TOP>ニュース > 超怖がりな猫が「キャットトレーニング」にチャレンジした結果。

  • ニュース

超怖がりな猫が「キャットトレーニング」にチャレンジした結果。

超怖がりな猫が「キャットトレーニング」にチャレンジした結果。

トレーニングの目的は、「猫の恐怖心を減らすこと」

わが家の愛猫・ドーラに、いざという時にストレスなくキャリーに入ってもらったり、落ち着いた行動をとったりしてもらえるようにしたい…。その目的でトライを決意した、ABA(応用行動分析学)を用いた「キャットトレーニング」。


『猫との暮らしが変わる遊びのレシピ: 楽しく仲良く役に立つ!科学的トレーニング 』(坂崎 清歌、青木 愛弓 著、誠文堂新光社)

というのも、愛猫ドーラは、元ノラだったこともあり、とにかく怖がり。キャリーには恐怖の記憶があるらしく、絶対に入ってくれません。ですから、地震があったら、病気になったら、ケガをしたら…もう打つ手なし。それがずっと不安でした。

芸を仕込みたい、などという気持ちは1ミリもなく

「ストレスなくキャリーに入れられるようになってほしい」

「呼んだら来てくれるようになって欲しい」という、ものすごく低い目標を想定したトレーニングだったのです。

トレーニングに必要なのは、クリッカーとターゲット棒のみ

本で使用しているのは、クリッカーという、押すとカチッと音が出る道具です。ボールペンでも代用できますが、クリッカーのほうが聞こえやすいそうです。

私が買ったのは、指にはめるゴムがついているタイプ。使ってみたら、両手を使う動作をする時にとても便利だったので、やはりクリッカーを買ってよかったと思いました。

もうひとつ必要なのが「ターゲット棒」。どんな棒でもいいらしいです。

トレーニング1日目…チャージング

スタートは、クリッカーを鳴らすと同時におやつをあげることで、「カチッという音」と「ご褒美」を紐づける「チャージング」というステップ。たったそれだけだから、わけはない、と思ったのですが、なんと、超ビビリのドーラは、クリッカーの音にびっくりしてテレビの下に隠れてしまいました…。

トレーニング、1秒で挫折の予感…。でも粘って

「おやつを見せる」→「クリッカーを鳴らす」を繰り返したら、わりとすぐに、カチッという音で首をのばしてくるようになりました。

その後、ターゲット棒に鼻を近づけるトレーニングにもトライしてみましたが、前の「チャージング」のおやつでおなかいっぱいになったようで、集中力が途切れてきたのでそこでストップ。

ドーラは退屈していると私と遊びたくてまとわりつくのですが、これは違う遊びなのでとりあえず興味を持ちくいつくし、飽きると自分から立ち去ってしまうので無理させてる感じにもならず、意味なく、だらだらつきまとわれることもなく、スピーディに「遊んで」欲求を満たすことができる。これはなかなかいいぞ、と思いました。

トレーニング2日目で、壁に突き当たる

しかしその翌日、再度やってみて、あらためてむずかしさを痛感しました。本によると、「クリッカー」と「おやつ」をしっかり紐づけるため、チャージングの前に「おやつだな」と察知されるようなアクションをしてはいけない、とあります。

猫は飼い主の手の動きだけで「ごほうびが出てくる」と気がついてしまうから、クリッカーを鳴らすまえに手を動かさないように気をつけましょう。
片手で握り込んだおやつを一粒ずつ出せるように練習しましょう。

とあるので、おやつは、ドーラが見ていない時にポケットに入れ、さらに見ていないタイミングでこっそり手ににぎり、「おやつをあげる」という気配も消して1粒ずつ出す。ということが必要になります。

しかしドーラは、同じ部屋にいる時はほぼ私をガン見しているので、これがすごく難しい…。

しかも、やればやるほど、私の「やるぞ」という気配を察して、クリッカーを鳴らす前に来てしまうので、いつまでたってもクリッカーとご褒美が紐づけられません。猫バカかもしれませんが、ドーラは臆病な分、すごく学習能力が高いのです。だから、私がいつもと違う気配を出しているだけで何かを察して、警戒するのです。そしてクリッカーの音にもすぐ慣れてしまい、あまり注意を向けなくなってしまいました。初動の失敗です。

なので私は、この最初のトレーニングでのドーラの記憶が消えてから、リセットして、またやり直すことにしました。その報告は、また後日。

取材・文/桑原恵美子
参考資料/『猫との暮らしが変わる遊びのレシピ: 楽しく仲良く役に立つ!科学的トレーニング 』(坂崎 清歌、青木 愛弓 著、誠文堂新光社)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

先住猫と新入り猫の溝が深まる「NG気配り」って? (2.27)

  • ニュース

猫だってたまには心が折れるのさ。あなたの立ち直りの早さは? (2.27)

  • ニュース

これはすごい!羊毛フェルト作家きりのみりい氏の個展「まるで本物!?超スーパーリアルな猫と犬... (2.27)

  • ニュース

マンチカンの仔猫は「小さな箱」を装備した!なんと、可愛さがアップした! (2.27)

  • ニュース

『部屋とYシャツと私』の続編が出てたのよッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (2.27)

  • ニュース

「大吉」よりありがたい「猫吉」とは? (2.26)

  • ニュース

「何してんの」見上げたら奇妙なポーズの飼い猫がいた (2.26)

オコジョちゃんたち3
  • ニュース

あずきシェフのじゃがいも料理を召し上がれッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る