TOP>ニュース > 猫の「のび~〜〜」には4つの理由があった!

  • ニュース

猫の「のび~〜〜」には4つの理由があった!

猫の「のび~〜〜」には4つの理由があった!

ヨガの「猫のポーズ」は、猫が前脚をぐーーーっと伸ばしてお尻を高く突き上げ、背中を反らすあの「伸び」のポーズから来ています。このポーズには、背中や肩まわりの凝りをほぐしてくれる効果がありますが、じつは猫の「伸び」にも4つの効果があるのです。

伸びの理由1…目覚めの準備運動

猫は野性では単独行動をしていました。近くにいて危険を教えてくれる仲間がいませんので、何か危険を感知したら、俊敏に行動しなければなりません。「伸び」は眠っている間に固まってしまった筋肉や関節を伸ばし、俊敏に運動するための準備運動にあたるのです。ちなみに寝起きの「伸び」は、以下の動作がセットになっていることが多いです。

あくび→手足のストレッチ→全身ストレッチ→毛づくろい

またこの動作により、猫の大脳が活性化し、意識がはっきり覚醒することも脳外科の研究でわかっています。私達が朝目覚めた時、のびをすると頭がはっきりする気がしますが、猫も同じなんですね。

伸びの理由2…体温の上昇を防ぐ

猫は汗腺の数が限られた部位にしかなく、人のように汗をかくことで体温を下げることができません。そのため体をぐーっと伸ばすことで放熱できる面積を最大に広げ、体温を下げようとしているのです。

伸びの理由3…リラックス

人間もリラックスすると、体がだらっと伸びた状態になり、逆に緊張していると体が縮こまります。猫も同じ。警戒心の強い猫が縮こまらずに、体をだらっと伸ばしている時は、安心してリラックスしている状態なのです。

ちなみに猫の関節はとてもやわらかく、ゴムのように伸びます。関節と関節の間は通常時の2倍くらいまで伸び、背骨の関節が全ての美きると体長が1.3倍くらいになり、胴体は上下2方向に伸びます。

伸びの理由4…ストレスをなだめる

ジャンプに失敗した、お気に入りの場所に別の猫がいた、おやつが落ちていると思ったらゴミだった…・。こんなプチストレスを感じた時、猫は急に毛づくろいをしたり、爪とぎをしたり、伸びをしたりします。これは「転移行動」といって、一時的にイラッとした時に、日常よくする行動をとることでイライラを抑え、心の平穏を保とうとしているのです。
私達がイライラした時に、紙に意味のないいたずら書きをしたりするのも「転移行動」のひとつ。猫はこんなふうにして気分を切り替えて、上手にストレス解消をしているんですね。

文/桑原恵美子
参考資料/「猫脳がわかる!」(今泉忠明著、文藝春秋)、「ねこの事典」(今泉忠明監修、成美堂出版)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る