TOP>ニュース > ペットの通院は“不要不急”の外出ではない!ペット用のオンライン相談・診療システム

  • ニュース

ペットの通院は“不要不急”の外出ではない!ペット用のオンライン相談・診療システム

ペット用にも、オンライン相談・診療システムが登場!

ペットの通院は“不要不急”の外出ではない!

みるペット7

「不要不急の外出は自粛」とわかっていても、愛するペットが病気や怪我の時の通院は、絶対に必要で、しかも急を要しますよね。

とはいえ、混みあった待合室で飼い主が感染する危険も大。そのため多くの動物病院で待合室の「三密」を避けるため、外で一定の間隔を空けて待ってもらったり、車の中で待機してもらったり、と.さまざまな工夫をしています。診るほうも大変ですが、連れて行くほうも大変ですよね…。

みるペット8

そんな中、株式会社みるペットがスタートさせようとしているのが、動物や飼い主を動物病院とインターネットで繋ぐ、オンライン相談・診療システム「みるペット」。好きな時間に予約をすることで、自宅にいながら、かかりつけの動物病院や先生にリアルタイムで相談することが可能になるということですから、大助かりですよね。

動物病院への通院が必要な「高齢ペット」が増えている。でも…

近年、ペットの平均寿命が伸び、高齢期と言われる7歳以上のペットの数は現在ピークを迎えているといわれています。そのため、腫瘍や慢性疾患などを抱え動物病院を必要としている動物も増加。とはいえ、ペットと同じように飼い主の高齢化も進んでいるため、通院が困難になる場合も少なくありません。

「動物病院を利用している割合は犬で約60%、猫で約30%ほどと推定(ワクチン接種率などから当社推定)されますが、必要性はあるが、動物病院を利用できていない動物が数多くいます。その理由には、動物の医療や健康に関する適切な情報が足りていない、忙しくて来院する時間がない、動物を連れていく交通手段が無いなどが考えられます。このような中で、動物たちの健康に必要な情報や医療へのアクセスのしやすさをどう向上させられるかを考え、オンライン相談・診療システム「みるペット」を開発致しました」(株式会社みるペット)。

みるペット1

これまでもインターネットの相談サービスはありましたが、インターネットから先に繋がりづらく、相談も一般的なものに留まっていました。そこで「みるペット」の開発にあたっては、インターネットからリアルの動物病院へのコミュニケーションをいかに増やせるかを重視したとのこと。「顔の見える獣医師に相談できるからこそ安心して利用でき、具体的な相談が可能となり、さらには必要な場合には来院や往診に繋がると考えております」(株式会社みるペット)。

使用料は1回につき300円

使い方は、HPから会員登録し、病院を検索、予約。予約時間が来たらビデオ通話で診察してもらいます。気になるのはオンライン診療にかかる別途費用ですが、会員登録はすべて無料で、システム利用料として1回の使用につき、税抜300円がかかります。相談料は通常の来院時と同じで、薬などの送付が必要な場合はその送料もかかります。支払いはクレジットカードで行います。

みるペット3

▲予約、相談(診察)、決済、(配送がある場合は宛名の印字まで)をみるペット上で完結することができます。

みるペット6

▲飼い主にかかるのは、通常の病院への相談料のほかには、1回300円のシステム利用料

5月22日より、利用料無料のβ版の提供を開始!

「みるペット」は、今春からまずは東京都を中心にサービスを開始する予定でした。しかし新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発令に伴い、5月22日から、飼い主の利用料を無料としたβ版(開発中の段階で実際に使用して評価させるために提供されるサンプル)の提供を開始しました!

みるペット4

▲飼い主にも、動物病院にもメリットが多いシステム

このサービスは、触診や検査などができないというデメリットはあるものの、「病院に連れて行くべきか、様子を見るべきか」の判断を仰ぐことができる点はすごく助かりますよね!愛情の深い飼い主ほど、「大丈夫だと思うけど、万が一のため連れて行く、ということが多いので、ペットに不要なストレスをかけてしまっている場合も少なくないので…(特に猫)。動物病院でも、不要な来院による感染リスクを減らすことができるというメリットがあります。

わが家の場合、先代の猫が余命宣告された後は、急な変化があった時のためにLINEで受診するべきかどうか、確認していました。でも、診断料も発生しないのに、何度も相談をするのは気が引けて、よっぽど心配な状態の時限定で使っていました。きちんと相談料が発生するのなら、むしろ気を遣わずに相談できるので、それもいい点だと感じています。

株式会社みるペットでは、この無料期間をできるだけ長く確保するため、クラウドファンディングの実施も予定しているそうですよ。

みるペット2

取材・文/桑原恵美子
関連リンク/みるペット (https://mirpet.co.jp/owner

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

機械の中でグルングルン回る餅をひたすら見つめる黒猫 (10.28)

  • ニュース

「猫好き歓迎」の5文字に誘われて入ったカフェ…気になる店内は? (10.27)

  • ニュース

どうして犬猫の肉球からスナック菓子の匂いがするんだ!! (10.27)

  • ニュース

気まぐれな猫、実は4つのモードを切り替えていた (10.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る