TOP>ニュース > 猫に興味がなかった夫が猫を溺愛する男に変わるまで

  • ニュース

猫に興味がなかった夫が猫を溺愛する男に変わるまで

あんなに動物が苦手だったはずなのに一体、ナゼ…。

今回の主人公は、たくさんの猫と楽しそうに遊んでいるこちら男性。

一人の男性の人生を変えた、猫との物語。

彼の心の奥底に眠っていた“猫変態”の意識はどのようにして芽生え、花を咲かせたのか?そこにはたくさんのドラマがありました。

現在、奥さまと共に3匹の保護猫と暮らしているご主人。猫ちゃんたちは遊びたい盛りのお年頃。

一番左は1歳8ヶ月の墨太郎くん。臆病で甘えん坊な男の子。

グレーの猫ちゃんは女の子なのに名前が米次郎。耳が聞こえないけどみんなに優しい性格。そして、白黒の又三郎ちゃんはまだ生後8ヶ月。こちらも女の子です。

3匹ともとっても可愛いですが、ご主人に大きな影響を与えたのが一番先輩の墨太郎くん。
その出会いは衝撃的だったと、奥さまのライスさん(@kome_ne_zu_mi)が話してくれました。


墨太郎くんとの出会いは?

「私が長期の旅から帰って3日目、当時付き合っていた夫と久しぶりに会ってドライブへ。すると30キロほど走ったところでエンジンルームから猫の声がしている事に気づきました。ボンネットを開けてみると、中にしがみついている黒い仔猫を発見したんです」

「仔猫を手に取って車内に戻ると仔猫は気絶してしまいました。それから獣医に診てもらったり、里親を探したりしましたがすぐに情が移り手放すのが惜しくなったんです」

当時、タトゥーアーティストとして独立する予定だった奥さま。墨太郎くんとの出会いを機に「開業」「婚約」「猫と暮らせる家探し」と生活全てを変え、ご主人と共に猫との暮らしが始まることに。

しかし、ご主人はそもそも猫に興味がなかったはず…大丈夫だったんでしょうか?

「夫は猫が苦手というよりも、それまでほとんど接したことがなかったため猫好きの人の気持ちが分からなかったんだと思います。私が猫の魅力を伝えても『ふーん…よくわからない。自分はこれからもそんなに興味を持つ事はないと思う…』みたいな感じでした」

それがなぜ猫との暮らしを受け入れることに?

「それが不思議で…。黒猫を拾ってすぐに愛着が湧いたのか意外にも嬉しそうでした。正直、どうして猫を受け入れてくれたのか分かりません。ただ、黒猫を可愛がり、笑顔を見せてくれたことだけは印象に残っています」

はじめのうちは墨太郎くんが何かを察したのかご主人と距離をとっていたそうですが、徐々に距離も縮まり、ご主人の対応も変わっていったといいます。

その後、さらに2匹を迎え入れたご夫婦。実はここからでした、本当のドラマは。まずは、米次郎ちゃんとの出会いから。


米次郎だけど女の子です!

「私は自宅でも度々業務をしているのですが、なかなか墨太郎を構ってやることができなかったため、同い年の猫を探し始めました。すると、ブリーダーが放棄したオス猫を保護活動家の掲示板で見つけて。お試し飼いとしてうちに来てもらったんです」

しかし、ここでとんでもない事態が!

「その子は掲示板には表記のなかった身体障害のひどい子でした。性別も誤診表記されてたり。詳しく経緯を聞くと保護活動家の獣医もまともな話をしてくれる方ではなかったんです。その時ですね、夫の猫への愛情を最も感じたのは」


一体、ナニが!?

「普段は物静かな夫がその時は感情が高ぶったのか激高し、こうなったら自分が育てる!と息巻いてそのまま連れて帰ったんです。いい加減な対応を繰り返す保護活動家に毅然とした態度を見せる夫に、私も驚きました」

それは、奥さまが初めて目の当たりにした、怒りをあらわにするご主人の姿でした。可哀想な米次郎くんのためとはいえ、まだ家族でもない一匹の猫。猫に興味がなかったご主人の中で何かが変わった瞬間だったのかもしれません。

そんな中、3匹目の家族となる又三郎ちゃんとの出会いが訪れます。

「又三郎は私のお客さんが『風邪で行き倒れている仔猫を拾ってしまった!飼えませんか!?』と連絡をしてきたのが始まりです。3匹目はキツいのでは…と思って夫に相談すると、いろいろ考慮した結果『飼える!』と言ってきました」


やったね!

「思えば、もうこの時には立派な愛猫家になっていたのでしょう笑。ただ、勝手に私たちはオス猫と思い込んでいたので名前は又三郎になってしまいましたが…」

こうして、3匹との暮らしがスタート。意外な猫愛が明らかになったご主人はちゃんとお世話をしていたんでしょうか?

「最初のうちは餌のやり方やフンの始末の勝手がわからず、私が世話を焼いているのを遠巻きに見ていましたが、今は私よりも素早く動いて率先して面倒をみてくれています」


この顔を見れば幸せと分かる


仲良し3兄妹になれて良かった

「猫には興味がないし、これからもそう」

数ヶ月前に、そう話していたご主人。今現在の様子は?

「猫たちは夫に対し、遠慮なく甘えたり不満をぶつけにいっています。夫は猫たちについて『飼っている、ペットと言いたくない』と言い出すほどになっています」


ようこそ!猫変態の世界へ

奥さまによると「ここまで猫に親切に接してくれるようになるとは想定外」だったとか。今や、3匹すべてに愛情を注ぎまくるご主人だそうですが、中でも特に気にかけているのは最初に出会った墨太郎くん。

「墨太郎が拗ねてしまわないように『スミタロウ・ファースト』という造語を作って家訓にしているほどですから笑」


黒猫好きの筆者もなんか嬉しい♪

最後、ご夫婦にとって愛猫はどんな存在なのかお聞きしました。

「愛くるしい家族であり、愉快な隣人であり、私たちの力で幸せにせねばならない存在かと思います」

ライスさんツイッター
@kome_ne_zu_mi

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

簡単そうで難しい問題!ペットにとって最適なフードの選び方とは (6.17)

  • ニュース

飼育6年目で初繁殖に成功!神戸どうぶつ王国で双子のサーバル赤ちゃんが誕生 (6.17)

  • ニュース

素朴な疑問。猫の女の子にも冷え性が多いのか? (6.15)

  • ニュース

可愛くて使える!猫好きさん必見のキッチンツール4選 (6.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る