TOP>ニュース > コインロッカーに猫を閉じ込め捨てた女、書類送検

  • ニュース

コインロッカーに猫を閉じ込め捨てた女、書類送検

「家族に反対されて」

現在、ペットを取り巻く環境は、昔ほど粗雑ではなくなった。

食べさせるものも栄養価が高く、病気をしたら当たり前に獣医に診てもらうことができる。犬であれば日々の散歩も当然で、猫なら完全室内飼育でかなり長生きするようになった。

それでも、まだペットとの関係性を作ることができないまま、動物に手出ししてしまう人がいる。これは本当につらく、残念なことだ。

飼えない猫をコインロッカーに閉じ込め遺棄…

ライブドアニュースなど、複数のウェブニュースサイトが報じたところによると、神奈川県警大船署は2月20日、動物愛護法違反の疑いで、鎌倉市在住の会社員女性(30)を書類送検したとある。

この女性、飼育するつもりで猫を知人から譲り受けたが、家族に反対されて捨ててしまったと供述しているのだが、問題は遺棄した事実とその場所。

女性は昨年12月10日、鎌倉市大船の商業施設のコインロッカー内に猫を閉じ込め、そのまま遺棄したと報じられている。真冬のさなか。狭くて冷たいコインロッカー内に猫を遺棄して立ち去るとは、正直言って考えられない非道な所業である。

遺棄当時の猫は白色で推定生後3か月のオス。

家族に飼育を反対されるということは、譲り受ける前に相談もしていなかったという可能性が高い。
30歳にもなって、その辺りの報告・連絡・相談すらせずに猫を飼おうとする人がいたことに、開いた口が塞がらない。

捨てられた白猫、無事に保護され現在は里親と暮らす

もちろん、猫は危機を感じれば全力で鳴く。喉が潰れるまでSOSを出し続ける。

コインロッカーに遺棄されたこの猫は、翌11日に通りがかりの女性の通報により、商業施設の警備員によって救助された。

そして防犯カメラをチェックした結果、猫を遺棄した女性の姿が映っており、これが特定の決め手となった。

なんと言うか、安直な猫の譲り受けもそうだが、家族に反対されればコインロッカーに押し込めるわ、その様子を撮影されているわ、散々である。

怪我の功名と言おうか、「こんな人がペットを飼うことを許諾されなくて、逆に良かった」と思ってしまう節もある。

ところで今回、可哀想な目に遭った白猫だが、もちろんちゃんと生きている。

彼は現在、里親さんの元で元気に過ごしているということだ。

おわりに

それにしてもこの女性。飼えないのに引き取り、案の定家族に反対されて遺棄。もう、最悪である。

こういうことを未だに安直にやれる人がまだ残念ながらいるのは悲しい。

今年の夏で5歳になる我が家の白猫も、元々は遺棄されたのを拾ったという経緯がある。それだけに、この事件は色々と猫の可愛そうな境遇がダブってしまい、何ともつらい気持ちになった。

だが、ペットを取り巻く環境自体は向上しているし、飼い主それぞれのモラルも年々高まっているのも事実。

だから、いつかそんなことをする人なんて出なくなるような日が、きっと訪れるはずだ。

一日も早く、そういう日が訪れるのを待ちたい。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る