TOP>ニュース > 絶対知っておきたい、愛猫の老化の合図あれこれ

  • ニュース

絶対知っておきたい、愛猫の老化の合図あれこれ

絶対知っておきたい、愛猫の老化の合図あれこれ

ペットとして飼育されている猫の平均寿命は、年々少しずつ増えている。

栄養満点のフードの充実、飼い主の知識レベルの向上。そして何より、完全室内飼育をすることで、安全に長生きさせやすくなっていることが、その理由として考えられている。

今では10年以上生きる猫も当たり前に目につくようになった。世帯によっては20年近く生きる飼い猫までいるのだから素晴らしい。

さて、そうは言っても猫の寿命が延びるということは、それだけシニア期も長引くことになる。シニア期が長引くということは、年老いた飼い猫のお世話にも、若いころとは別の気配りが必要になるということでもある。

そこで今回は、飼い猫の老化の合図と、その合図が見えたら実践すべきサポートについて、いくつか紹介していきたい。

人間も猫も、終末期においては周りのサポートが不可欠。

是非とも御覧いただきたい。

シニアの基準は7、8歳!まずは被毛をチェック

一般的に、完全室内飼育における猫のシニア期というものは7歳とか8歳ぐらいからと考えられている。ペットフードにはシニア用も多いが、そういったフードにも大体このぐらいの年齢からあたえることを前提とした文章が添えられている。もちろん個体差はあるが。

シニア猫になってくると、まず如実に変化するのが毛ヅヤだ。年齢を重ねるとだんだんグルーミングの頻度も落ちてしまい、若いころのような毛ヅヤはなかなか確認できなくなる。

自力での毛づくろいにも体力的な負担が増していることの証なので、飼い主としては以前よりも多くの毛づくろいを、飼い猫の代わりにやってあげよう。そうすることで年老いた猫でも、被毛がキラキラと若返って見えるようになる。

運動にも限界が出てくる

猫は活発に動き回り、段差を易々と乗り越える身軽な生き物だ。しかしこれもシニア期以降はなかなか難しくなるようで、脚の筋肉が衰えていって見た目も細くなり、そうなったら動きにもまた、衰えが見えてくる。

こればかりはどうしようもないことで、今更体力づくりをさせるのも難しい。それでも段差を乗り越えたり、高所からジャンプしたがる猫もいる。飼い主としては猫の負担を減らすことを考える時期に差し掛かったと思うことにしよう。

よく猫が飛び降りる場所にはクッションを用意してあげたり、極端な段差については間にもう一つ足場を用意するなど、労わる姿勢が肝要となる。ジャンプするも着地の瞬間に脚を痛める猫もいるので、こういう工夫と気配りは大事になってくる。

トイレを失敗するようになる

人間がそうであるように、猫も加齢に伴って当たり前にできていたことができなくなる。

具体的にはトイレなどがこれに該当する。トイレがちゃんとこなせなくなるシニア猫も多い。

特に、中に入る前に段差があるタイプのトイレの場合は要注意。

シニア猫がその段差を越せずに立ち往生し、そのまま粗相をすることもある。この時期になったら、シニア猫でも簡単に出入りできるトイレを新しく用意するのがいいかもしれない。

また、やがて自力でトイレに入ることも難しくなる頃には、オムツを使うことを推奨する。

老いは誰もが通る道。

トイレでの自力排便ができなくなっても、オムツを装着させておくと安心だ。もちろん、後で下半身をぬるま湯を浸したタオルでキレイに拭いてあげることも忘れてはいけない。

おわりに

何にせよ、人生100年時代なんて最近は言われるようになった。人が長生きするのに比例し、猫に限らずペットの寿命は大きく伸びている。

あなたの飼い猫も、いずれはシニア。

いざ老いたときに対処に戸惑うのでは遅い。今のうちに「この子が老いたらどうしようか」と考え、シミュレーションしておくことが大事になるだろう。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る