TOP>ニュース > 猫エイズは予防接種で防げる?飼い主がすべきこととは

  • ニュース

猫エイズは予防接種で防げる?飼い主がすべきこととは

猫エイズは予防接種で防げる?飼い主がすべきこととは

猫の感染症の中でも比較的有名なものに、猫エイズがある。

この病は空気感染、接触感染で拡がるものではなく、喧嘩の際の咬傷が主な感染経路になると考えられている。

つまり、猫エイズのキャリア猫と喧嘩をし、怪我をしてしまったときなどに感染してしまう可能性があるということだ。

また、猫エイズのキャリア猫が出産をした場合、この感染症を引き継いで生まれてしまう子猫もいる。

猫エイズ自体は活発にならない限りは猫にとって悪い影響はないが、一旦発症してしまうとあらゆる免疫力が低下してしまう。

人間のエイズと同じで、たとえば風邪が致命的なものにもなりかねない。

さらにさまざまな体調不良にも見舞われることとなり、最終的には命をも奪ってしまう恐ろしい病気だ。

そんな猫エイズから飼い猫を守るための方法としてメジャーなものが、予防接種だ。

猫エイズは予防接種で防げる

猫エイズ予防接種

猫エイズに限らない話だが、猫にとって厄介な感染症の大半は、現在では予防接種によって未然に防ぐことができる。

飼い猫に3種混合ワクチンなどを1年に1度接種させており「猫エイズのことも心配だ」という場合には、かかりつけの獣医師さんにお願いするのがいい。

ワクチンさえ打てば猫エイズ発症のリスクで悩むこともなくなる。

既に猫エイズキャリアになってしまった猫に対しては残念ながら効果はないが、健康で病気とも無縁であるという個体に対して、さらに元気に暮らしてもらうための手段としては有意義だ。

猫エイズ対策の予防接種さえしていれば、たとえ猫エイズキャリアの猫と接触しても感染を防ぐことが可能になる。

これは飼い主にとっても、飼い猫にとっても素晴らしいメリットと言えるはずだ。

ところで既に飼い猫がいるという場合に、偶然捨て猫を発見して保護するという場合もよくあること。

このとき、もしも拾った猫が猫エイズのキャリアだった場合にも、事前に予防接種をしていることで元々いる猫への感染拡大を防ぐことができる。

これも感染の拡大を防ぐための、大変重要なポイントと言えるだろう。

予防接種と室内飼育で猫エイズと無縁な環境を

かごに入った仔猫

予防接種で猫エイズの感染を防ぐという対策と併せておススメしたいのが、猫の室内飼育である。

そもそも屋外には数多くの野良猫がいる。

その野良猫の中には、猫エイズをはじめとするさまざまな感染症のキャリアもいない保証はない。

屋外に猫を出して、しかも予防接種もしていないという飼い主が、いざ自分の飼い猫が感染症になってしまって途方に暮れる……というケースもこれまで山ほどあった。

これでは飼い主の落ち度で飼い猫が割を食ったようなもの。

そんなことを防ぐには、第一に飼い猫を屋外に出さず、完全室内飼育に移行すること。これである。

室内から出さないことで交通事故や虐待のリスクもゼロにできる。利益は大きい。

そして第二に、万が一に備えてしっかりと猫エイズなどの予防接種を受けさせておくことだ。

完全室内飼育を実践していても、もし飼い猫が脱走してしまい、しかも予防接種も受けていないのであれば大変な問題となる。

屋外には野良猫も未だに多い。もし鉢合わせになって感染症をうつされてしまっては、飼い主としては悔やんでも悔やみきれないものだ。

予防接種前に猫エイズになったからと言って必ず発症するわけではない

立ち上がっているシルバー猫

ところで、猫の保護活動をしている団体の開催する譲渡会では、たまに猫エイズキャリアの猫の里親さんを募集している場合がある。

猫エイズという文字を見てしまうと身構えてしまうという方も多いだろう。

ただ、譲渡会で出会った猫エイズキャリアの子の里親になる人は結構多い。

これはなぜか。

この病気のキャリアになってしまった猫で譲渡会に出ている個体のほぼ100%が、自分自身の免疫で猫エイズのウィルスの活動を抑えている状態。

つまり一切の悪影響を現段階では封じ込めることに成功しているという状態なのだ。

そのため、この状態を長くキープすることができれば、一生害がないままということも可能になる。

そして生涯猫エイズの発症を抑えるためのポイントが、ストレスのない生活を送らせることにあるという。

人間と同じだ。

猫も生活のストレスが蓄積すると、病気になりがち。まして猫エイズのキャリアともなれば、そのストレスがすべてを狂わせるきっかけになりかねない。

だからこそ、ストレスをあたえない飼育を実践することで、寿命で天国に行くまで猫エイズの悪影響を表面化させないこともできる、というわけだ。

おわりに

猫エイズは一度発症してしまうと、もう具体的な対処は難しくなる。

だからこそ大事なのは、そもそも発症させるような要因を作らないこと。そうして飼い猫を守ることだ。

そのために有効な手段が予防接種ということになる。

猫エイズの発症と無縁の生活を送ってもらうことは、飼い主が飼い猫にあたえるべき安心できる環境要因の一つと考えてもいいはずだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

魔女の使い魔?免疫力が強い?黒猫の謎に迫ってみた。 (10.26)

  • ニュース

あなたが眠りにつくときの姿勢で分かる○○【心理テスト】 (10.26)

  • ニュース

猫が飼い主のお風呂上がりをドア前で待つのはどうして? (10.25)

  • ニュース

世界初!猫アレルギーの原因物質を中和するキャットフード「ピュリナ プロプラン リブクリア」 (10.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る