TOP>ニュース > まさかヘアゴム…?飼い猫のうんちは飼育環境の鏡だった!

  • ニュース

まさかヘアゴム…?飼い猫のうんちは飼育環境の鏡だった!

飼い猫のうんちに見る飼育環境の安全性!

猫の完全室内飼育のもっとも大きなメリットと僕が考えている要素は、排泄物のチェックができること。これだと認識している。

屋外を自由に行き来させている飼育法ではこれができない。猫は屋外でも用を足す。

そのため飼い主が排泄物を確認して回ることはほとんど不可能だ。

そして排泄物は健康のバロメーター。

いい“お手紙”が残されているかどうかをチェックできないというのは、飼い猫の健康管理を一手に任されている飼い主の責任感覚の欠如とも思えてしまうのだ。

だから、猫は完全室内飼育が何よりも適している。

■飼い猫のうんちは飼育環境の鏡!

毛づくろいするサバトラ猫

猫のうんちの内容物を見ると、毛玉や飼い主の髪の毛などが入っていることが多い。

毛づくろいをする手前、猫はどうしても自分の毛を飲み込んでしまうし、すべてを毛玉として吐き出すわけではない。

だから毎回のうんちの際に、毛が混ざる。

飼い主の髪の毛が混ざっていることがあるのは、猫によっては飼い主の頭を毛づくろいしたがる個体もいるからだ。

また、おもちゃに髪の毛が絡まっていて、それを飲み込んでしまうということも考えられる。

誤飲がこれら程度なら問題ないんだけど、厄介なのはそれ以外のものを飲み込んだときだ。

たとえばおもちゃが壊れて、中に詰まっていた小石を誤飲したり(市販されている小さなネズミのおもちゃの中には小石が入っているものもあるので)。

たとえば飼い主が放置していたヘアゴムを飲み込んでしまっていたり。

猫の口の中は、一旦ものを入れると吐き出しにくい構造になっているので誤飲リスクは高い。

そのために本来飲み込んではならないものを、やむなく飲み込む場合もある。

こういったものはしばしば、うんちと一緒に体外に排出される。
無事に体から出てきたのでOK……とはならない。

うんちをしっかりと確認したからこそ、誤飲の事実があったことが分かる。うんちの確認は、飼い主が自分の猫に誤飲を招く環境をもたらしていないか。これをチェックするためにも大事な答え合わせなのだ。

いいうんちをしてもらうには、いい環境を用意するほかなし!

猫が本来口にしてはいけないものを食べてしまう。

これははっきり書いてしまうと飼い主に全責任がある。だって、そんなものを猫の手が届く範囲に置いているのがそもそもの間違いなのだから。

こういう事態を防ぐためにやることは一つ。徹底した飼育環境の整理整頓だ。

環境が整理整頓されてさえいれば、本来食べてはならないものが混入しているという事態は起きない。

うんちの内容物の確認もかなり大事だが、あくまでも答え合わせ。間違いをしないためには、普段から徹底した危機管理をしなければいけない。

おわりに

アメショの子猫

僕は趣味で、昔流行った怪獣消しゴムを集めている。

大体2センチか3センチぐらいの小さなおもちゃだ。当然猫も食べようと思えば食べてしまうだろうから、絶対に飼い猫の前に出すことはない。

99%誤飲する可能性があっても、1%の誤飲リスクがあるなら、おいそれと放置していられない。

悲しいかな、同じ猫飼いの人たちからしばしば「うちの子が○○を飲み込んでしまって、うんちにも混ざってないから病院に行ってきた」という趣旨の報告をされることがある。

ああなってからでは遅いので、あくまでも普段から室内の整理整頓を確実に実行し、そのうえで万が一の場合をいち早く発見するために、うんちの内容物も十分に確認しておこう!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る