TOP>ニュース > 新型コロナウィルスの予防は飼い主、犬猫共同戦線で挑もう!

  • ニュース

新型コロナウィルスの予防は飼い主、犬猫共同戦線で挑もう!

コロナウィルスの予防は飼い主、犬猫共同戦線で挑もう!

目下全世界で猛威を振るっている新型コロナウィルス。

感染者は日に日に増える一方だが、気になるのはペットにも感染してしまったという事例が報告されている点である。

2月下旬に香港在住の女性の飼っている犬に、新型コロナウィルスの感染が確認された。当初この犬は、感染こそしたものの発症の兆候は見られなかった。

ただ、朝日新聞デジタルが3月18日に報じたところによると、この犬は香港政府指定の施設で隔離ののちに3月14日には飼い主の女性の元に戻され、その2日後に死亡したとされている。

隔離中には新型コロナウィルスによる病変などは見られなかったとされており、犬は17歳と高齢だったため、ウィルスとの因果関係は不明ではある。せめて最期は飼い主と一緒にいられて良かった……と思うしかない。

しかしこの一件によって、犬も新型コロナウィルスの陽性反応を見せることが分かったということだけは事実である。

飼い主から犬猫への感染を予防することを意識する時期かも

握手する人の手

元々この新型コロナウィルスがいつから世界的に拡散していったのかについては未だ判然とはしていない。

だけどほんの少し前までは今ほど世界中も危機感に覆われることはなかった。

今では単に個々人の健康被害云々を心配するというレベルではなく、世界中でリーマンショック並みの大不況に至る可能性まで現実視されるようになってきた。

ここまでの感染力の高さを誇るウィルスで、しかもペットの犬にまでも若干の陽性反応が出るということは、ペットの飼い主さん各位にとっては脅威がまた一つ増えたということになる。

今のところ猫にこの新型コロナウィルスが感染したという報告はないが、何にせよ用心するに越したことはない。

個人レベルでできる用心にも限度はあるが、まず第一に予防の徹底。これを重視するしかないだろう。本当に、1か月前にはここまでの事態になるとは思いもよらなかったが、こうなってしまった以上は飼い主が努力をして自身とペットを守り切るしかない。

犬猫のためにも手洗いの徹底で新型コロナウィルス予防を

黒猫と赤毛の犬

具体的にどういう行動が新型コロナウィルスの予防になるのか。

これについてはもう各メディアが散々言っていることだけど、手洗いの徹底である。

巷ではマスクやらトイレットペーパーやらが危機感とデマに惑わされた人たちにとって買い占められているが、肝心要の予防のために活躍する消毒液や殺菌できるハンドソープなどはまだチラホラ見かける。

こうしたものをしっかり使い、なければせめて水洗いだけでもいいので、しっかりと外出後には手洗いをすることがとても大事な局面になった。

愛犬家の方々は、毎日の散歩でどれだけ短い時間の外出であっても、帰宅後はきちんと手洗いをすることが予防になる。
そしてこれが愛犬を守ることにもなる。

なぜなら冒頭で触れた香港の事例では、“人から犬に新型コロナウィルスが感染したとみられる”との報道もあったからだ。

自分の落ち度でペットの犬猫を危険にさらしては元も子もない。

実際に、人から犬猫に感染するかどうかのデータも出揃っていない中なのでうかつなことは書けないものの、そもそもエビデンスがないのが新型コロナウィルス。ここは用心して予防に予防を重ねるぐらいの心意気で臨みたい。

また、繰り返しになるが現時点では猫に新型コロナウィルスの陽性反応が出たという報道は見当たらない。

ただし今はこのような状況なのでとても動物の感染まで目が行き届いていないだけ、ということもある。やはり自宅に猫がいるという飼い主さんは、帰宅後は飼い猫に触れてスキンシップをする前に、入念な手洗いを実践すべきだろう。

こうすることでコロナウィルス以外にも外出した際に付着した細菌を除去できるわけなので、やらない理由もない。

飼い主自身が倒れては意味がないので、人混みを避ける生活で新型コロナウィルス予防を

キジトラ猫とハスキー犬

手洗い以外にも、犬猫を守るために飼い主ができる努力はいくつかある。

たとえばうがい。これはもう新型コロナウィルスに限らず、いろんな感染症を予防するメリットがあるので、やらない手はない。手洗いと併せて実践したいところだ。

それから水分の定期的な摂取もおススメ。

口腔内が乾燥すると、外から吸い込んだ様々な細菌が溜まりやすい。しかしこれも水分補給を意図的に多くすることで飲み下すことができる。

さすがの新型コロナウィルスも胃液には勝てないので、水分補給は飼い主さんが犬猫を守るための地味だけど堅実な手段だ。

そして何より、これだけ急激に感染者が増えてしまった背景には、莫大な規模のヒトヒト感染がある。

人の往来が激しい場所で感染者が新型コロナウィルスを拡散させてしまい、最悪の事態になりつつある国も出てきている。アメリカでは新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、3月14日には国家非常事態を宣言した。

感染者数に歯止めがかからず、もっとも甚大な被害を受けているイタリアでは、既に2978人が亡くなったと18日に発表している。致死率自体は低いウィルスであるが、感染者が爆発的に増えると短期間でここまでの死者が出てしまうことを忘れてはいけない。

ヒトヒト感染がかなりの頻度で発生している以上、飼い主さん各位はできるだけ人混みを避ける生活を送るべきだろう。可能であればテレワーク出社を選択し、それができなければ公共交通機関をできるだけ使わないという生活。これを推奨したい。

人口密集地である都市部の飼い主さんとしては「それができれば苦労はしないよ」と言いたくなるだろうけど(汗)。

おわりに

とにかく、日本はどうやら元々衛生観念が比較的高いことが幸いして、感染者数の推移も他国に比べるとそこまで悪くはないという。普段からうがい、手洗いという当たり前の行動が身についている人が、それだけ多かったということだろう。

この調子で新型コロナウィルス禍を、1日でも早く終息させ、ペットの犬や猫たちとの穏やかな日々を取り戻していこう。

飼い主さんが帰宅すると、大喜びで駆け寄る犬や猫は多い。そのまますぐに撫でたくなるがグッと我慢して、手洗い、うがいだ。

ペットたちには我慢を強いることになるが、これも安全と安心のため。

そういう意味ではまさに新型コロナウィルスに対しての飼い主とペットの共同戦線と言えるかもしれない。

(参考)
新型コロナ感染の犬が死ぬ 香港、隔離中も発症はせず
https://www.asahi.com/articles/ASN3L3R7XN3LUHBI00T.html

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫が「オーバーグルーミング」してしまう理由 (5.31)

  • ニュース

用水路で4日間鳴き叫んでいたサビ猫「フク」 (5.31)

  • ニュース

『抱きしめたい』が聴こえてきそうな猫を見つけてしまった。 (5.31)

  • ニュース

パパン、〇〇〇しない?【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.31)

  • ニュース

今のあなたに最適な暇つぶし方法って? (5.30)

  • ニュース

猫は仲間を呼んだ!犬は連れ去られた!【まんが】 (5.30)

  • ニュース

飼い主の指を噛んじゃった仔猫が我に返った決定的瞬間 (5.30)

  • ニュース

現代の小豆洗い、アライグマと猫との関連性 (5.30)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る