TOP>ニュース > 洗う順番は決まっている?猫の「顔洗い」には深い理由があった!!

  • ニュース

洗う順番は決まっている?猫の「顔洗い」には深い理由があった!!

猫が顔を洗う深〜い理由

猫が顔を洗うのは、ほとんどの場合、食事の後です。顔は直接、舌でなめることはできないので、前脚を舌で濡らし、器用に使って顔を洗うのです。またよく観察すると、洗う順番があることもわかります。

  1. まず、口のまわりを舌でなめてきれいにします。

 

  1. 前脚をなめて湿らせ、その前脚でヒゲをこすります。次に反対側の前脚を湿らせ、反対側のヒゲをこすります。これを何度もくりかえし、両側のヒゲをきれいにします。

 

3.ヒゲの掃除が終わったら、次は顔全体を洗います。前脚をなめてはこすり、なめてはこすり、を繰り返します。

4.最後に前脚をていねいになめて汚れを取ります。

これで顔洗いのフルコースが完了します。でもなぜ、フードを食べたからといって顔が汚れるわけでもないのに、顔洗いをするのでしょうか。

顔を洗う理由1…獲物を食べていた時の名残り

猫は自然界で暮らしていた頃は、生きた獲物を殺して食べていました。食べやすいキャットフードと違い、鳥や虫、小動物は、食べると顔にさまざまな汚れが付着します。そのままにしておくと不潔ですし、腐敗した食べ残しが皮膚病の原因になりかねません。そこで食後に、口のまわりや顔をきれいに洗うという習慣が、遺伝子に組み込まれたのです。

何をおいてもまず最初にヒゲを洗う、ということから、ヒゲが猫にとって大切な感覚器官であることがわかりますね。

顔を洗う理由2…ニオイを消す

排泄の後の砂かけ行動にもあらわれているように、猫の本能の重要ポイントのひとつが「ニオイを消す」こと。自然界で、鳥や小動物の食べ残しを顔に付けたまま行動すると、そのニオイが周囲に伝わります。猫は待ち伏せをして狩りをする動物なので、体にニオイが付いていると、相手に気づかれてしまいます。そこでニオイが残らないように、食後に熱心に顔を洗うのです。

猫が耳の後ろを洗うと雨が降る、は本当?

普通の食事の後の顔洗いとは別に、耳の後ろを洗うことがあります。昔から「猫が耳の後ろを洗うと雨が降る」と言われますが、本当でしょうか。

一説によると、低気圧が近づいて空気中の湿度が高くなると、耳の後ろ、あるいは耳の中の毛がその湿度の変化を察知します。猫は水が毛に付くのを嫌う動物なので、その湿気が不快なため、一所懸命洗おうとするともいわれています。

もうひとつの説は、グルーミングによって不安を悟られないようにするため、という理由。猫は、失敗をしたり、怒られたりした時に、不安を隠すために関係のない行動(爪とぎ、グルーミングなど)をする習性があります。猫の聴覚は非情に敏感で、人間には聞こえないような小さな音も聞き取ります。遠くでカミナリが鳴ったり、豪雨の音がしたりすると、猫は聞きなれない音に不安を感じます。そのために、グルーミングをして不安を隠すというのです。

こう聞くと、「耳洗いは雨の予兆」というのは、まんざら迷信ではないかもしれませんね。

文/桑原恵美子

参考資料/「猫好きが気になる50の疑問」(加藤由子著・サイエンス・アイ編集部編・ソフトバンク クリエイティブ刊)「ネコに遊んでもらう本」(博学こだわり倶楽部編/河出書房新社)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

  • ニュース

野生目覚めよ!猫の本能をくすぐる猫じゃらし「ばねじゃらし」登場! (6.12)

  • ニュース

2人が寒そうだったから、ブランケットかけたらこんな感じに。 (6.12)

【ランドセル猫】93ー1
  • ニュース

小さすぎ!?世界の珍しい小型猫種3種 (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る