TOP>ニュース > 思わず吹き出す?愛犬こまち&愛猫タビと過ごす「ニートの日常」

  • ニュース

思わず吹き出す?愛犬こまち&愛猫タビと過ごす「ニートの日常」

思わず吹き出す?愛犬こまち&愛猫タビと過ごす「ニートの日常」

こまちとタビ書影

犬と猫の違いをユーモラスに描いたコミックは、巷に多く溢れているもの。しかし、そんな中でも『まめきちまめこニートの日常 こまちとタビ』(まめきちまめこ/KADOKAWA)は

ページめくるごとに、思わず吹き出してしまうほどコミカルな仕上がりになっている。犬のピュアさや猫の気ままさを、独特の感性を用いながら描き上げた作者の画力に感心させられてしまうのだ。

本作は、月間4,000万PVを記録した大人気ブログ「まめきちまめこニートの日常」に投稿されていた作品を書籍化したもの。ニート界に突如現れた超新星・まめきちまめこは、ブゥンと鼻を鳴らす犬のこまちと、元気いっぱいな猫のタビと生活中。何気ない日常も作者の目を通してみれば、笑える1日になる。作中にはタビとの出会いを含めた、かきおろしもたっぷり収録されているため、毎日ブログをチェックしている往年のファンも必見な一冊だ。

筆者が初めて作者のブログを見たのはステイホームで時間を持て余していた、ある夜のこと。ほんの少しだけ見るつもりだったのに、過去作まで一気にさかのぼって読みたくなる面白さがあった。いち猫好きとしては特に、警戒心が強く遊んでほしくてたまらないタビを擬人化した描写がツボにハマり、後日、書店へ行き、本作を購入したのだ。

本作の良さは必要以上に人間や犬、猫を美化していないところにある。例えば、スイカを犬と分け合う時、作者は自分のほうが甘い部分を食べようと企む。自分自身のことを聖人君子として描いておらず、人間のちょっぴりズル賢い部分も正直に描写しているからこそ、読者は感情移入しやすいのだと思う。

そして、全編を通してしっかりと笑える一方で、肝心なところではしっかりと動物愛が感じられるのも、多くの人から作品が支持され続けてきた理由だ。

愚痴をこぼしつつも仕事を邪魔するタビが悲しい思いをしないよう、猫が喜ぶ動画を見せながら対処したり、ベッドに乗ってこなくなったこまちを気遣って隣に布団を敷いたりするなど、ところどころにタビやこまちに対する愛情がユーモラスに描かれており、ほっこりとした気持ちにさせられるのだ。

また、こまちとタビのかわいらしい交流から、猫の意外な忠実さが見えてくるのも本作の醍醐味だと言えるだろう。こまちの背中を見て育ったタビは、決してこまちには冷たい態度を取らない。

お気に入りのおもちゃを取られても怒らず、偶然背中に乗ってしまった時には気まずい態度を見せたりもする。タビのそうした行動を知ると、猫は私たちが思っているよりも礼儀や義理を重んじる動物なのかもしれないと思わされ、愛猫を見る目も少し変わるだろう。

犬と猫にはそれぞれの個性があり、どちらも等しく愛おしく、ユーモラスだ。そう思える本作はぜひ、笑顔になりたい日にこそ手に取ってみてほしい。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

  • ニュース

【猫クイズ】無毛の猫スフィンクスに「必要なお世話」って? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る