TOP>ニュース > エジプトの一大文明、崩壊のきっかけは「猫」だった?

  • ニュース

エジプトの一大文明、崩壊のきっかけは「猫」だった?

猫を人質にされた…?古代エジプトがペルシアに滅ぼされた理由と背景

古くから私たちと共に暮らしてきた猫。

そんな猫がもっとも大事にされていた時代は、もしかすると紀元前にまでさかのぼるのかもしれない。今でこそ、飼い猫たちはたくさんの愛情を受けているものの、野良猫、地域猫たちにはかけられる愛情もやはり少ない。

中には一度も人間に愛されることもないまま、この世を去ってしまう猫もいる。

だが、元来猫はとにかく丁重に扱われる動物だったのだ。

紀元前6000年頃、エジプト先王朝時代の貴族の墳墓から、猫の骨が発見されているが、これは貴族の墓所に埋葬を許されるほど、猫が親しまれていた何よりの証拠だ。

それから2000年が経過した紀元前4000年頃には、リビアヤマネコを祖とするイエネコの繁殖もだいぶ進み、多くの人々が猫を育てていたと考えられている。

そしてこれ以降、猫たちはエジプトの古代文明には欠かせない伴侶動物となっていくのだ。

が、どんな国にも滅びのときが来る。それは紀元前525年。来るべくして到来してしまった。

エジプトの一大文明、崩壊のきっかけは猫…

エジプトを舞台に繰り広げられた長大な文明国家劇は、紀元前525年の第26王朝の時代まで続いた。

しかしこの頃には各国にも強い勢力を持つ国家が顕在化しており、エジプトと言えどかつての威光を示すこともできなくなっていたためか、しばしば侵略を受けている。

侵略者たちにしてみれば、エジプトの肥沃で広大な土地は何としても手に入れたいものだったに違いない。その欲望に巻き込まれたのが、猫であった。

ペルシア帝国の侵略遠征軍はエジプトを一気に制圧するために、ある恐ろしい作戦を考案した。それが猫などのエジプト王朝で神聖視されていた動物を、盾に“描いて”前進するというやり口である。

この作戦はてきめんの効果を発揮したとされ、たとえイラストであっても傷つけることを嫌がったエジプトの人々は戦うこともろくにせず逃げ回った。

また、時には本当に猫を盾に縛り付けていたとも伝えられている。これも効果は高かったようだ。

猫を人質にされ、逃げまどう敵の有様を見たペルシア帝国のカンビュセス2世は、あまりの不甲斐なさに憤慨し、捕虜となったエジプト人に猫を投げつける横暴をも働いたとされている。

さらに捕虜となったエジプト王朝最後の王族もまた、処刑されている。

続く第27王朝は侵略を成功させたペルシアのアケメネス朝の時代の幕開けとなり、ここに猫を長らく大事にしていた王朝は途絶えることとなった。

もっとも、猫好きにとっては残酷極まりない作戦を行わせたカンビュセス2世は、領土拡大に乗り出すも連戦連敗。まるで猫の呪いを受けるかのような災難が続き、ここから数年後に死没する。

第26王朝が滅びたのは当然だった?

まあ、猫好きの人なら「ペルシア側が猫を人質にとって侵攻し、猫を神聖な動物と考えていたエジプトの人々は手も足も出なかった」ということもよく知っているところだろう。

実際、かつては栄華を誇っていた古代エジプト王朝も、第26王朝時代には「末期王朝」と呼ばれるほどに力を失っていた。

芸術面や信仰などは強い影響力を誇っていたとされるが、武力の面では脆くなっていたようで、その最たるものが前項にあるような無惨な負けっぷりである。

末期王朝時代に差し掛かると、既に国家としては限界だったのかもしれない。

もっとも、第27王朝でペルシアが支配する以前に、第25王朝の時代で既にアッシリアがエジプトを奪取しているので、かの国の先住民は相当肩身が狭かったことだろう。

ちなみに、この第25王朝時代にエジプトを支配していた人物に、ネコ1世がいる。今回のテーマには関係ないが、名前が猫なので一応触れておいた次第だ。

信じるか信じないかはあなた次第。

おわりに

人間の都合で家畜化され、人間の都合で戦争の道具にされた猫。なんとも不憫な話だが、当の猫たちは戦乱の続く時代をしたたかに生き抜き、世界各地に分布をすることになる。

そして数千年のうちに世界中で愛されるペットの代名詞となったのだから、何とも人間の扱いに長けた動物である。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬や猫にも「食欲の秋」があるって本当?【兵藤哲夫の徒然日記】 (9.27)

  • ニュース

猫が便秘になる原因はさまざま。予防する方法とは? (9.27)

  • ニュース

「猫を飼ってはならない」という掟が破られた家の話 (9.26)

  • ニュース

猫がいる家で「ロボット掃除機」を使わない方がいい理由 (9.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る