TOP>ニュース > 猫も楽しい「完全室内飼い」4つのコツ

  • ニュース

猫も楽しい「完全室内飼い」4つのコツ

猫も楽しい”完全室内飼い”のコツとは?

近ごろは猫の完全室内飼いが主流になっており、四六時中、家の中で愛猫と過ごす飼い主さんも増えてきています。

生まれた時からずっと家の中で暮らしている子は外になわばりを持っていないため、不妊手術を行えば「外へ出たい」と思うことはないといわれているもの。しかし、中には、おうちの中ばかりでストレスが溜まらないかなと心配している飼い主さんもいるのではないでしょうか。

そんな方は、いくつかの工夫を凝らして“猫も楽しめる完全室内飼い”を目指してみましょう。

猫も楽しい完全室内飼いのコツ

①上下運動ができる

キャットタワーの上の猫

猫は横よりも縦の空間が広いことを重視する動物。上下運動は、運動不足の解消や肥満予防にも繋がります。だからこそ、猫と暮らす時はキャットタワーやキャットウォークを設置することが大切。

キャットウォークは滑りにくいよう、木材を選ぶのがおすすめ。上でまどろめるよう、ボックスを設けるのもよいでしょう。キャットタワーは子猫やシニアでも登りやすいよう、取り外し可能な階段がついたものをチョイスすると、高さがあっても長期的に使うことができます。

なお、らせん階段も猫の好奇心を刺激するアイテム。登るたびに景色がグルグルと変化するので、刺激を与えられます。

②ひなたぼっこスペースを設けよう

首を撫でられる仔猫

暖かい場所でのんびりとくつろぐ愛猫は、幸せそうに見えるもの。そんな至福の時間を楽しめるように配慮していくことも、猫を楽しませるためには大切です。

例えば、注文住宅を考えている方はロの字型のコートハウスを検討してみては?真ん中に庭を作り、猫専用のひなたぼっこスペースを設ければ、脱走を防止しながら存分にひなたぼっこを楽しませてあげられます。

賃貸の方は部屋の改造に限りがあるものですが、日当たりのいい場所にソファーやペットベッドを置くだけでも居心地の良さはグっと上がるはずです。

③収納棚は扉付きをチョイス

楽しい暮らしをさせてあげるには、怪我や事故の心配がないような環境を作っていく必要もあります。特に、生後1年未満の子猫がいるおうちや留守が多い場合は、愛猫が飼い主さんの見ていない隙にイタズラをすることもあるため、おもちゃなど誤飲・誤食の危険があるものは収納棚にしっかりとしまうようにしましょう。

なお、引き戸や引き出しタイプの収納棚は器用に開けてしまう子がいるため、扉にやや重さのある扉付きの収納棚を導入してみてください。

④その爪とぎ、愛猫に合ってる?

猫にとって爪とぎは「古くなった爪の外側の層を剥がす」「マーキング」「ストレス解消」など、様々な目的がある行為。家具やカーペットなどで爪とぎをしている場合は爪とぎの数が足りなかったり、好みの形状・材質でなかったりする可能性が高いでしょう。

愛猫が好みやすい爪とぎを見極めるには、普段の研ぎ方に注目。もし、愛猫が柱や壁などをガリガリしているようなら「立ちとぎ派」なので、ポール状の爪とぎを導入すると、家具や住宅への被害が軽減され、猫の満足度も高くなります。

つめとぎはやめさせられない&やめさせてはいけない行為。ストレスが少なくなる対処法を検討していきましょう。

完全室内飼いで本当に猫を幸せにするには、心の健康に目を向けていくことも大切。無理なくできる工夫をひとつずつ取り入れていき、おうちでの生活をもっと楽しく快適にしていきましょう。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る