TOP>ニュース > 500匹の猫と暮らした文豪の、“猫愛”ゆえの遺言とは?

  • ニュース

500匹の猫と暮らした文豪の、“猫愛”ゆえの遺言とは?

生涯で暮らした猫は500匹以上!

“猫好き”で知られる作家は数えきれないほどいますが、その筆頭にあげられるのが、「鞍馬天狗」「赤穂浪士」などの小説で知られる国民的作家・大佛次郎(1897~1973)です。常に10匹以上の猫と暮らしていて、「生涯でいっしょに暮した猫の数は500匹以上にのぼる」と、本人が語っているほど。


『大佛次郎と猫: 500匹と暮らした文豪』(大佛次郎記念館 監修/小学館)

飼い猫の“定員”は、一度に15匹まで       

大佛次郎の愛猫家ぶりが広まると、飼えない猫を大佛邸に捨てに来る人が激増し、常に家の中に10匹以上の猫が駆け回っている状態に…。それでも、大佛次郎以上に猫好きな奥さんが拾ってしまうので、ある時ついに、大佛次郎は家族にこう宣言しました。

「猫が十五匹以上になったら、おれはこの家を猫にゆずって、別居する」


『大佛次郎と猫: 500匹と暮らした文豪』(大佛次郎記念館 監修/小学館) 

この宣言が功を奏して、それ以降、猫の数は15匹でストップ。15匹の飼い猫たちは、各自のお皿を与えられ、食事時には15個のお皿が並べられました。ところがある時、大佛次郎が数を数えてみると、16匹の猫がいたのです。

奥さんに「一匹多い、おれは家を出るぞ」と言うと、奥さんは、こう答えたとか。

「それはお客さまです。御飯を食べたら、帰ることになっています」

猫について書いた読み物は、約60編!

このような、猫愛あふれるエピソードが多く残っているのは、随筆など猫について書いた読み物が、約60編もあるからです。特に名作との評価が高い童話『スイッチョねこ』は、今も愛読され続けているロングセラー。


秋の昆虫スイッチョと白子猫の物語『スイッチョねこ』(大佛 次郎 著 安 泰 (イラスト)、フレーベル館)


『猫のいる日々 〈新装版〉』 (大佛次郎著、徳間書店)

亡くなる4日前、自分が亡き後の猫の飼い方に“注文”

大佛次郎の猫愛の深さを紹介した『大佛次郎と猫: 500匹と暮らした文豪』(大佛次郎記念館 監修/小学館)という本の中で特に私の心に残っているのが、巻末で明かされている養女・野尻政子さんのお話です。

大佛次郎は昭和48年4月30日に築地の病院で息を引き取りましたが、その4日前に妻と政子さんを病室に呼び、「大佛家の今後の猫の飼い方について注文をつけた」というのです。

「猫は5匹以上に増やさない、ぜいたくをさせない、十分に食べられない人たちもいるのだから」

当時、大佛家では逗子の小坪からやってくる魚屋さんから新鮮な小アジを買い、これをオーブンで焼いて、猫の常食としていました。ある意味、貧しい人たちよりも贅沢な食生活であり、猫愛とともに人間愛にもあふれていた大佛次郎は、そのことに後ろめたさを感じていたのでしょうか…。

しかし、この遺言は結局守られませんでした。大佛次郎の妻が生姜55年に亡くなった時、大佛家には12匹の猫がいました。それらの猫はすべて、大佛家のお手伝いさんの実家のある信州に引き取られていったということです。

大佛次郎が収集した猫グッズを展示

大佛次郎は膨大な数の猫グッズのコレクターとしても知られていて、生涯に蒐集した猫の人形や絵は300点以上にものぼるといわれています。

横浜の「港の見える丘公園」内にある「大佛次郎記念館」には、大佛次郎の書斎兼寝室が再現され、猫の置物も常設展示されています。また館内で販売されている記念グッズも、猫の缶バッジや、大佛次郎が描いた猫のイラストのコースターなど、猫グッズが多数あり、猫好きに大人気だとか。

そんな大佛次郎の愛猫家ぶりを伝える写真展も毎年開催され、多くの人が訪れています。2020年の展覧会では大佛次郎自らが撮影した猫のカラー写真も初公開(写真展スケジュールは、「大佛次郎記念館」ホームページでご確認を)。


大佛次郎自らが昭和40年代に自宅で撮影した猫のカラー写真 (初公開)(撮影 石居延弘) 

文/桑原恵美子

参考資料/『大佛次郎と猫: 500匹と暮らした文豪』(大佛次郎記念館 監修/小学館)

◎関連URL 大佛次郎記念館 http://osaragi.yafjp.org/info/5207/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る