TOP>ニュース > ペットオーナーが「新型コロナウイルス」に感染したら絶対にすること

  • ニュース

ペットオーナーが「新型コロナウイルス」に感染したら絶対にすること

コロナに感染!ペットの命を守るためにまず、預け先を確保

日々、増え続けている新型コロナウイルス感染者。「もし自分が感染して隔離されたり、発症して入院したら、ペットはどうなるの…?」と不安に感じている一人暮らしの方も多いでしょう。

わが家も、いつもなら長くお願いしていて信頼できるペットシッターさんにお世話を頼むところですが、感染リスクを考えるとさすがにお願いできません(売れっ子シッターさんなので、多くのお宅に出入りしているので…)。ペットホテルも、飼い主がコロナ感染者とわかると、受け入れてくれるところは限られそう…。

ということは、知り合いに個人的にお願いするしかなさそうですが、その場合、少しでも感染リスクを減らすために何をしたらいいのでしょうか。そうした疑問に答えるため、「公益社団法人東京都獣医師会危機管理室感染症対策セクション」がガイドラインを発表しましたので、その一部をご紹介します。

※2020年4月5日時点の情報に基づいており、今後、新しく得られた情報により、内容が更新されることがあります。

コロナに感染した飼い主側が、預け先にペットを連れて行く場合

飼い主側が預け先にペットを連れて行く場合、感染している本人やその方と濃厚に接触している方ではなく、それ以外の人にお願いしましょう。その上で、以下のことに気を付けましょう。

*ペットはキャリーボックスに入れて連れて行きます。

*預かる人は、グローブやマスク、エプロン、メガネなどを装着。

*できれば、預かる側で用意しておいたキャリーボックスに入れ替えて下さい。無理なら、預かったキャリーボックスを次亜塩素酸ナトリウム※(0.05%)などで消毒して下さい※家庭にもある塩素系漂白剤です(例:ハイターなど)。

預かる側が、引き取りに行く場合

感染者がすでに具合が悪く、預ける人を頼めない場合や、頼んでも引き受けてくれる人がいない場合もあります。その場合、預かる側が感染者の家を訪れて、ペットを連れて行くことになります。その場合、飼い主宅はウイルスで汚染されていてさらにリスクが高まるので、以下のことに注意しましょう。

*入室の前にグローブやマスク、メガネ、ガウンなどの防御衣類をつけましょう(廃棄のための容器も用意)。

*できれば2名で赴き、入室する人の防御衣類着脱など、汚染防止に協力してください(汚染環境に入らない人を確保すること)

*預かる側で用意したキャリーボックスにペットを移して下さい。できない場合はキャリーボックスの外側を次亜塩素酸ナトリウム液(0.05%)などで消毒して下さい。

コロナに感染している飼い主のペットは、最初にシャンプーを

飼い主と同じ環境にいたペットには、体表に大量のウイルスが付着しています。また感染して体内にもウイルスが存在している可能性があります(ベルギーでは猫の糞便中にウイルスの存在が報告されました)。そのため、犬でも猫でも、最初にシャンプーをして下さい。界面活性剤でウイルスは死にます。

*シャンプーは、マスク、グローブ、エプロン、メガネを装着して行って下さい。

*可能なら屋外がのぞましいです。

*屋内の場合には、後で消毒しやすい環境を作っておいて下さい(余計なものを片付けておく、ビニールシートで被覆するなど)。

*まず毛をお湯でよく流しましょう。シャンプー剤を使う前に体を振らせないよう注意して下さい。

*よくすすいだ後ドライヤーで乾かし、工程が全て終了したら防護に使ったものを外して下さい。洗濯をすれば再利用可能です。

猫の場合は、爪切り&エリザベスカラーも必須

*猫の場合は、先に爪切りをし、エリザベスカラーを装着するなどの防御をしておきましょう。

*猫の場合、シャンプーが無理ならば、クロルヘキシジン水(0.05%)(※商品名:ヒビテン液、ヘキザック液など)で体を拭いても効果的です。その際にはエリザベスカラーを装着して猫が舐めないように注意しましょう。

*その他、次亜塩素酸水(0.02%)などで清拭するのも効果があると言われています。

できればペットも、14日間の隔離を

シャンプーをすれば、体表のウイルスは除去されているか不活化していますが、ウイルスは保有しているかもしれません。キスをしない、お皿などを共有しないなど注意し、もし可能なら14日間は隔離することが望ましいでしょう。そしてトイレの掃除をする時には、必ずマスクやグローブを使って下さい。

コロナ感染者のペットを無償で預かってくれるサービスもスタート!

ここまで読んで、「こんなに大変だったら、頼める人はいない…」と絶望的な気持ちになっている人も多いのでは?(私もそうです…)。そんな時にSNSで、コロナ感染者のペットを無償で預かってくれる「#StayAnicom」プロジェクトが4月10日からスタートしたというニュースが!


活用予定施設の一例(千葉県)

運営しているのは、ペット保険シェアNo.1のアニコム損保を子会社に持つアニコム ホールディングス株式会社。アニコムの保有する施設の一部を開放し、飼い主が隔離や入院をする間、そのペットを無償で預かってくれます。預かっている間は、アニコムの獣医師を中心とした社員有志が、上記ガイドラインに沿って、二次感染を防ぎながらお世話をするそうです。

そしてすごいのは、このサービス、「困ったら、アニコムにステイしてほしい」という想いをもとに発足したので、アニコムのペット保険に加入していなくても申し込めるということ!

情報は随時更新されますので、興味がある方はtwitterアニコム公式アカウント(https://twitter.com/anicom_inc)をフォローしてチェックを!

取材・文/桑原恵美子

関連リンク

「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと(Ver.1)」(公益社団法人東京都獣医師会危機管理室感染症対策セクション)

https://www.tvma.or.jp/public/items/1-20200406%EF%BC%88COVID-19.pdf

「#StayAnicom|ペットお預かり希望者用フォーム」

※本人またはご家族がコロナウイルスに感染している方のみ申し込み可能

https://service.anicom.co.jp/form/pub/anicompr/stayanicom

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る