TOP>ニュース > 用水路の中ひとりぼっちで鳴いていた仔猫を家にしまった「かいぬしのひと」

  • ニュース

用水路の中ひとりぼっちで鳴いていた仔猫を家にしまった「かいぬしのひと」

ナイス猫しまい。ひとりぼっちの仔猫が家にしまわれた日

大型台風が頻繁に訪れた2019年。SNSやネットでは「#犬をしまえ」「#ナイス猫しまい」など外飼いのペットや地域猫を家の中に避難させる呼びかけが流行りました。

そんな昨年の秋、用水路の中ひとりぼっちで鳴いていた仔猫を家にしまってくれたのは、優しい「かいぬしのひと」でした。

家にしまわれた「ねこのひと」

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん3

ーこのままでは遠からず車にひかれたこの子を見る羽目になるのでは、という恐れに、週末台風の予報が後押しをして、3日前に用水路から我が家にしまわれたねこのひとですー

(参照:ツイッター

こんなコメントと共にツイッターにあげられたのは、ふかふかクッションに寝転ぶ愛らしい仔猫の写真。

この素敵な行動に、「ナイス猫しまい!」「仔猫を助けてくれてありがとう!」などリプ欄は大盛り上がり。あったかいお部屋の中にしまわれた仔猫の幸せを願うコメントが飛び交いました。

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん4

ーかいぬしのひと、台風の影響もなく無事帰宅。手をかじられ腕全体にねこキックを喰らい、背中に登られるなどの歓迎を受けたのち、体力ゲージを使い果たしたねこのひとが電池切れで寝てしまったのでようやくなにか晩ご飯を食べますー

(参照:ツイッター

しまわれて数日でこのくつろぎようを見せる「ねこのひと」。彼女はさびちゃんと名付けられ、その後も「かいぬしのひと」の家族として暮らすことになったのです。

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん2

さびちゃんを抱っこしているのは「かいぬしのひと」こと、かよまるさん。実は彼女、今まで猫の飼育経験はゼロ。しかも自身は猫アレルギーを持っていて、抱っこはおろか猫を撫でたことさえほとんどなかったのだとか。

野良の仔猫を家に招き入れるのは相当なご決断だったのでは…と思い、かよまるさんにさびちゃんをお迎えした経緯について詳しくお話を伺ってみました。

見知らぬ仔猫になつかれて

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん5

さびちゃんを見つけたのは、「猫しまい」の約1か月前のこと。会社から帰る道沿いにある水が日上がった用水路の中から1匹の仔猫が顔を出しました。

周りに兄妹や母猫らしき姿は見当たらず、こちらを見上げながら必死にぴゃーぴゃーと鳴く様子を見て、その場から動けなくなってしまったというかよまるさん。

「もしやわたし、知らんうちにこの子を産んだかもしれん…」と、得も言われぬ母性が芽生えたのがはじまりだったそうです。

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん1

以来、毎夜さびちゃんの元へ通う日々。ところがどうやらさびちゃんは、かよまるさん以外のニンゲンたちのハートも鷲掴みしていたらしく…

「よく帰り道に外で相手をしてると、通りがかる老若男女が『その子かわいいですよね』とか『そこのお家の人もご飯あげてくれてるみたい』とか次々に話しかけてきて、情報をくださる状態になっていました(笑)」

と、猫好きご近所さんたちのアイドル的存在だったことが判明したのです!

さらに、猫に興味がなさそうだった同居人さんも一緒にご飯をあげに行くうちにすっかり彼女の虜に。毎日帰宅すると「今日はいた」「いなかった」と報告してくれるようになったというので、とんだ人タラシちゃんですね。

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん10

そんな日々のなか、みるみる成長して活発になっていくさびちゃん。いつか車にひかれやしないか、寒さで弱ってしまわないかとはらはら過ごしていたところへ、冒頭の台風予報が飛び込んだのです。

見かねた同居人さんからのお許しも得られたことで、晴れてお家への「猫しまい」が決行されたということでした。

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん11

「目が合っただけの仔猫にここまで懐かれるというのは人生で初めてで。それがうちの子になってもらおうと踏み切った一番大きな原動力だったと思います」と語ってくれたかよまるさん。

ひとりぼっちの仔猫は、自分自身で運命の飼い主さんを手繰り寄せていたのですね。

はじめての猫との暮らし

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん9

さて、しまわれてから4か月以上が経ったねこのひと・さびちゃん。今ではすっかり家猫が板につき、呼べばお返事してくれるし、抱っこも肩乗りも大好きというサービスっぷり。

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん8

一方かいぬしのひと・かよまるさんはというと、ワンコを飼った経験しかなかった分、猫との暮らしは驚きの連続だったといいます。

「トイレのしつけがいらない」「気が済んだらご飯を残す」「少しの足場さえあればどこまでも登る」と、ここまでは確かに猫あるあるなのですが…「そして落ちる」というのは、さびちゃん特有な気がします(笑)

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん7

案外どんくさいことに驚かされたり、ふとしたしぐさが可愛すぎて悶絶したり。きっとこれからも「うちの子あるある」は増えていくのでしょうね♪

家にしまわれた「ねこのひと」さびちゃん6

優しいかいぬしのひとにしまってもらえた幸せなねこのひと・さびちゃんをご紹介しました。

かよまるさんのツイッター
https://twitter.com/k4o_as_haru

取材・文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る