TOP>ニュース > 虐待されて瀕死の状態だった猫が保護されて元気になるまで

  • ニュース

虐待されて瀕死の状態だった猫が保護されて元気になるまで

虐待されて瀕死の状態だった猫が保護されて元気になるまで

今年1月、衝撃的な境遇にあった猫と出会った方がいらっしゃいます。

まずは、こちらのツイートをご覧下さい。

ツイートしたのはイラストレーターの目猫カラスさん(@crow0616

今回、運命的な出会いから亀さんの現状について伺いました。

–亀さんとの出会いは?

「年明け早々、父の仕事場に満身創痍の状態で現れました。我が家には先住猫も沢山居るので感染症の可能性も考慮し、父の仕事場から動物病院に行って白血病とエイズ検査をしました」

悲惨な状況にも慌てること無く対処し、亀さんの治療に努めた目猫カラスさんとそのご家族。そんな目猫さんはこれまで60匹ほどの猫を保護した経験もあり、イラストレーターとして活躍する一方、動物医療関係の臨時看護助手も務めているといいます。

そんな目猫さんだからこそ分かった『虐待の真実』とは?

「首の傷は深く広く、また層状になっており首の太さが同年代の猫よりも細かったんです。これは括り罠や柵にハマって出来た傷ではなく、何度も人為的に紐やロープ、首輪、ワイヤー等をキツく巻き直された人間による虐待の形跡です。同時に人間に対して強いトラウマを持っていると感じました」

–具体的にどんなトラウマ?

「徐々に体力が付いて意識や感情がハッキリしてくると肉体的ダメージ以外のトラウマが浮き彫りになって来ました。例えば人間の立ち上がっている姿を怖がったり、黙って近寄るとケージの隅で身体を強張らせて身を隠したり…」

「また、おしっこやうんちをした後に掃除に向かうと酷く怯えて、個室の隅で縮こまって震えていたことも。亀さんにとって人間の動作には『怖い』という印象が強いようです。そのため、必ず声をかけながら接したり、立ち上がった状態では近寄らない様にしたり、トイレの後はよしよしと撫でてあげながらオヤツをあげたりと工夫しています」

亀さんの心にこびりついた思い出したくない記憶。

「あくまで憶測ですが、虐待者は最終的に亀さんに飽きたのか、亀さんは首を吊られた状態のままで放置され、痩せ細った事で首に巻かれたモノがズレて、死物狂いで噛みちぎり逃げ出したのだと思います。現に亀さんの右奥歯は全て砕け、抜け落ち、右頬の骨も砕けて口内と鼻腔が繋がってしまっています。この傷跡が塞がることは有りません」

しかし、目猫さんご家族の愛情に満ちたお世話により、

亀さんはどんどん体重も増え、元気を取り戻して行きました。

(目猫さんはカラスの保護もされています。亀さんと隣同士♪)

保護した時は2kg程度だった亀さんも約2ヶ月で体重が倍に♪

保護当時と比べ、亀さんの心にも変化があったそうで、、、

「最初は骨と皮だけでギリギリ生きているだけの虚無の状態でしたが、体重が増えて行くにつれて感情や猫らしい仕草が出て来ました」

「徐々に名前を覚えてくれたり、猫じゃらしで遊んでくれたりスリスリしてくれたりとゆっくりと段階を踏みながら猫らしくなっています。最近では不平不満も露骨に表情や態度に示してくれる様になってとても嬉しいですね」

人生最悪の経験をした亀さんが手に入れた人生最高の幸せ。

気になるのは今後の亀さんの猫生ですが、、、、

「人に傷付けられたのに身を寄せてゴロゴロと喉を鳴らしてくれる猫の愛しさと、猫をこんなにした人間への憎しみと怒りで感情のロデオマシーンになっていますが…猫はウチで幸せになります」

最後に亀さんの魅力について伺いました。

「母親からは『猫は猫であるだけで魅力の塊なので亀さんも猫だから魅力しかない』と云う、語彙力の無いオタクみたいな意見しか出て来なかったのですが、追求した所、背中を走る白い柄がチャームポイントだったり、人に傷付けられてまだ怖いのに自分達に対して心を開いてくれた健気さや毎日元気になって行く姿を見せてくれる事が魅力的だそうです。自分もそう思います。あとは鳴き声が可愛いです♪」

亀さんの生活は目猫カラスさんのTwitterで随時更新されています。こちらも是非!

目猫カラスさんツイッター

@crow0616

フリーのイラストレーター・キャラクターデザイナーとして活躍する目猫さんの作品はツイッターやpixivでチェックしてみてください!

pixiv https://www.pixiv.net/users/44390

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

  • ニュース

野生目覚めよ!猫の本能をくすぐる猫じゃらし「ばねじゃらし」登場! (6.12)

  • ニュース

2人が寒そうだったから、ブランケットかけたらこんな感じに。 (6.12)

【ランドセル猫】93ー1
  • ニュース

小さすぎ!?世界の珍しい小型猫種3種 (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る