は想像力を掻き立てられたに違いない。

おわりに

そうそう。
猫は蛸を食べてはならないことは、愛猫家にとっては常識。
せっかく美味しいのだから、ついついおすそ分けしたくなるかもしれないが、猫にあたえる海の幸はせいぜいマグロぐらいにしておこう。

文/松本ミゾレ

イラスト/今井美保

東京生まれ。少女マンガ誌でデビュー後いくつかの連載を経て、妖怪マガジン「怪」(角川書店)の「第一回怪大賞・京極夏彦賞」を受賞、妖怪漫画の道へ。イラストや漫画をほそぼそと描きながら暮らしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

僕なりの考察。一体なぜ猫は「いい匂い」なのか? (3.1)

  • ニュース

「三回なく猫」に遭遇したら要注意【まんが】 (3.1)

  • ニュース

瓦礫から猫を救え!感動を与えてくれる名作「シリアで猫を救う」 (2.28)

  • ニュース

とかく濁った話題が多い世の中。あなたの『透明性』は?【心理テスト】 (2.28)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る