TOP>ニュース > 猫同士も新型コロナ感染確認!ただし屋外の猫が人間にとっての脅威というわけではない!

  • ニュース

猫同士も新型コロナ感染確認!ただし屋外の猫が人間にとっての脅威というわけではない!

猫同士も新型コロナ感染確認!ただし屋外の猫が人間にとっての脅威というわけではない!

国民個々の外出自粛の努力が奏功し、今、日本は世界的に見てもかなり新型コロナウィルス禍でのパンデミックを封じ込め続けている。

日ごろから衛生観念が身に付いていたことはもちろん、ロックダウンをせずとも政府の緊急事態宣言の布告だけで、実に多くの人々が自主的な巣ごもり生活に移行したこと。これがかなり効いていることが数字にも表れている。

このコラムは5月19日に書いているが、東京に目を移せばここ4日間は連続で感染が確認された人は20を下回っている。

大都市東京でもこの数字なのだ。日本人の防疫観念は、もしかすると世界一の水準なのかもしれない。

さて、5月14日に日本経済新聞などが一斉に、猫と暮らす人々にとっては気になる報道を行った。

新型コロナウィルスの猫同士の感染が確認されたというのだ。

猫同士で新型コロナは感染する。東大チームが確認

この報道によると、東京大学の河岡義裕教授からなる研究チームは、猫の間での新型コロナウィルスの感染が発生するかどうかの実験を行っていたという。

そして結論から語れば、実際に猫同士での感染事例が確認されることとなった。

ただし、実験に用いられた猫6頭いずれにも症状は出ていなかった。感染はするが症状として表面化はしなかった、ということになる。

この実験はアメリカ・ウィスコンシン大学などとの共同で行われたもので、既にアメリカの臨床医学誌にも論文が掲載されたという。

実験の模様について、1辺50センチメートル~1メートルの檻に猫を2頭ずつ入れて行ったという。

1頭の猫に新型コロナウィルスを接種して感染させ、換気ができる部屋で一緒に飼育した、とある。

その過程でウィルスを接種していない猫も感染したものの、実験から6日経過しても何の異変も生じなかったという。

さらに、猫たちは感染から5、6日程度でウィルスを検知できなくなったとも報告されている。

同じ檻の中で2頭の猫は、いわゆる濃厚接触を行っていたため感染自体は確認されたものの、具体的な症例はみとめられなかった、ということになる。

あくまでの猫同士の感染確認。猫から人への感染は未確認であることに注意!

この実験結果は僕もネットニュースで知ったが、SNSなどでの反応を見てみると、ちょっと誤解があるように見受けられる。
現時点では猫同士の感染と、飼い主が新型コロナウィルスに感染したことによる飼い猫への感染が確認されているだけで、猫から人への感染事例はない。

しかしここを考慮せず「猫がコロナを運んでる」「猫は危ない」という誤解をしている方もちらほら見受けられた。

新型コロナウィルスは人が大量に移動することで全世界に拡散してしまったので、それを言うなら主なキャリアは私たち人間だ。

実際にニューヨークや香港では飼い主経由で感染した犬猫が確認されているが、その逆はいまだに報告されていないことはおぼえておきたい。

いたずらに「猫は危険だ」と考える段階では、今のところはないという話になる。

もちろん、屋外に暮らす野良猫や地域猫が、万が一にも新型コロナウィルスのキャリアになっていないという確証はない。ただ、本来野良猫は私たちに接触する頻度も低いし、人間からアプローチしなければ触れることもない。

かつてヨーロッパでは猫を「魔女の使いだ」と迫害しためちゃくちゃな歴史があるが、今この段階で猫を過度に恐れるというのは、そのめちゃくちゃな言動を再来させるようなもの。闇雲に猫を恐れたり、迫害なんてする必要はないということだ。

おわりに

東大の研究チームがもたらした実験結果はある種ショッキングだが、猫の飼い主に迫られる行動はこれからも変わらない。まずは人間がこのウィルスを世界的に拡散させていることを念頭に、徹底した手洗い、うがいを行うことだ。

これについては、もうほとんどの方が実践できている。

さらに飼い猫を感染させないための手段として、徹底した完全室内飼育だろう。

屋外でもしもキャリア猫に接触してしまえば、飼い主がいくら自分を消毒しても意味がない。

それに屋外には元々危険も多い。むしろ、これまで飼い猫を自由に外出させていたという世帯も、この新型コロナ禍を機に、室内飼育に移行すべきではないだろうか。

飼い猫は、屋外に出さないことで病気、事故、虐待などの影響を受けないのだから。

(参考)
日本経済新聞「新型コロナ、ネコ同士で感染 東大チームが確認」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59044610T10C20A5I00000/

 

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

挟まっちゃったの【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.2)

  • ニュース

ペットロスを癒してくれた保護猫の「マーライオン」 (6.1)

  • ニュース

「猫は、死期を悟ると飼い主の前から姿を消す説」の本当の意味 (6.1)

  • ニュース

みんなやってる。猫の叱り方で絶対にしてはいけないこと。 (6.1)

  • ニュース

マクドナルドのチキンタツタが限定復活なのッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.1)

  • ニュース

猫が「オーバーグルーミング」してしまう理由 (5.31)

  • ニュース

用水路で4日間鳴き叫んでいたサビ猫「フク」 (5.31)

  • ニュース

『抱きしめたい』が聴こえてきそうな猫を見つけてしまった。 (5.31)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る