TOP>ニュース > いまさらだけど、猫の体ってなんであんなに柔らかいの?

  • ニュース

いまさらだけど、猫の体ってなんであんなに柔らかいの?

【猫クイズ】猫の体ってなんであんなに柔らかいの?

器用な体勢で毛づくろいをする愛猫を目にして、「なんで猫の体ってこんなにも柔らかいんだろう」と思ったことがある飼い主さんは多いはず。その謎は猫の骨格の仕組みを知ると、解き明かすことができます。

今回はクイズを通して、猫の骨格の作りを解説。私たち人間とも犬とも違った体の構造を、ぜひ知ってみてください。

Q.猫の骨格の特徴として、正しいものはどれ?

①イエネコの骨格は、大型のネコ科動物とは全く違う

②人間や犬より、体重に占める骨の重量比が高い

③猫の鎖骨は他の骨にくっついていない

正解は、次のページ。

正解は③の「猫の鎖骨は他の骨にくっついていない」です。

私たちの身近にいるイエネコの骨格はサイズこそ違えど、大型のネコ科動物とほぼ同じ。猫の骨は軽くて強く、体重に占める重量比は人間や犬よりも低いといわれています。

前足で物を掴んだり、木に登ったりと猫の前足は人間でいう「手」に近い役割を果たしているものですが、こうした器用な動作ができるのは骨が柔軟に繋がっているから。例えば、前足を内側にくるっと向けることができるのは、「橈骨(とうこつ)」と「尺骨(しゃっこつ)」が互いにねじれ合う構造になっているからだといわれています。

また、人間の鎖骨は胸骨柄や肩甲骨と繋がっていますが、猫の鎖骨は胸骨などの他の骨とくっついておらず、浮いた状態。こうした構造をしていることにより、顔と同じくらいの幅しかないような狭い場所もスムーズに通ることができるのです。

ちなみに、犬の場合は進化の過程で鎖骨が消滅しており、肩甲骨が筋肉のみによって胴骨と繋がっているので、猫ほど前足を柔軟に動かせません。

犬と猫は共に人間にとって身近な動物であることから比較されやすいものですが、骨格の作りからして違う生き物。人間と犬猫の体の構造が違うように、犬と猫の体にも違いは多くみられます。だからこそ、むやみに擬人化したり、犬を猫のように、猫を犬のように扱わず、ありのままの個性を大切にしていきましょう。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

七夕の願いごとってなぁに?【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.7)

  • ニュース

絵本は子どもだけのものじゃない!「猫を愛する人のための猫絵本ガイド」 (7.6)

  • ニュース

高みからなにごとかと凝視する黒猫。【仔猫を拾ったので】 (7.6)

  • ニュース

アメリカンショートヘアの高精度な全ゲノム解読に成功 (7.6)

  • ニュース

猫の背中に猫が!!奇跡的な模様の猫15選 (7.6)

  • ニュース

7月6日はサラダ記念日なのッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.6)

  • ニュース

「顔のない猫」には要注意【まんが】 (7.5)

  • ニュース

猫の単独飼いと複数飼い、双方のメリット (7.5)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る