TOP>ニュース > 子猫が大人になると「しないこと」&「できないこと」

  • ニュース

子猫が大人になると「しないこと」&「できないこと」

子猫だけに見られる特徴

メスの猫は日照時間が長くなると発情するので、春(2~4月)が発情期といわれています。つまりこれからが、子猫が生まれるシーズンなのです。そこで、「子猫だけに見られる特徴」について調べてみました。

ひとり遊び

子猫はよく、ひとり遊びをします。母猫の尻尾でも、自分の尻尾でも追い回して遊んでいますし、風で落ち葉が落ちてきてもそれで遊びます。でも知能の発達とひとり遊びの頻度は反比例し、大人になると猫同士で遊んだり、飼い主に遊びをせがむようになったりします。これは落ち葉は単なる落ち葉であり、尻尾は単なる尻尾だと認識するからです。

そういえば最初に飼った猫は、子猫のうちはボールペン1本を与えておくと、転がしてずっと遊んでいましたが、ある日突然、やらなくなりました。その日が、大人になった時だったのかも…。

蛇口から水を飲む

子猫は、蛇口から水を飲みたがる傾向があります。これもひとり遊びと同じで、見えるのにつかめない水が不思議で、好奇心からパンチしようとしたり、飲んでみたりするのです。だいたい2歳くらいになると、水の性質がわかってくるので、やらなくなることが多いようです。

犬と仲良くできる

猫は生後2週間から7週間までに暮らし始めた動物は、同じ仲間だと勘違いします(動物行動学では「誤解発」と呼ばれる現象です)。だから仲良くなれるのですが、年齢が高くなってから出会うとなかなかそうはいきません。猫は寡黙ですので、わんわん吠える犬は苦手に感じますし、大きい犬だと恐怖心からストレスを強く感じてしまうのです。

 ほかの猫と仲良くできる

これも「誤解発」で、子猫のうちからいっしょに育てると、同じ種類だと考える「同一視」が起こるので、勝手に仲良くします。しかし大人になってから会い、親や兄弟と違う臭いだと感じると、仲良くなるのは難しいもの。中には一生、仲良くなれない猫同士もいますので、家の中の縄張りを離して、ストレスを減らす工夫が必要です。

フード以外のものを食べる

警戒心が強く、ペットフード以外のものは口にしない猫も少なくありませんが、子猫の時に母猫がくれるものは何であれ、食べ物だと認識して必ず食べます。また親が食べている物も、「食べていいもの」と認識するので、食べます。だいたい、生後3か月までに食べさせたものは、「食べ物」として認識するといわれています。

ですから、イタズラで子猫に人間が食べているもの(ハムやかまぼこ、塩鮭など塩分があるもの)をあげると、その味を覚えて欲しがるので、将来病気になりやすくなります。絶対にやめましょう。

文/桑原恵美子

参考資料/「今泉先生教えて! 一度は猫に聞いてみたい100のこと」(今泉忠明著、宝島社) 「ネコに遊んでもらう本」(博学こだわり倶楽部編/河出書房新社)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

無防備な猫の瞬間をとらえた写真集「へそ天にゃんこ」 (5.25)

  • ニュース

「猫の耳が熱い」謎がやっと解明された。 (5.25)

  • ニュース

猫をリードに繋いで散歩することに大反対したい。 (5.25)

  • ニュース

不機嫌な猫『グランピー・キャット』が亡くなったんですってッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.25)

  • ニュース

自分では気づかない。あなたは周りからどう見えている? (5.24)

  • ニュース

里親探しを止めて「うちの子」に。猫の名前は「とんぼ」。 (5.24)

  • ニュース

性別によって違う?猫にも“利き手”があることが判明! (5.24)

猫の利き手4
  • ニュース

夫婦漫才 ミカとジョージ 其の二【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.24)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る