TOP>ニュース > 猫アレルギー持ちでも軽度であれば、「これをやればだいぶマシになる」方法

  • ニュース

猫アレルギー持ちでも軽度であれば、「これをやればだいぶマシになる」方法

猫アレルギー持ちでも軽度であれば、「これをやればだいぶマシになる」方法

僕は猫が大好きだけど、残念なことに猫アレルギー持ちでもある。

だから飼い猫に舐められた箇所は赤く腫れて痒くなるし、ちょっと顔を近づけるだけで目や鼻の粘膜がやられて涙と鼻水が止まらなくなってしまう。猫と暮らすようになって点鼻薬が手放せなくなったし、目も1日に何度も洗っている。

それでも彼らと一緒に暮らす生活が嫌にならないのは、このぐらいの症状が気にならないほど猫が好きだからである。

実際、この程度のアレルギー症状であれば軽度も軽度で、当人が我慢すればいいだけの話。

そういう意味では、僕は軽度で済んで良かったと本気で思っている。だって世間には、猫大好きなのに僕よりも重いアレルギーを持っているせいで猫に近づけない人も大勢いるんだもの……。

ただ、軽度とはいえ全くアレルギー対策を施さないと、やっぱり僕も日に日に具合が悪くなってしまう。そうならないために、飼い主側はいくつかの努力をしなければならない。

そこで今回は、猫アレルギー持ちでも軽度であれば、「これをやればだいぶマシになる」という猫との暮らし方のポイントを、いくつか紹介したい。

水拭きをするとかなりマシ!

まず、猫アレルギーの原因としてよく知られているものへの対処。

これをしないと話は進まない。

多くの場合、その原因として考えられているものが猫由来のものである。そして現在では、猫の体から落ちるフケに含有されるたんぱく質が、かなりのアレルギー持ちを苦しめているという説がよく支持されるようになった。

この説が正しい場合、猫の毛自体はさほどアレルギーの主要因ではないということだ。

だけども、猫の毛が抜け落ちるときに、フケも付着していることは多い。だからまずは抜け毛をどうにかしなければいけない。

毎日の掃除は欠かせないと考えるべきだろう。

その上で、仕上げには水拭きをおススメしたい。これは強くおススメしたい。

僕は毎日掃除機がけをしてきたが、それでもやっぱりアレルギー症状は多少なりとも出ていた。しかしここ最近、水拭きをやるようになってから、如実にその症状がマシになっている。

猫のフケは軽いので、掃除の際に箒や掃除機を使うだけでは空気中に舞い上がるだけで完全に処理しにくい。

だから掃除の仕上げに、水拭きをするのだ。

毎日やるのは大変だけど、やれば体が楽になるのは事実である。

猫に舐められたらすぐに拭く

また、猫に舐められたり、甘噛みされた箇所がミミズ腫れのようになって痒くなるという症状もよくあるものだ。

この原因も、猫の唾液に含まれる物質にあると考えられている。それはひょっとすると前項のようにたんぱく質が悪さをしているのかもしれないし、そうではないのかもしれない。

だが、これを放置するとすぐに赤みが出て痒くなるので、手間はかかるが舐められたら都度拭き取ることをおススメしたい。

私たち猫アレルギー持ちにとっては、猫からのスキンシップについても対策をしなければならないのである。ちょっぴり寂しいけど、しょうがないことだと割り切ろう。

猫のトイレ掃除は丁寧過ぎるほど丁寧に

そしてまた、猫アレルギーの原因となる物質は、猫たちの尿にも含まれているそうだ。掃除がおざなりだとそれだけアレルギー物質が部屋に残り続けることとなるので、できるだけ猫のトイレは清潔な状態を保つことを心がけよう。

こうすることで猫アレルギーの症状はマシになるし、猫にとっても「トイレが清潔で嬉しいにゃん」と感じられることになり、双方幸せになる。さらにトイレ掃除の際には、きちんと手袋とマスクを着用することを心がけると、余計なアレルギー症状に苦しむことも少なくなるだろう。

おわりに

とにかく、猫アレルギー持ちにとっては、猫との生活には乗り越えないとならない障害は多い。だけど軽度であれば同居も努力次第で十分可能であることは、声を大にして主張したいところだ。

アレルギーの原因になりやすいペットの抜け毛やフケなどを毎日掃除をすることは大前提である。

それに加えて、ブラッシングの際にはマスクを着用する、ペットを触れた直後に目を触ったりしないなど、日々の細かな努力を徹底すれば、ある程度共存も楽になるはずだ。

ただし、重篤なアレルギーを持っている方にはやっぱりおススメできない。どんなに猫が好きでも、無理に一緒に暮らすと極端な話、命の危機にも通じかねないからだ。

重いアレルギーがあるが、猫と暮らしたいという方は、素晴らしい特効薬が出回るまで我慢するほかないだろう……。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ブラッシングで取れた黒猫の毛はなぜくすんだ灰色なんだろう? (5.16)

  • ニュース

猫もフィラリア予防が必要?症状や予防薬について知っておこう! (5.16)

窓辺で寝転がっている白黒猫
  • ニュース

嘘のような本当の話。飼い猫がアシナガバチを食べちゃった!! (5.15)

  • ニュース

それはそれは、まあまあ寛ぐ猫。 (5.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る