TOP>ニュース > 百円均一の毛糸を使ったクッション。猫に素敵な贈り物が届いた。

  • ニュース

百円均一の毛糸を使ったクッション。猫に素敵な贈り物が届いた。

猫に素敵な贈り物が届いた。

ペットとの暮らしを豊かにするアイテムを、自分で作ってしまえる人がいる。
いわゆるハンドメイドでのペット用品作りが可能な人々だ。

僕は不器用なので、せいぜい窓枠に格子を付けるぐらいしかやったことがない。
でも、世間には意外と、ペットが喜ぶアイテムを自作できる人は多いようだ。

■3頭の猫に素敵な贈り物が届いた…

毛糸のクッションに乗る3匹の猫

先日、毛糸で編んだ猫用クッションをプレゼントしてもらった。それも3つも。

ふわふわの糸でできており、人間が使うには薄いが猫にはちょうど良い塩梅。

開封して敷いてみると、さっそく我が家の3頭の猫も集まってきて、くんくん匂いを嗅いで。
そうしておもむろに腰を下ろした次第だ。

どうも彼らは、この贈り物がかなりお気に入りのようで、3頭ともが毎日しっかり活用している。

■百均の毛糸でも十分立派なペット用クッションが作れる!

くつろいでいる白猫と黒猫

聞けばこの素敵な贈り物、百円均一の毛糸を使って編んだということで、「既製品を買うよりもかなり手頃だなぁ」と感じいった次第だ。で、クッションが作れるなら、百均の毛糸を使って、他にもペット用の簡単な洋服なんかを作れる器用な人も、きっといるんだろう。

そういえば僕の祖父母は小さな洋装店をやっていた。

仕事の関係上、毛糸が山ほど余るので、キューピー人形用のドレスを作ったり、飼っていたハトが怪我をして飛べなくなったときは「これ幸い」とハトに着せるケープを編んだりもしていた。

ちなみにこのケープはのちに僕が縁日で買ってもらったカラーひよこが成長した雄鶏に引き継がれ、冬場に大活躍した記憶もある。

鳥にも衣装……というのはちょっとマイナーだけど、たとえば手先が器用な方なら、愛犬や愛猫用に色々と作ってあげる楽しみも、きっとあるんだろうなぁ~。

おわりに

くつろいでいるキジ白猫

クッションなど、寒さ対策のグッズを毛糸を使って自作することで、我が家のペットたちに喜んでもらえるのは間違いないこと。
既製品もいいが、高いしお気に入りの柄がないと、ちょっと手が出ないということもあるだろう。

それなら、編み物ができるという場合は自分で作ってしまうというのは、実に合理的な話だ。

さて、我が家に届いたクッションは、3頭の猫のお昼寝のお供として大活躍中だ。

かわいい寝顔を、真新しいクッションの上で見せてくれる飼い猫たちに、親バカ心が大爆発しまくっている。

ああ、僕も手先がもう少し器用だったらなぁ~。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫砂に人生を捧げた「エドワード・ロウ」って知ってる? (6.14)

  • ニュース

あなたの足も猫足に!「能ある猫は、爪隠す」シリーズから猫が爪を隠している手足をイメージした... (6.13)

  • ニュース

愛猫家なら知っておきたい!猫にまつわるオススメの歌を集めてみた! (6.13)

  • ニュース

どこ行くの?と可愛い2人が見てきた。 (6.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る