TOP>ニュース > 昨日元気に甘えた地域猫が、今日虐待されて。

  • ニュース

昨日元気に甘えた地域猫が、今日虐待されて。

昨日元気に甘えた地域猫が、今日虐待されて。

年が明けた。

今年は暖冬で、日本海側の上の方でもほとんど雪が降らなかった地域もあったようだ。ただし、それでも寒さは堪えるもの。

きっとこの冬も、多くの野良猫が凍える思いをして過ごしたことだろうし、命を落とすケースもあったに違いない。

冒頭から悲観的な話をしてしまったところだが、寒さだけが問題ではない。屋外で暮らす猫にとっては、あまりにも外の世界には命の危機が多すぎるのだ。

僕は猫好きなので、野良猫や地域猫と遭遇すると、つい触れ合おうとしたり、写真を撮ろうとしてしまう。

そして撮影をするたびに、心の中で「これが遺影になるのかもしれないなぁ」というようなことを考えてしまう。
だって、実際そうなっちゃうことがあるんだもの。

外で暮らす猫の姿は「可愛い」だけじゃない…

昨年末、その年に訪れた地域猫の住処の写真を見返してみると、行方不明になったり死んでしまった猫の画像もたくさん残っていた。

ある猫は連れ去られて行方不明になった。

ある猫は長く公園で暮らし、腎臓を悪くしたがとある動物病院に引き取られ、そこで余生を過ごして天国に旅立った。

またある猫は交通事故で亡くなってしまった。

猫は可愛い。それは事実だ。だけども、屋外で暮らす猫について私見を主張させてもらうと、「可愛い」という感覚だけで撮影していいような動物でもないと感じる。

なぜなら、常に彼らはギリギリで暮らしている。

飢えや事故、虐待に病気など、屋外で暮らす猫を取り巻く環境は残酷の一語に尽きるのだ。

その地獄のような生活をなんとか成し遂げている姿を、「可愛い」だけで済ますことは、あくまで個人的にはどうしてもできない。

昨日元気に甘えた地域猫が、今日虐待されて

僕がよく行く地域猫のコミュニティに、とても人懐こい茶トラのオスがいた。

去勢されているのでよく食べるし、かなり温厚な猫で体も大きいことから、みんなに愛されている猫だ。

ちょうどあまり人気のない場所に住んでいるので、交通事故の危険性もなく、そういう意味で安全圏にいたはずだった。

ところが、その猫が昨年末に虐待を受けた。

これはもう何度も書いているが、猫の虐待事件は本当に多い。

この茶トラ虐待はたまたまその現場を通行人が発見し、一時犯人を取り押さえるところまでいったものの、残念なことに警察が来るまでに逃げられてしまったという。

しかし心配なのは猫である。

虐待を受けた茶トラは目や鼻、口から血を流していたが数日後に保護され、相当な力を頭に加えられていたことが分かった。

顎の肉も削げ落とされており、下あごは骨が露出するほどの状態だった。

現在は動物病院に入院しており、そこで治療を受けている。

が、彼はもう虐待現場に戻りたくはないことだろう。

誰か、里親になってくれる方が名乗り出てくれると嬉しいのだが……。

人間の都合で屋外に追いやられ、それでも人間に甘えてくれる地域猫。

その猫を虐待するのもまた、私たちと同じ人間。頭が痛くなる事実である。

虐待される前の茶トラの写真は僕のパソコンに何枚も入っている。

画像データとして、無邪気に甘えているその茶トラの姿を見るたびに、僕は屋外で暮らす猫の生活の過酷さを、もっと理解しなければならないと思ってしまう。

おわりに

もちろん、昨年撮影した猫の大半は今も健在だ。

中には里親に出された幸運な猫もいる。

だけど基本的に、安心できる住処がない猫たちの写真って、常に「これが最後、遺影になるかも」ぐらいの気持ちで撮影するほうがいいのかな、と個人的に感じる部分が多い。

そしてやっぱり、外猫の現状を知れば知るほど、「野良猫って自由でいいな」とは口が裂けても言えないと再認識させられる。

ノミ、ダニに体を咬まれながら、常に交通事故リスクと隣り合わせで、栄養も不足しがちな屋外生活。

さらに悪意を持った人間からの虐待の危機に晒され、現状それに対しての対抗手段もない。そういう生活の過酷さを、猫たちは気軽にスマホを向ける撮影者たちに訴えているのかもしれない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「腎泌尿器疾患」の猫たちを救う共同研究がスタート (7.9)

  • ニュース

暑いから読みたい。雪降る夜に現れる「雪オンニャ」 (7.9)

  • ニュース

とりあえず【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.9)

  • ニュース

本気を出せば人間の皮膚など簡単に貫通!「猫の歯」の秘密。 (7.8)

  • ニュース

肺がんと必死に闘った元保護猫のリンリン (7.8)

  • ニュース

「トイレハイ」が独特すぎる我が家の猫。 (7.8)

  • ニュース

手越くんがジャニーズ事務所をやめちゃったのよッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.8)

  • ニュース

1日フライングしてランドセルに入ってみました【ランドセル猫】 (7.7)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る