TOP>ニュース > 車にひかれた子猫を保護。「こぶ平」という名前に込められた猫愛

  • ニュース

車にひかれた子猫を保護。「こぶ平」という名前に込められた猫愛

車にひかれた猫を見つけて…「こぶ平」という名前に込められた猫愛

世の中には、由来が気になってしまうようなユニークな名前を持つ猫もいるもの。そして、その個性的な名前の裏には、飼い主さんと猫の絆が関係していることもあります。今回お話を伺ったポキール(@ShPcZ6s7UmuhUCp)さんの愛猫こぶ平くんの名前には、忘れられない“出会いのエピソード”が深く関係していました。

車に引かれた子猫を発見!

昨年の夏の早朝、いつものように車で通勤していた時、ポキールさんは生後1ヶ月半ほどの子猫がカラスに突かれている光景を目撃。「最初は死んでいるかと思ったので避けて通過しようとしたら、子猫は一生懸命カラスに抵抗していました。」

かろうじて動く後ろ足を必死にバタつかせ、カラスと闘う小さな命。その姿を見たポキールさんは車を止め、子猫に駆け寄ることに。車に引かれたであろう猫の頭には激しい出血やたんこぶが見られました。「様子を見ていた後続車の方が、私が引かれないような形で停車してくださったので、その隙に子猫を抱えて車に戻り、抱っこしたまま会社まで運転しました。」

会社に着くと、ポキールさんは子猫を段ボールに入れ、タオルでくるみ、かかりつけの動物病院が開く時間まで待つことに。

こぶ平ちゃん4

その日は休診日でしたが、電話で事情を話すと獣医師は対応すると言ってくれたため、早退して動物病院へ。

「病院では出血が収まるまで、栄養剤とショック状態を緩和する薬の注射をしてもらいました。車に引かれた時に漏れたうんちとノミだらけの毛が絡まっている状態だったので、洗うのに苦労しました。でも、自己治癒力を高めていたのか、治療中はずっとゴロゴロ言っていて、手がかからず大人しかった。大人しすぎて大丈夫かな…と心配になったほどです。」

こぶ平ちゃん1

その時期は運悪く、病院が夏休みに入る直前。3日ほどしか預かってもらえなかったため、出血が収まった時点で家に連れて帰ることになり、ポキールさんは自宅で子猫を看病することに。

こぶ平ちゃん2

こぶ平という名前は、頭にあったたんこぶを見てつけたのだとか。ユニークに思える名前の裏には出会いの経緯を一生心に刻み、命を大切にしようとするポキールさんの猫愛が込められていたのです。

たんこぶがなくなっても「こぶ平」

その後、治療のかいもあって、こぶ平くんのたんこぶは段々小さくなり、今では傷跡すらも分からなくなりました。ただ、事故によって骨盤がずれてしまったため、後ろ足でうまくジャンプできず、高い所に登って遊ぶことができなかったそう。そのため、ポキールさんは段差の少ないキャットタワーを購入することに。

こぶ平ちゃん3

すると、こぶ平くんは一生懸命トレーニングし、最近では同居している他猫と同じ高さまで登れるようになったそう。「こぶ平は何か遊んでいたりする途中でうまくいくとドヤ顔します(笑)初めて押し入れに乗れた時のドヤ顔は忘れられません。」

こぶ平ちゃん5

おうちに来たばかりの頃、こぶ平くんは寂しがり屋でポキールさんが部屋から離れると涙を流していたそう。しかし、他の猫たちとの交流を通し、寂しがり屋をゆっくりと治療。

「猫たちの中でこぶ平はお笑い担当。今はさびしん坊が治ってしまい甘えん坊だけになってしまったので、逆に私がさびしん坊です」と笑うポキールさんは自身の経験を通し、車に引かれた猫を見つけた時の対処法をこう語ります。「まず、自分が安全でなければなりません。むやみに停車すると追突されてしまうので、止まる気があるなら少し手前からスピードを落として後続車に何かあると思っていただくことが大切。安全を確認したら、タオルなどで包むようにするといいかもしれません。」

たんこぶがなくなっても、こぶ平。猫愛をにじませながら、そう話すポキールさんのもとで、あの日、死に向かっていた1匹の猫は「生」を謳歌しています。

取材協力:ポキール(@ShPcZ6s7UmuhUCp)さん
https://twitter.com/ShPcZ6s7UmuhUCp

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

  • ニュース

【猫クイズ】無毛の猫スフィンクスに「必要なお世話」って? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る