TOP>ニュース > 名前は「ぶらん子」。野良猫の股からぶら下がっていた1匹の赤ちゃん猫

  • ニュース

名前は「ぶらん子」。野良猫の股からぶら下がっていた1匹の赤ちゃん猫

「ぶらん子」という名前に込めた想い

世の中には「どうしてこんな名前なんだろう」と、不思議に思ってしまうような名前のペットも多くいるもの。やよいちゃん(@bura0925)さん宅のぶらん子ちゃんも、そのひとり。つい、遊具を思い浮かべてしまいそうなかわいらしい響きの名前。そこには一体、どんな想いが込められているのでしょうか。

野良猫の股からぶら下がっていた1匹の赤ちゃん猫

ぶらん子ちゃん

「生まれた日から手塩にかけ、愛情たっぷりに育てたせいか、小悪魔的美少女になっちゃって…」と笑う、やよいちゃんさん。ぶらん子ちゃんと出会ったのは、今から4年半前の9月のこと。

その日の夕食時、外から子猫の鳴き声が聞こえたため様子を見に行くと、いつもご飯を食べにきていた野良猫の股から、へその緒が繋がった赤ちゃん猫がぶら下がっているのを発見。赤ちゃん猫は狼狽する母猫に振り回され、泣き叫んでいました。

これはいけない。そう思ったやよいちゃんさんは赤ちゃんを掴み、お母さんから引き離すことに。その後、すぐに地面に置いたものの、母猫はどうしていいのか分からず、動揺。このままではらちが明かず、子猫の命が心配だ。そう思ったやよいさんは、目の前の命を自宅で育てることにしました。

https://twitter.com/bura0925/status/1151869627896496130

保護後、自宅では「ドライヤーで身体を温める係」と「買い出し係」に分かれ、命をなんとか紡げるように奮闘。「これまでにも猫を保護した経験があったので、子猫を育てる大変さは知っていました。だから、2ヶ月間は大丈夫かなってドキドキしっぱなし。心配だったので、余計に甘やかし、わがままになってしまった部分もありますね(笑)」

保護した赤ちゃん猫は、股からぶら下がっていたため「ぶらん子」という名前に。

https://twitter.com/bura0925/status/1243917957098393600

おうちに来てからは結膜炎を発症してしまい、改善のための手術は行いましたが、残念ながら失敗。眼圧が上がり、眼球を摘出せざるを得なくなりました。

https://twitter.com/bura0925/status/1243440519092428803

そんな経験をしたこともあり、ぶらん子ちゃんを迎えてから、やよいちゃんさんは病気のことやご飯のこと、トイレのことなどを今まで以上に真剣に気に掛けるようになったそう。「我が家は多頭飼いで、12年前から猫と暮らしてきました。これまで迎えた猫はみんな猫らしく自由気ままでしたが、ぶらん子は出かける時に寂しがったり、後をついて来たりするのでびっくり。猫ってこんなにも意思の疎通ができるんだと思いました。」

そう語るやよいさんは、ぶらん子ちゃんのお母さんを助けられなかった悲しみを抱えながら、小さな命と向き合い続けてきました。「母猫も保護しようとしたのですが、何度も失敗して…。やっと保護できたのは、動けない状態になった時。病院に連れて行き、手術してもらいましたが、翌日に亡くなってしまいました。」

親子で救ってあげられなかったことや病気によってぶらん子ちゃんが片目になってしまったことなど、心の中に後悔はたくさんあるけれど、片手サイズだった命がずっしり重くなり、ごく普通にご飯を食べて生きてくれている。その事実にやよいさんは日々、大きな喜びを感じています。

https://twitter.com/bura0925/status/1229084372277420033

「ぶらん子は成長しましたが、こちらの接し方が成長しないというか、今も赤ちゃん扱いしてしまいます。ヒーヒーいいながら育てたので溺愛しちゃいますね。ペットロスが本気で怖いです。」

機嫌がいい時には背中でのたうちまわり、尻尾がちょっぴり面白い形をしている…など、ぶらん子ちゃんには、やよいさんしか知らない魅力もたくさんあるよう。

https://twitter.com/bura0925/status/1238436952648503297

一見ユニークに思える名前の裏には、目の前の命を守り抜こうとした“猫愛”が隠されていました。

取材協力
やよいちゃん(@bura0925)さん
https://twitter.com/bura0925

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

  • ニュース

野生目覚めよ!猫の本能をくすぐる猫じゃらし「ばねじゃらし」登場! (6.12)

  • ニュース

2人が寒そうだったから、ブランケットかけたらこんな感じに。 (6.12)

【ランドセル猫】93ー1
  • ニュース

小さすぎ!?世界の珍しい小型猫種3種 (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る