TOP>ニュース > 獣看護師が出会った「ツンデレが過ぎるロシアンブルー」

  • ニュース

獣看護師が出会った「ツンデレが過ぎるロシアンブルー」

獣看護師が出会った愉快な犬猫たち

動物病院へ行くのを嫌がるペットは多いが、飼い主さんまで苦手意識を持ってしまうのはもったいない。なぜなら、たくさんの個性的なペットが集まる動物病院では、案外ゆかいな出来事もたくさんあるのだから!

※当記事は、獣看護師として働く姉や動物病院関係者の方から聞いた実話を基に構成しています。

*****

今回はご紹介するのは「ツンデレが過ぎるロシアンブルー」。孤高の武士のようなロシアンブルーの心を開かせる獣看護師の小ワザをご覧いただきたい。

ツンデレが過ぎるロシアンブルー

獣看護師が出会った愉快な犬猫たち②ロシアンブルーのあんずちゃん6

姉が勤めるていた動物病院ではペットホテルも併設しており、旅行や出張などで家を空ける飼い主さんが我が子を預けにきていた。

その常連客だったのが、世紀のツンデレ猫・ロシアンブルーのあんずちゃん(仮称)だ。

ロシアンブルーという猫種は「飼い主一筋」であることが多いという。まるで忠犬のように、ひとたびご主人を決めたら生涯忠実。ご主人以外には滅多に気を許さず、その気品あふれる見た目の通り気位が高い。さらにあまり鳴かないことから「ボイスレスキャット」という異名もある。

あんずちゃんも猫種本来の特徴よろしく。ペットホテル常連であるにもかかわらず、預けられるたびに「寄るな触るな」と言わんばかりに毛を逆立てていたそうだ。

獣看護師が出会った愉快な犬猫たち②ロシアンブルーのあんずちゃん2

対して、「シャーシャー猫が大好物」という姉。目が合うだけでシャーシャー威嚇するようなネコチャンを徐々になつかせ、「オチたな」という瞬間が快感なのだという…

ふと以前、猫の保護活動をされていて同じことを言う方がいたのを思い出した。筆者の経験上だが、この「シャーシャー猫が大好物」は人生で多くの猫と関わってきた猫好きだけに生まれるちょっとハイレベルな嗜好なのではないかと思っている。

シャーシャー猫のオトし方

獣看護師が出会った愉快な犬猫たち②ロシアンブルーのあんずちゃん3

さて、動物病院のペットホテルに預けられた初日。あんずちゃんはもちろん断固拒否の姿勢である。

主以外が差し出すご飯など口にせず、ケージの中で厳戒態勢をとり続けた。ケージ越しに近づいてもフシャー。ケージの扉を開けようものならフシャー。とにかく勤勉に威嚇を続けていた。

そんな状態でどうアプローチするのか聞くと、「とりあえず、前を通るたびに名前を呼びかける。一度目を合わせてから、わざとそらす」ということ。

警戒している猫というのは対象物から目を離さない。よく「猿山の猿の目を見つめるのは喧嘩上等という意味なのでよろしくない」というが、あれは猫にも当てはまる。

獣看護師が出会った愉快な犬猫たち②ロシアンブルーのあんずちゃん5

それを逆手に取り、一度目が合ったにも関わらずこちらからそらすことで「こちらにケンカの意思はない」ことをアピールするのだ。

他には「目を合わせ、名前を呼んだり話しかけたりしながら目の前でゆっくりまばたきをする」のも良いという。

目の前で目を閉じるというのは、野生動物であれば「攻撃してくれ」と言っているようなもの。それをあえて目の前ですることで「危害は加えません」「仲良くしたい」を伝えるのだ。人間でいう「ハンズアップ」の状態だと思ってもらえればわかりやすいだろう。

預けられて数日後

獣看護師が出会った愉快な犬猫たち②ロシアンブルーのあんずちゃん4

そんな算段を知ってか知らずか、預けられて二日目から少しずつご飯を食べだしたあんずちゃん。

姉曰く「ご飯を一度完食したらこっちのもの」らしく、ご飯のお皿をわざと本人の近くまで持っていったり、ご飯を持ったままその手で触れるなど第二ステップに移るそうだ。

さらに三日目、四日目ともなると警戒もだいぶ溶け出すので、ケージ越しにちょこちょこ触れてみる。

そんな風に段階的に近づくことで、どれだけシャーシャー言っていた猫でも大抵は触ることを許してくれるようになるという。

あんずちゃんの場合も「好き好き」とまでは行かずとも、最終的に「まぁ撫でさせてあげてもよくってよ」ぐらいの態度にはなったというから大したものだ!

獣看護師が出会った愉快な犬猫たち②ロシアンブルーのあんずちゃん1

かくして、ご主人以外は一切受け入れる気がなかったロシアンブルーVS数多くのシャーシャー猫をオトしてきたという姉の攻防は、姉の勝利に終わったのだった。

しかしこのあんずちゃん、何度も宿泊しているのならいい加減顔ぐらい覚えてくれても良さそうなものだが、次に会うときの友好度はほぼほぼリセットされているそうな。

あんずちゃんが来る度このステップを丁寧に繰り返すというというので、シャーシャー猫好きを振り回すとんだツンデレ小悪魔ちゃんなのではなかろうか!

※画像は全てイメージです。

取材・文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

子猫を迎えるなら、猫俳句を始めるチャンスかも (5.7)

  • ニュース

猫アレルギーの猫好きはこうやって毎日を猫と暮らしている! (5.7)

  • ニュース

「何見てんだこるぅあ~!」オラつく猫のクセがすごい(笑) (5.7)

  • ニュース

ねこねこ食パンから限定フレーバー「キジトラ」販売! (5.6)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る