TOP>ニュース > 拾った仔猫を「18万8000円」と呼ぶ祖父。その意外なワケとは?

  • ニュース

拾った仔猫を「18万8000円」と呼ぶ祖父。その意外なワケとは?

拾った仔猫を「18万8000円」と呼ぶ祖父。その意外なワケとは?

愛猫にはいろんな名前があります。

近年は「クロくん」「モモちゃん」などが人気だそうですが、愛猫を『18万8000円』と呼ぶ方がいらっしゃいます。

微妙に中途半端な金額です。

四捨五入していっそ19万にしたいぐらいですが…

そんなエピソードを投稿したツイートが話題になっています。

投稿したのは、ずぃさん(‪@pipipi_gst)‬‬‬‬‬。7万超いいねを記録したこのツイートには「可愛い!」「おじいちゃんのセンス大好き」などのコメントとともに、リプ欄には保護猫自慢が溢れ、可愛い猫たちの楽園と化してしまうほど。

是非チェックしてみてください!

すんごい可愛いから!

…それはいいとして、とにかく謎なのが「18万8000円」の名前。

なぜ、おじいちゃんはそう呼んだのか?それを確かめるべく、ずぃさんにお話を伺いました。
–まずは子猫を拾った時の状況から教えてください

「拾ったのは去年の10月上旬でした。台風の前日、ダンボールの中に雑巾があるな〜なんて思ってみたらちっちゃい子猫で。生後1週間程の掌に乗るサイズ。最初に見つけたのは母でした。猫というよりネズミみたいでしたね」


ほんと掌サイズ!


可愛いにもほどがある♪

「その日は、もう日も暮れていたし、台風も来てしまうので一旦家に持って帰りました。この猫どうしようか、と言っているうちに3日経ち、一週間たち、飼うことにしました笑」(ずぃさん)
ずぃさんによると、飼わない理由も飼えない理由もなく、奇しくも幼い頃から猫と暮らした経験があり、猫のお世話にも詳しいお母さんの誕生日も近かったため「誕生日プレゼントだね〜」「じゃ飼うか!!」という感じで家族に迎え入れたとか。


ずぃさんも母親譲りの猫好きだそうです


こんな子、放っておけないでしょ!

しかし、家族に迎え入れたはいいものの、こんな事態に!

-—ずぃさん、これは?

「正確に言うと「小さすぎて診れないのであと1ヶ月後にまた来てください」と言われ、生後一週間から使えるノミ取り薬などをもらいました。専用のくしでノミを取ってあげてね〜とも言われて。でも、母が子猫の世話の仕方をよく知っていたので教えてもらいながら、自力でできないトイレを手伝ったりしていました」


母は偉大だ!


お母さんて、大概のことはなんでも知ってる、気がするw

優しい家族に導かれるように、奇跡的な出会いを果たし、愛に満ちたおうちで幸せを手に入れることができた子猫。

なんて素敵なことでしょう。小さな命が救われた心温まるエピソードになんともほっこり。。。

……わかります。言いたいことは。早く本題へ、ということですよね。

わかりました。わかりました(←2回言うヤツは大体分かってない)

–最も気になる「18万8000円」の由来、教えて頂けますか?


早く教えろーーー‼

「実は祖父がそう言った時に気になったので聞いたんです笑。すると、ペットショップのチラシを見たときに「18万8000円」と書かれていたそうで、それを覚えていた祖父が『あのチラシにいた猫くらいかわいい!』ってことで「18万8000円」に』

なんと、チラシのうろ覚え!

しかしそれだけ尊い存在だと思ったということ。おじいちゃん、わかります。それ、正解です。

何も間違ってはいません。


まあ、間違ってはないけど…


名前が金額って…笑

今や、ずぃさんの近所で暮らすおじいちゃんが、ずぃさん宅を訪れたときは子猫をわしゃわしゃして遊んでいるとか。というのも、おじいちゃんは若い頃から猫、犬、うさぎ、鳥、ザリガニなどと一緒に暮らしてきた大の動物好き!突然の子猫にも臆することなく、というより大歓迎の様相で可愛がっているといいます。

「祖父も、祖母と暮らしながら、自宅では犬、猫を飼ってるんですけどね…笑」(ずぃさん)


子猫にハマるおじいちゃん可愛い♪

–改めて子猫ちゃんの魅力を教えてください!

「自分の尻尾で遊んじゃうところ。トイレの砂で遊んじゃうところ。未開の地である2階に行ってみたいけど一人は怖いので誰かが2階へ行かないとついて来ないし2階に誰もいなくなったらすぐ1階に降りてくるところ。二足歩行が上手なところ。お腹が真っ白なところ。目と輪郭が美人なところ。。。キリがないのでこれくらいにしておきますね笑」

まさに、家族総出で“18万8000円ちゃん”の虜!

猫愛まみれの“18万8000円ちゃん”は幸せそのもの。これからも、“18万8000円ちゃん”に、幸あれ!

「あの…すいません…」(ずぃさん)

「この子は18万8000円じゃなくて、名前はナナなんです‥。生後4,5ヶ月くらいの女の子です。ナナって呼んでいただければ幸いです」

申し訳ありません!

悪気はなかったんです!どうか、機嫌を直しください!


あたし、ナナ。金額で呼ばないで

ナナちゃんとずぃさんのツイッター(‪@pipipi_gst)‬‬‬‬‬

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

家族の不幸で飼育放棄されて。人を信じ抜いた猫レンくんの生涯 (7.5)

  • ニュース

そうだ、選挙にいこう【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.5)

  • ニュース

猫の手で耳が痛くならない!「猫の手肉球マスクバンド」が結構使える (7.4)

  • ニュース

白猫、その性格は神経質で無関心?白い被毛の猫の素晴らしい個性について (7.4)

  • ニュース

遊ばない猫の狩猟本能を掻き立てる「遊び方」 (7.4)

おもちゃを噛む猫
  • ニュース

飼い主の激しい貧乏ゆすりに癒される猫 (7.4)

  • ニュース

『まあ、ここ座って話そうや』うちの猫がおっさん化してきた。 (7.4)

  • ニュース

『若者よ、選挙に行くな』って動画があるんですってッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.4)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る